サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 序章
    • 1 はじめに
    • 2 戦後直後の文学者批判と中世美学研究の否定
    • 3 従来の研究の評価軸
    • 4 研究史・評価史
    • 5 本書の目的と方法
    • 6 本書の構成
  • 第Ⅰ部 出発期
  • 第一章 渡米まで
    • 1 生い立ち
    • 2 欧米の著作物の影響
    • 3 伝統文化との関わり
    • 4 明治二〇年代の芭蕉再評価の潮流
    • 5 渡米直後
  • 第二章 アメリカ西部で培われた詩人の精神
    • 1 〈ミラーの丘〉での生活と芭蕉
    • 2 詩人デビュー
    • 3 第一詩集Seen and Unseen(1896)と芭蕉からの示唆
    • 4 小雑誌『トワイライト』の編集
    • 5 アメリカ詩の新しい潮流
  • 第三章 The American Diary of a Japanese Girlと、境界者としての原点
    • 1 ニューヨークでの執筆
    • 2 同時代批評と、米国ジャポニスムの隆盛
    • 3 匿名性と女性性
    • 4 米国社会の日本認識に対する不満
    • 5 〈丘〉での生活と日本詩歌のイメージ
    • 6 日本表象への自覚と祖国の再認識
  • 第四章 From the Eastern Seaとロンドン
    • 1 自費出版までの過程
    • 2 From the Eastern Sea(1903)の評価
    • 3 東洋への視点、そして象徴主義からの視点
    • 4 野口の英語表現
    • 5 英国文壇での成功のあと
    • 6 野口の日本帰国と日本社会の反応
    • 7 英米滞在中の日本との交信
    • 8 『帰朝の記』の意図と反応
    • 9 文化翻訳への志
  • 第Ⅱ部 東西詩学の探究と融合
  • 第五章 日本の象徴主義移入期と芭蕉再評価
    • 1 一九〇五年、象徴主義隆盛期の前後
    • 2 〈象徴詩人芭蕉〉の出現
    • 3 日欧文芸交流への期待と挫折
    • 4 象徴主義の展開
    • 5 野口の問題意識
    • 6 英国詩壇に対する認識
  • 第六章 帰国後の英文執筆 一九〇四−一九一四年
    • 1 海外の新聞雑誌への多彩な執筆
    • 2 日本詩歌の紹介
    • 3 不可解な日本の解明
    • 4 狂言と能の紹介
  • 第七章 一九一四年の英国講演とその反響
    • 1 日本詩歌についての英国での講演
    • 2 『日本詩歌論』に対する日本国内の評価
    • 3 日本詩歌の翻訳
    • 4 英国講演のその後
  • 第八章 欧米モダニズム思潮の中での野口
    • 1 イギリスのモダニズム詩の潮流
    • 2 アメリカの〈新しい詩〉の潮流
    • 3 雑誌『エゴイスト』への寄稿
    • 4 アメリカ文学に対する認識
    • 5 雑誌『ダイアル』への寄稿
    • 6 アイルランド文学に対する認識
    • 7 神秘主義、オカルティズム、神智学協会
    • 8 世界的同時性と野口の日本
  • 第九章 ラフカディオ・ハーン評価
    • 1 野口とハーン
    • 2 ハーンとの接点
    • 3 ハーンに関する著作
    • 4 ハーン、ケーベル、野口の共通項
    • 5 日本主義と国内のハーン評価
  • 第一〇章 大正期詩壇における野口の位置
    • 1 象徴主義から民衆派への系譜
    • 2 一九一八年の野口
    • 3 大正末期の野口
    • 4 一九二〇年代の野口
    • 5 雑誌『詩と音楽』との関係
    • 6 渾身の日本語詩
  • 第一一章 昭和戦前期詩壇における野口の位置
    • 1 雑誌『詩神』に見られる野口評
    • 2 雑誌『詩と詩論』の野口評価
    • 3 雑誌『國本』と野口の志向性
    • 4 戦時下のモダニズム詩人と詩誌『蠟人形』
    • 5 東西文化の媒介者としての挫折
  • 第Ⅲ部 〈二重国籍〉性をめぐって
  • 第一二章 境界に生きる
    • 1 〈二重国籍者〉の悲劇
    • 2 植民地経営に対する認識
    • 3 野口の《世界意識》の行方
  • 第一三章 インドへ
    • 1 日本とインドの相互関係
    • 2 タゴールへの視線
    • 3 インドとアイルランドに対する理解
    • 4 一九三五−三六年のインド講演旅行
    • 5 タゴールとの論争
    • 6 日本の戦争とインド独立
  • 第一四章 ラジオと刊行書籍に見る〈戦争詩〉
    • 1 〈戦争詩〉というジャンル
    • 2 〈戦争詩〉とモダニズム
    • 3 『宣戦布告』の両義性
    • 4 『八紘頌一百篇』の両義性
    • 5 葛藤の近代詩史
  • 第一五章 父から子へ
    • 1 野口の戦後
    • 2 イサムへの系譜
    • 3 後輩詩人たちの戦後評価
  • 終章