サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

遺伝情報の発現制御 転写機構からエピジェネティクスまで

遺伝情報の発現制御 転写機構からエピジェネティクスまで

  • デイビッド S.ラッチマン(著)/ 五十嵐 和彦(監訳)/ 深水 昭吉(監訳)/ 山本 雅之(監訳)
  • 1 遺伝子調節の階層
    • イントロダクション
    • 1.1 タンパク質構成は細胞種ごとに異なる
    • 1.2 mRNA構成は細胞種ごとに異なる
    • 1.3 DNA構成は細胞種が異なっても一般的に同じである
    • 1.4 転写調節か転写後調節か?
    • 1.5 低分子RNAと遺伝子発現調節
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 2 クロマチンの構造
    • イントロダクション
    • 2.1 分化状態への運命決定とその安定性
    • 2.2 ヌクレオソーム
    • 2.3 ヒストン修飾とヒストンバリアント
    • 2.4 30nmクロマチン線維
    • 2.5 クロマチンの構造領域と機能領域
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 3 遺伝子調節におけるクロマチン構造の役割
    • イントロダクション
    • 3.1 転写活性が上昇している遺伝子におけるクロマチン構造の変化
    • 3.2 転写活性が上昇している遺伝子におけるDNAメチル化の変化
    • 3.3 転写活性が上昇している遺伝子のクロマチンにおけるヒストン修飾
    • 3.4 各種のヒストン修飾,DANメチル化およびRNAiの相互作用
    • 3.5 転写活性が上昇している遺伝子の調節領域におけるクロマチン構造の変化
    • 3.6 その他の機構によるクロマチン構造の制御
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 4 転写の過程
    • イントロダクション
    • 4.1 RNAポリメラーゼによる転写
    • 4.2 転写の伸長と終結
    • 4.3 遺伝子プロモーター
    • 4.4 エンハンサーとサイレンサー
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 5 転写因子と転写調節
    • イントロダクション
    • 5.1 転写因子のDNA結合
    • 5.2 転写活性化
    • 5.3 転写の抑制
    • 5.4 転写伸長における制御
    • 5.5 RNAポリメラーゼⅠとⅢによる転写調節
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 6 転写後の過程
    • イントロダクション
    • 6.1 キャップ形成
    • 6.2 ポリアデニル化
    • 6.3 RNAスプライシング
    • 6.4 核内における転写とRNAプロセシングの連携
    • 6.5 RNA輸送
    • 6.6 翻訳
    • 6.7 RNA分解
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 7 転写後調節
    • イントロダクション
    • 7.1 選択的RNAスプライシング
    • 7.2 RNA編集
    • 7.3 RNA輸送制御
    • 7.4 RNA安定性の制御
    • 7.5 翻訳調節
    • 7.6 低分子RNAによる遺伝子発現の転写後抑制機構
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 8 遺伝子調節とシグナル伝達経路
    • イントロダクション
    • 8.1 細胞に入ってくるリガンドによる転写因子活性の調節
    • 8.2 細胞外シグナル分子で誘導されるリン酸化による転写因子の活性制御
    • 8.3 他の翻訳語修飾による転写因子の活性制御
    • 8.4 前駆体の処理を調節するシグナルによる転写因子の活性制御
    • 8.5 細胞性シグナル伝達経路による転写後の過程の調節
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 9 胚発生における遺伝子調節
    • イントロダクション
    • 9.1 多能性ES細胞における遺伝子発現の調節
    • 9.2 ショウジョウバエの発生における遺伝子発現調節の役割
    • 9.3 哺乳動物の発生におけるホメオドメイン転写因子の役割
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 10 細胞種特異的な遺伝子発現の調節
    • イントロダクション
    • 10.1 骨格筋細胞における遺伝子発現調節
    • 10.2 神経細胞における遺伝子発現調節
    • 10.3 酵母接合型の制御
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 11 遺伝子調節と癌
    • イントロダクション
    • 11.1 遺伝子調節と癌
    • 11.2 癌遺伝子としての転写因子
    • 11.3 癌抑制遺伝子
    • 11.4 遺伝子発現の調節:癌細胞と正常細胞の機能の関係
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 12 遺伝子調節とヒト疾患
    • イントロダクション
    • 12.1 転写とヒト疾患
    • 12.2 クロマチン構造とヒト疾患
    • 12.3 転写後の過程とヒト疾患
    • 12.4 感染症と細胞性の遺伝子発現
    • 12.5 遺伝子調節とヒト疾患の治療
    • まとめ
    • キーコンセプト
    • 参考文献
  • 13 結論と将来の展望
    • 参考文献