サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 序章
  • 第Ⅰ章 エリザベス・ギャスケルとユニテリアニズム
  • 第Ⅱ章 『ハウイッツ・ジャーナル』に掲載された3つの短編小説
    • 第1節 「リビー・マーシュの三つの節目」
    • 第2節 「寺男の観た英雄」
    • 第3節 「クリスマス,嵐のち晴」
  • 第Ⅲ章 『メアリ・バートン』
    • 第1節 『メアリ・バートン』の時代背景と,ギャスケルの労働者との交流
    • 第2節 『メアリ・バートン』に描かれた労働問題
    • 第3節 『メアリ・バートン』に描かれた転落女性問題
  • 第Ⅳ章 『ルース』
    • 第1節 『ルース』執筆の動機
    • 第2節 『ルース』に猫かれた転落女性問題
    • 第3節 社会小説家としてのギャスケル
    • 第Ⅳ章のまとめ
  • 第Ⅴ章 『クランフォード』
    • 第1節 『クランフォード』と「イングランドの前世代の人々」の関連
    • 第2節 『クランフォード』出版の経緯
    • 第3節 『クランフォード』についての解釈
    • 第4節 『クランフォード』に見られる民主化への流れ
  • 第Ⅵ章 『北と南』
    • 第1節 教養小説としての『北と南』
    • 第2節 『北と南』のヒロインにとっての自己の存在意義と結婚
    • 第Ⅵ章のまとめ
  • 第Ⅶ章 3つの中・短編小説
    • 第1節 「聖クララ会修道女」
    • 第2節 『ラドロウの奥方さま』
    • 第3節 「ヘッペンハイムの六週間」
  • 第Ⅷ章 『シルヴィアの恋人たち』
    • 第1節 『シルヴィアの恋人たち』完成に至る経緯と,小説のテーマ
    • 第2節 『シルヴィアの恋人たち』に描かれた信仰問題
  • 第Ⅸ章 『親戚のフィリス』
    • 第1節 『親戚のフィリス』執筆の動機
    • 第2節 『親戚のフィリス』に描かれたヒロインの成長
  • 第Ⅹ章 『妻たちと娘たち』
    • 第1節 『妻たちと娘たち』が未完になった経緯
    • 第2節 『妻たちと娘たち』−ヒロインの成長に見るギャスケルの思い
  • 終章