サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 私のお気に入り My Favorite Things
    • 1959年にブロードウェイ・ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」で初演され、1965年には同名の映画で不動の人気曲になったスタンダード。JR東海のCM曲でも有名。
  • 愛の夢第3番 Liebesträume Nr.3
    • 元は歌曲として作曲した3つの作品を、リスト自身がピアノ独奏用に編曲。特にこの3番は甘美なメロディーと華やかさが人気である。
  • 雨にぬれても Raindrops Keep Fallin’ On My Head
    • ポール・ニューマン主演、1969年公開の映画「明日に向って撃て!」の主題歌。同年度のアカデミー賞「主題歌賞」を受賞した朗らかな名曲。
  • イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン It’s Only A Paper Moon
    • 1932年発表当時は別のタイトルだった。1933年に標記のタイトルでポール・ホワイトマン楽団とペギー・リー(Vo.)がレコーディングし、大ヒット。CMでも頻繁に使われる粋な名曲。
  • アンダンテ・カンタービレ Andante Cantabile
    • 原曲は「弦楽四重奏曲第1番」。この曲は第2楽章にあたり、作曲者がウクライナで聴いた旋律が用いられている。この曲を聴いたトルストイが感動のあまり涙したというエピソードもある。
  • イン・ザ・ムード In The Mood
    • 1939年にグレン・ミラー楽団がレコーディングし、200万枚を超えるセールを記録した大ヒット曲。スイングを代表する軽快なスタンダード。
  • ゴリウォーグのケークウォーク Golliwog’s Cakewalk
    • 組曲「こどもの領分」の中の1曲。ドビュッシーの愛娘の為に書かれたこの作品は、愛らしい魅力に溢れている。ケークウォークとは、アメリカで流行したラグタイムのダンスのこと。
  • エーデルワイス Edelweiss
    • 「私のお気に入り」と同様、「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入曲。ミュージカルで数々のヒット曲を生み出したリチャード・ロジャーズ作の名曲。
  • エンターテイナー The Entertainer
    • 1902年に発表されたラグタイムの代表曲。1973年公開の映国「スティング」の主題歌として取り上げられ、再び脚光を浴びた名曲。
  • 奥様お手をどうぞ I Kiss Your Little Hand,Madame
    • マレーネ・ディートリッヒ主演、ドイツで1929年に公開された同名映画の主題歌。その後1948年公開の「皇帝円舞曲」でビング・クロスビーが歌って大ヒット。
  • 風と共に去りぬ(タラのテーマ) Gone With The Wind(Tara’s Theme)
    • ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル主演、1939年公開の映画「風と共に去りぬ」の主題曲。オーケストレーションの美しい映画音楽の名曲。
  • サマータイム Summertime
    • ガーシュイン兄弟作、1953年初演のオペラ「ポーギーとべス」の第一幕1曲目。さまざまなジャンルで取り上げられるスタンダード・ナンバーの代表曲。
  • 慕情 Love Is A Many−Splendored Thing
    • 1955年公開の映画「慕情」の主題歌。コーラス・グループのフォア・エイセスが歌い、同年度のアカデミー賞「主題歌賞」を受賞した優雅な名曲。
  • ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド The End Of The World
    • 1962年に発表され、世界的なヒットを記録した米国の女性歌手、スキータ・デイヴィスの代表曲。多くのアーティストがカバーするセンチメンタルな名曲。
  • ジムノペディ第1番 Gymnopédie No.1
    • タイトルの「ジムノペディ」は、古代ギリシャの祭典「ジムノペディア」からきている。サティ作品の中では特に有名な楽曲で、映画やCMなど多くのシーンで聴かれる癒しの名曲。
  • マシュ・ケ・ナダ Mas Que Nada
    • 1966年にセルジオ・メンデス&ブラジル’66が大ヒットさせた有名曲。ポップスとボサノヴァの融合が見事な、軽快なナンバー。
  • ソナタ悲愴第2楽章 Sonate“Pathétique”Op.13
    • ベートーヴェン初期の代表作のひとつ。第1、第3楽章の激しさとは対照的なこの第2楽章は、優雅で穏やかな旋律から、管弦楽や歌曲にもアレンジされ親しまれている。
  • ティコ・ティコ Tico Tico
    • 1944年にメキシコの作曲家ゼクイナ・ジ・アブリューが発表したラテンの名曲。陽気なマリアッチの演奏に似合うスタンダード。
  • 日曜はダメよ Never On Sunday
    • 1960年公開のギリシャ映画「日曜はダメよ」の主題歌。同年度のアカデミー賞「主題歌賞」を受賞した陽気な名曲。
  • ノクターン第2番 Nocturne Op.9−2
    • 1831年作曲。数あるショパンのノクターンの中でも特に愛されている作品。1956年公開のアメリカ映画「愛情物語」では、この曲のジャスアレンジ版「To Love Again」が使用され、大ヒットを記録した。
  • 夢想 Rêverie
    • 初期の作品の為か、作曲者本人の評価は低いが、タイトル通り夢のように甘い旋律と響きは、聴衆の心を優しく満たしている。
  • ムーン・リヴァー Moon River
    • オードリー・ヘップバーン主演、1961年公開の映画「ティファニーで朝食を」の主題歌。ヘップバーンが劇中で本曲のギター弾き語りを披露している。