サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序 大学教育の質保証にむけて
    • 1.研究をまとめるにあたって
    • 2.大学教育の質保証とは
    • 3.本研究の限界について
  • 第一部 高等教育の質保証の動向と評価
  • 第1章 世界の高等教育政策と質保証
    • はじめに
    • 1.高等教育政策の転換
    • 2.大学のユニバーサル化と高等教育の質保証
    • 3.ハーバード大学とメルボルン大学の学士課程教育の動向
    • おわりに
  • 第2章 学習成果測定方法の考察
    • 1.なぜ学習成果の測定が大事か
    • 2.学習成果(ラーニング・アウトカム)の測定動向
    • 3.米国におけるアセスメントの動向
    • 4.米国におけるアセスメントの分類
    • おわりに
  • 第3章 学生調査による大学教育の成果測定
    • 1.問題の所在
    • 2.学習成果をめぐる2つの評価方法
    • 3.米国の学生調査とカレッジ・インパクト研究
    • 4.JCIRP開発の背景と研究成果
    • 5.JCIRPからわかること
    • 6.JCIRPの課題
    • おわりに
  • 第4章 学生の情緒的側面の充実と教育成果
    • はじめに
    • 1.日本における学生研究
    • 2.これまでの研究と分析枠組み
    • 3.データについて
    • 4.日米の学生のエンゲージメントと自己評価
    • 5.情緒的側面の充実と学生の教育成果との関連性
    • おわりに
  • 第5章 大規模継続型学生調査の可能性
    • はじめに
    • 1.教育評価の測定における学生調査の意義と限界
    • 2.マルチレベル・モデル分析によるカレッジ・インパクトの検証
    • 3.データの概要とモデルの設定
    • 4.分析結果
    • 5.誤差項に見られる大学ごとの差異の推定
    • 6.本研究のインプリケーションと課題
  • 第6章 教育の質保証とIR
    • はじめに
    • 1.IR部門の役割
    • 2.IRと情報公開
    • 3.米国の大学におけるIRの役割と概要
    • 4.米国におけるIRをめぐる環境と組織
    • 5.学生調査と教学IR
    • 6.日本における学生調査と教学IR
    • 7.4大学連携による教学IR
    • おわりに
  • 第二部 学士課程教育の保証
  • 第7章 『学士課程教育』が提起する課題とは
    • はじめに
    • 1.2008年調査と2009年調査
    • 2.学士力の構成要素をどう測定し、保証するか
    • 3.汎用的能力測定の複雑性
    • 4.標準試験開発に伴う妥当性と信頼性
    • 5.日本の学士課程教育の成果の評価の特長
    • おわりに
  • 第8章 大学における初年次教育の展開
    • はじめに
    • 1.日米における初年次教育拡大への軌跡
    • 2.現在の米国における初年次教育
    • 3.日米の初年次教育調査
    • 4.2007年調査結果の対応分析
    • 5.初年次教育の効果の規定要因
    • 6.考察
    • おわりに
  • 第9章 初年次教育のための組織体制づくり
    • はじめに
    • 1.大学教育関連センター設置の現状
    • 2.国立大学と私立大学の管理運営
    • 3.同志社大学教育開発センターと組織的特徴
    • 4.同志社大学の初年次教育推進の方針と方法
    • 5.初年次教育の効果
    • おわりに
  • 第10章 初年次教育の展開と課題
    • はじめに
    • 1.日本における初年次教育の急展開
    • 2.初年次教育の現状
    • 3.特色GP採択プログラムと初年次教育
    • 4.初年次教育におけるアクティブ・ラーニングの活用
    • 5.初年次教育の課題
    • 6.日米の中等教育と高等教育の接続概念
    • 7.米国の入学適性試験とAPプログラム
    • 8.初年次教育の多様化
    • おわりに
  • 第11章 大学から見た高校との接続
    • 1.問題の設定
    • 2.高大接続に関する論点の整理
    • 3.新入生調査からみる新入生のプロフィール
    • 4.初年次教育と高大接続の問題
    • 5.米国における教育接続と日本の教育接続の新たな展開
  • 第12章 米国の高等教育におけるアーティキュレーション
    • はじめに
    • 1.カリフォルニア州の公立高等教育システム
    • 2.カリフォルニア州におけるアーティキュレーション
    • 3.転学・編入学システムの意義と課題