サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

仏伝図論考

仏伝図論考

  • 渡邉 里志(著)
  • 序論
    • 一 研究対象としての仏伝図と目的
    • 二 仏伝図研究の研究史と方法
    • 三 本書の構成
  • 第一部 釈迦八相図の歴史と特質
  • 第一章 釈迦八相の内容と仏伝表現
    • はじめに
    • 一 釈迦八相の内容と意義
    • 二 八大霊塔と釈迦八相
    • 三 薬師寺東西塔釈迦八相像と塔基彫像
    • おわりに
  • 第二章 文献から見た平安時代の釈迦八相図
    • はじめに
    • 一 貞観寺新堂の柱絵
    • 二 法成寺金堂の扉絵
    • 三 再建法成寺東西塔の塑像
    • 四 法金剛院三重塔・金剛心院釈迦堂・福勝院三重塔の扉絵
    • 五 知足院堂・東坂本丈六堂の仏後壁画
    • 六 現存する平安時代の寺院壁画と仏伝図
    • おわりに
  • 第三章 大福田寺蔵釈迦八相成道図
    • はじめに
    • 一 現状と伝来
    • 二 八相の図様
    • 三 図像表現の特徴
    • 四 山水表現と画面構成
    • 五 絵画史上の意義
  • 第四章 文献から見た鎌倉時代の釈迦八相図
    • はじめに
    • 一 文献記録に見られる釈迦八相図壁画の作例
    • 二 主題から見た鎌倉時代の堂塔荘厳のあり方
    • 三 釈迦八相図壁画と西大寺流真言律宗
    • 四 浄妙寺多宝塔の釈迦八相図壁画
    • 五 寺院堂塔の荘厳と中国壁画
  • 第五章 鎌倉〜南北朝時代の釈迦八相図
    • はじめに
    • 一 京都・個人蔵本の特質
    • 二 山梨・久遠寺本と根津美術館本
    • 三 持光寺本
    • 四 結び
  • 第六章 常楽寺蔵釈迦八相図の特質
    • はじめに
    • 一 賛文の解読
    • 二 各幅の図像
    • 三 常楽寺本の絵画様式と制作背景
    • 四 日本的釈迦八相図の成立
    • 五 釈迦八相図の系統と各作例の関連
  • 第六章付論 仏伝図と講式
  • 第二部 涅槃変相図と仏伝涅槃図
  • 第一章 真珠院蔵涅槃変相図
    • はじめに
    • 一 涅槃変相図と八相涅槃図の内容と分類
    • 二 愛知・真珠院本涅槃変相図について
    • 三 真珠院本涅槃変相図の意義
    • おわりに
  • 第二章 浄土寺蔵涅槃変相図における涅槃経説話場面
    • はじめに
    • 一 研究史
    • 二 周縁区画の場面解釈
    • 三 日本の涅槃変相図と浄土寺本の特色
    • おわりに
  • 第三章 東龍寺蔵仏伝涅槃図における仏伝説話場面
    • はじめに
    • 一 図の概要
    • 二 画風・成立年代と伝来
    • 三 関連作例と本図の特質
  • 第四章 仏伝涅槃図における図像と画面構成
    • はじめに
    • 一 仏伝涅槃図の作例と研究史
    • 二 仏伝涅槃図の図像の特色
    • 三 画面構成の特色
    • おわりに
  • 第五章 性海寺蔵舎利厨子扉絵仏伝図
    • はじめに
    • 一 性海寺蔵舎利厨子の紹介
    • 二 仏伝図像の特徴
    • 三 種子曼荼羅と西大寺叡尊
    • 四 性海寺中興開山・寂忍房良敏と舎利厨子
    • おわりに
  • 第三部 釈迦と阿闍世
  • 第一章 当麻曼荼羅に表された釈迦霊鷲山説法図
    • はじめに
    • 一 研究史と問題提起
    • 二 解釈と画面構成の関係
    • おわりに
  • 第二章 平等院鳳凰堂仏後壁前面画の主題
    • はじめに
    • 一 伝承と研究史
    • 二 細部表現と問題点
    • 三 図像的解釈と典拠
    • 四 仏後壁前面画の意義
  • 第三章 曹源寺本餓鬼草紙における絵画表現とその典拠
    • はじめに
    • 一 第五段の詞書について
    • 二 詞書と漢訳経典及び絵画との関係
    • 三 仏典と餓鬼説話
    • おわりに
  • 結語