サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序章
  • 第一章 漱石と絵画
    • 第一節 明治時代画壇の風潮
    • 第二節 漱石と美術家達との交流
    • 第三節 作家である漱石のもう一つの顔
    • 第四節 アマチュア画家である漱石が理想とした絵画とは
  • 第二章 田能村竹田から漱石へ
    • 第一節 竹田の文人画にみる世界
    • 第二節 漱石の南画が語る世界
  • 第三章 王雑から漱石へ
    • 第一節 王維と漱石の接点
    • 第二節 「詠われる」王維の文人画
    • 第三節 俗祉会に完全には背を向けていなかった王維
    • 第四節 漱石の南画にみる主人公の内面
    • 第五節 人懐こい王維、一人の時間と空間の場にこだわる漱石
  • 第四章 陶淵明から漱石へ
    • 第一節 陶淵明に傾倒していた漱石
    • 第二節 「悠然見南山」にみる陶淵明の隠逸精神
    • 第三節 「鳥」に成り切れぬ陶淵明
    • 第四節 「ハーミット的」な漱石
    • 第五節 『草枕』にみる隠逸精神
    • 第六節 淵明に憧れながら再構築した漱石の隠逸精神
  • 第五章 漢詩にみる文人の友情
    • 第一節 文人の友情
    • 第二節 王維の送別詩にみる裴迪との交流振り
    • 第三節 漱石における子規の存在
    • 第四節 裴迪を徹底的に労る王維・子規と労り合う漱石
  • 第六章 自然に身を浸す王維/都会的な漱石
    • 第一節 春という季節にこだわる王維と漱石
    • 第二節 王維の詩にみる春のイメージ
    • 第三節 漱石の題画詩
    • 第四節 写実性を重んじる王維/想像性の豊かな漱石
  • 第七章 題画詩にみる漱石の「文人」像
    • 第一節 漱石と王維のもう一つの接点
    • 第二節 王維の『【モウ】川集』にみる虚と実
    • 第三節 漱石の題画詩にみる漱石の「文人」肌
    • 第四節 実→虚構性を見せる王維の『【モウ】川集』/虚→写実性を示す漱石の題画詩
  • 結論 文人の系譜にある漱石の「文人」像
    • (一)「悠然見南山」に倣いながら新たに生成した漱石の隠逸精神
    • (二)隠遁世界でありながら生活の匂いを感じさせる竹田と漱石の画
    • (三)裴迪を徹底的に労わる王維/子規と労り合う漱石
    • (四)南画(詩的絵画)及び絵画的漢詩にみる王維と漱石のアイロニー現象