サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

はじめて学ぶ化学

はじめて学ぶ化学

  • 野島 高彦(著)
  • 1章 科学における化学
    • 1.1 半分の半分の半分の最後は分子:物質と物体の区別
    • 1.2 化学で取り扱うスケール:分子の大きさと数値
    • 1.3 量を表す国際ルール:質量・体積・温度・密度の数字
  • 2章 原子−この世界をかたちづくっている材料−
    • 2.1 分子をつくる材料:物質を元素と化学式で表す
    • 2.2 物質を分類してみると:純物質と混合物,単体と化合物
    • 2.3 原子を解体してみると:陽子・中性子・電子
    • 2.4 電子はどう並んでいるのか:電子配置
    • 2.5 原子の大きさやかたちの決め手:イオン
  • 3章 元素と周期表
    • 3.1 元素を整理して理解する:万物のもとになる物質
    • 3.2 元素の周期性をみつける:元素と周期律
    • 3.3 元素のいろいろな分類法:周期表
  • 4章 原子と原子のつながり
    • 4.1 原子は8個の電子を獲得しようとする:オクテット則
    • 4.2 プラスとマイナスの電気で結びつく結合:イオン結合
    • 4.3 電子を共有することで原子が結びつく結合:共有結合
    • 4.4 金属では自由電子が動き回る:金属結合
    • 4.5 どちらが強く電子を引き寄せるか:電気陰性度
    • 4.6 何が分子のかたちを決めるのか:極性と非極性
    • 4.7 水分子とのいろいろな結合:水素結合と配位結合
  • 5章 モルと化学反応式
    • 5.1 小さな粒子をひとまとまりにして扱うときに便利な量:モル(mol)
    • 5.2 1モルの粒子を基準にする:モル質量とアボガドロ定数
    • 5.3 正確な質量を考える:同位体の存在
    • 5.4 原子の相対的な質量:原子量
    • 5.5 分子の相対的な質量:分子量
    • 5.6 分子にならない物質の相対的な重さ:式量
    • 5.7 物質量と気体の体積および質量:標準状態
    • 5.8 化学反応式の書きかた:化学反応式と係数
  • 6章 濃度の表しかた
    • 6.1 なぜ溶液について考えるのか:粉末と溶液の違い
    • 6.2 溶液の濃度:溶質と溶液,質量と体積および物質量
    • 6.3 溶液濃度計算の実際:単位の換算と濃度の調製
  • 7章 酸化と還元
    • 7.1 「燃える」と「錆びる」は酸化反応:酸化と還元
    • 7.2 酸化および還元反応のどこに注目するか:酸化と還元の定義
    • 7.3 酸化数の増減と化学反応:酸化数
    • 7.4 相手が変われば立場も変わる:酸化剤と還元剤
    • 7.5 生命現象と酸化還元:窒素の酸化数
    • 7.6 酸化還元と医療:血糖値測定と殺菌
  • 8章 物質の性質と状態
    • 8.1 物質の三態変化:固体・液体・気体
    • 8.2 三態変化と温度:融点と沸点
    • 8.3 冷たいと温かいと熱い:熱エネルギーの移動
    • 8.4 状態変化と熱エネルギー:融解熱と蒸発熱
    • 8.5 体温調節と状態変化:蒸発熱
    • 8.6 エアコンや冷蔵庫のしくみ:冷媒の役割
  • 9章 気体の性質
    • 9.1 圧力とは:atm・Pa・mmHg
    • 9.2 気体の圧力と体積の関係:ボイルの法則
    • 9.3 気体の体積と温度の関係:シャルルの法則
    • 9.4 理想気体の状態方程式:ボイル−シャルルの法則
    • 9.5 混合気体の性質:分圧の法則
    • 9.6 気体の溶解度:ヘンリーの法則
  • 10章 化学反応と熱エネルギー
    • 10.1 化学反応式と熱化学方程式:反応熱の書き表しかた
    • 10.2 発熱反応と吸熱反応:化学エネルギーと熱エネルギー
    • 10.3 さまざまな反応熱:燃焼熱・生成熱・溶解熱・中和熱
    • 10.4 熱の出入りとヘスの法則:反応熱の算出法
    • 10.5 食物に含まれるエネルギー:熱エネルギーとカロリー
  • 11章 化学反応と化学平衡
    • 11.1 反応が起こるために必要なエネルギー:活性化エネルギー
    • 11.2 速く進む反応と遅く進む反応:反応の速度
    • 11.3 反応速度に影響を与える要素:反応速度と触媒
    • 11.4 逆向きの反応も起こっている場合:平衡状態
    • 11.5 反応物のモル濃度が平衡を支配する:平衡定数
    • 11.6 条件で平衡は変化する:ルシャトリエの原理
  • 12章 水と溶液
    • 12.1 地球上に最も豊富にある液体:水の性質と溶解
    • 12.2 どれくらい溶けるのか:溶解度
    • 12.3 溶質の種類にかかわらず成り立つ現象:束一性
  • 13章 透析と浸透圧
    • 13.1 いろいろな溶液と半透膜:浸透圧
    • 13.2 コロイドと懸濁液:コロイド特有の性質と分類
    • 13.3 透析と医療:透析療法のしくみ
  • 14章 酸および塩基とpH
    • 14.1 酸と塩基の定義(その1):酸性と塩基性
    • 14.2 酸と塩基の定義(その2):ブレンステッド・ローリーの定義
    • 14.3 酸・塩基の価数およびその強さ:価数と電離度
    • 14.4 水の電離:水のイオン積
    • 14.5 pHの活用:pH指示薬と変色域
    • 14.6 酸および塩基の中和:中和滴定
    • 14.7 緩衝作用のしくみ:緩衝溶液と平衡
  • 15章 放射線と放射能
    • 15.1 原子核の崩壊:ラジオアイソトープ
    • 15.2 放射線の種類と半減期:α線・β線・γ線
    • 15.3 核エネルギー:核分裂と連鎖反応
    • 15.4 放射線と生体:電離放射線とフリーラジカル
    • 15.5 放射線の測りかた:ベクレル・グレイ・シーベルト
    • 15.6 放射線から身をまもる:逆二乗法則と被曝
    • 15.7 その他の放射線:自然放射線と医療被曝および治療

化学 ランキング

化学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む