サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

土木材料学

土木材料学

  • 宮川 豊章(編)/ 六郷 恵哲(編)
  • 第1章 材料学への招待
    • 1.1 本書の位置づけ
    • 1.2 材料学を学ぶ目的
    • 1.3 材料の分類
    • 1.4 材料としてのコンクリートおよび鉄筋コンクリート
    • 1.5 本書の構成
    • 1.6 材料と人間・環境との関わり
  • 第2章 基本構造
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 原子の結合力
    • 2.3 結晶の構造
    • 2.4 複合材料
    • 2.5 材料の力学特性
    • 2.6 おわりに
  • 第3章 金属材料
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 金属の結合と構造
    • 3.3 平衡状態図
    • 3.4 金属結晶の変形
    • 3.5 格子欠陥
    • 3.6 金属材料の強化
    • 3.7 金属材料の力学的性質と破壊
    • 3.8 チタンおよびチタン合金
    • 3.9 おわりに
  • 第4章 鉄鋼
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 鉄鋼の製造
    • 4.3 鉄鋼の冶金的性質
    • 4.4 鋼の力学的性質
    • 4.5 溶接性
    • 4.6 耐食性
    • 4.7 加工時の特性
    • 4.8 鋼材の種類
    • 4.9 おわりに
  • 第5章 金属の腐食・防食
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 腐食反応
    • 5.3 金属の標準電極電位
    • 5.4 反応の平衡論
    • 5.5 反応の速度論
    • 5.6 不動態
    • 5.7 腐食の形態
    • 5.8 防食
    • 5.9 おわりに
  • 第6章 高分子材料
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 熱硬化性樹脂・熱可塑性樹脂
    • 6.3 高分子材料の弾性率
    • 6.4 高分子材料の力学挙動
    • 6.5 高分子材料の粘弾性
    • 6.6 高分子材料のクリープ挙動
    • 6.7 建設材料として用いられる成形品
    • 6.8 接着剤とそのメカニズム
    • 6.9 コンクリートの表面処理
    • 6.10 高分子材料の劣化と耐久性
    • 6.11 高分子系新素材
    • 6.12 おわりに
  • 第7章 セメント
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 主要なセメントの種類と概要
    • 7.3 セメントの強度発現の原理
    • 7.4 ポルトランドセメントの製造と組成
    • 7.5 ポルトランドセメントの水和
    • 7.6 おわりに
  • 第8章 コンクリート用の混和材料
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 化学混和剤
    • 8.3 混和材
    • 8.4 おわりに
  • 第9章 骨材・水,フレッシュコンクリート
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 骨材
    • 9.3 水
    • 9.4 フレッシュコンクリートのレオロジー
    • 9.5 ワーカビリティー
    • 9.6 コンシステンシー
    • 9.7 材料分離抵抗性
    • 9.8 おわりに
  • 第10章 コンクリートの力学特性
    • 10.1 はじめに
    • 10.2 コンクリートの破壊のメカニズムと強度
    • 10.3 圧縮強度
    • 10.4 圧縮強度以外の特性
    • 10.5 変形特性
    • 10.6 おわりに
  • 第11章 コンクリートの変状
    • 11.1 はじめに
    • 11.2 アルカリシリカ反応
    • 11.3 凍害
    • 11.4 化学的侵食
    • 11.5 クリープ
    • 11.6 体積変化
    • 11.7 おわりに
  • 第12章 コンクリート中の鉄筋腐食
    • 12.1 はじめに
    • 12.2 コンクリート中の鉄筋腐食
    • 12.3 塩害
    • 12.4 中性化
    • 12.5 鉄筋腐食によるひび割れの発生と劣化進行
    • 12.6 対策
    • 12.7 おわりに
  • 第13章 コンクリートの配合設計
    • 13.1 はじめに
    • 13.2 配合設計の基本
    • 13.3 配合条件
    • 13.4 環境に配慮した配合
    • 13.5 おわりに
  • 第14章 高性能なコンクリートと補強材
    • 14.1 はじめに
    • 14.2 高流動コンクリート
    • 14.3 水中不分離性コンクリート
    • 14.4 高強度コンクリート
    • 14.5 短繊維補強コンクリート
    • 14.6 膨張コンクリート
    • 14.7 レジンコンクリート,ポリマー含浸コンクリート,ポリマーセメントコンクリート
    • 14.8 エポキシ樹脂塗装鉄筋
    • 14.9 ステンレス鉄筋
    • 14.10 連続繊維補強材
    • 14.11 おわりに
  • 第15章 コンクリート構造物の調査試験方法
    • 15.1 はじめに
    • 15.2 反発度に基づく方法
    • 15.3 弾性波を利用する方法
    • 15.4 電磁波を利用する方法
    • 15.5 電気化学的手法
    • 15.6 コンクリートの化学分析手法
    • 15.7 おわりに
  • 第16章 おわりに
    • 16.1 20世紀に加速した材料の高性能化
    • 16.2 21世紀に求められる環境適応型材料
    • 16.3 これからの有能な研究者・技術者