サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 『源氏物語』の表現・語り・引用
    • Ⅰ 『源氏物語』の表現
    • Ⅱ 『源氏物語』の語り
    • Ⅲ 『源氏物語』の引用
    • Ⅳ 教材の表現に関する研究
  • Ⅰ 『源氏物語』の表現
  • 第一章 桐壼巻の表現構造
    • 一 はじめに
    • 二 桐壺巻研究史
    • 三 桐壺帝のもくろみ−政治的な立場をよむ−
    • 四 桐壺帝と左大臣の密約の可能性
    • 五 「いづれの御時にか」について
    • 六 桐壺巻の語り手について
    • 七 桐壺巻における他者の役割
    • 八 桐壺巻の時間
    • 九 結び
  • 第二章 花宴巻の方法
    • 一 はじめに
    • 二 「花の宴」ではなく「桜の宴」の意味
    • 三 光源氏の春鶯囀と頭中将の柳花苑
    • 四 藤の花の宴
    • 五 結び
  • 第三章 浮舟造型の方法
    • 一 はじめに
    • 二 「いとをかしげなる女」の正体をめぐって
    • 三 「かきおこす」について
    • 四 浮舟の独詠歌における「身」について
    • 五 六条御息所から浮舟へ
  • 第四章 手習巻におけるあま衣歌
    • 一 はじめに
    • 二 「あまごろも」
    • 三 浮舟歌と中君歌の共通性
    • 四 あま衣歌と前後の散文との関連
  • 第五章 夕霧造型の方法
    • 一 はじめに
    • 二 光源氏の「教育論」の意図
    • 三 才と大和魂
    • 四 夕霧造型に見る才の役割
    • 五 光源氏の「聖代」の演出
    • 六 結び
  • Ⅱ 『源氏物語』の語り
  • 第六章 末摘花巻の方法
    • 一 はじめに
    • 二 情報を制限される光源氏を表す語り
    • 三 末摘花に関する語り
    • 四 一人称的語りから三人称的語りへ
  • 第七章 賢木巻の語りと表現
    • 一 はじめに
    • 二 光源氏を取り巻く情勢の変化を表す出来事について
    • 三 描写される光源氏の私的行為について
    • 四 深層における犯し
  • Ⅲ 『源氏物語』の引用
  • 第八章 桐壺巻「いとかく思う給へましかば」の一解釈
    • 一 はじめに
    • 二 「いとかく思う給へましかば」の解釈
    • 三 『漢書』元后伝第六十八 司馬良【テイ】
    • 四 結び
  • 第九章 若紫巻における引用表現について
    • 一 はじめに
    • 二 引歌・和歌的表現に関して
    • 三 長夜の闇に迷う光源氏
    • 四 結び
  • 第十章 明石巻の表現方法
    • 一 はじめに
    • 二 上巳祓の機能
    • 三 神意と「父霊」の働き
    • 四 境界としての明石
    • 五 結び
  • 第十一章 六条院造型の方法
    • 一 はじめに
    • 二 異郷という空間
    • 三 『竹取物語』と異界
    • 四 四方四季構造
    • 五 結び
  • 第十二章 藤裏葉巻の方法
    • 一 はじめに
    • 二 光源氏、内大臣それぞれの思惑
    • 三 『伊勢物語』引用
    • 四 大宮の役割
    • 五 結び
  • Ⅳ 教材の表現に関する研究
  • 第十三章 古典作品の教材化
    • 一 はじめに
    • 二 作品研究と教材研究
    • 三 教材重視か学習者重視か
    • 四 結び
  • 第十四章 『源氏物語』桐壺巻「いとまばゆき人の御おぼえなり」の解釈
    • 一 はじめに−解釈上の問題点−
    • 二 「まばゆし」の用例
    • 三 「人の+御おぼえ」の用例
    • 四 結び
  • 第十五章 『伊勢物語』二三段の表現
    • 一 はじめに
    • 二 『伊勢物語』二三段研究史
    • 三 「けこのうつは物にもりつゝ」
    • 四 自ら飯を盛る行為
    • 五 「筒井筒」部分と高安の女の二首の歌
    • 六 結び
  • 第十六章 「家口」か「家子」か
    • 一 はじめに
    • 二 『竹取物語』の用例
    • 三 史書・古記録の用例
    • 四 「けこのうつはものにもりける」の新たな解釈
  • 第十七章 「浮舟物語」教材化の方法
    • 一 はじめに
    • 二 瀬戸内寂聴作「髪」との比較対照の可能性
    • 三 入水、出家の比較を通して
    • 四 結び