サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第Ⅰ部 理論編
  • 序章 研究の背景と目的
  • 第1章 教室コミュニケーション研究の検討
    • 1.1 はじめに:学習観の変化と相互行為分析の必要性
    • 1.2 社会文化的アプローチによる外国語教育研究:Firth & Wagner(1997)
    • 1.3 言語学習と教室コミュニケーションの相互性
  • 第2章 研究方法論
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 授業観察による相互行為研究アプローチの多様性
    • 2.3 授業研究と実践の関係性
    • 2.4 他者理解
    • 2.5 参与観察を通した授業分析過程
    • 2.6 トライアンギュレーションについて
    • 2.7 データ分析の方法
  • 第Ⅱ部 実践編
  • 第3章 事例分析の手続き
    • 3.1 フィールドの概要
    • 3.2 データの収集方法
    • 3.3 AV機器を用いる理由
  • 第4章 教育目標と授業展開の連関
    • 4.1 先行研究にみる熟練教師の思考様式と研究課題
    • 4.2 インタビュー分析
    • 4.3 考察
    • 4.4 授業分析の結果
    • 4.5 まとめ
  • 第5章 教室コミュニケーションの展開(1)
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 先行研究にみる外国語授業のコミュニケーション分析の視点とその課題
    • 5.3 研究方法
    • 5.4 授業分析の結果
    • 5.5 考察
    • 5.6 まとめ:対話者を育てる教室コミュニケーション環境
  • 第6章 教室コミュニケーションの展開(2)
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 分析の視点:相互行為における状況の手がかり
    • 6.3 研究方法
    • 6.4 分析結果
    • 6.5 考察:「なわばり理論」でみる観察対象教師の空間使用
    • 6.6 まとめ
  • 第7章 教室コミュニケーションの特徴
    • 7.1 はじめに:談話リズムの特徴
    • 7.2 対話リズムを研究する意義
    • 7.3 先行研究にみる日常会話のリズムと教師−学生間の会話リズム
    • 7.4 中学校の英語授業の対話リズム
    • 7.5 まとめ:教室のコミュニケーションを支えるもの
    • 7.6 研究課題
    • 7.7 研究の方法
    • 7.8 分析結果
    • 7.9 考察
    • 7.10 まとめ:教室環境におけるnatural communicationのunnaturalさ
    • 7.11 研究の対象と研究方法
    • 7.12 分析結果
    • 7.13「エントラスト」−「グラウンド」の関係性で会話をみる試み
    • 7.14 まとめ:教師の「エントラスト」が教室コミュニケーションにもたらすもの
  • 第8章 英語使用者としての自立を促す教材活用
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 授業における教材の役割:教科書信仰と教材研究の偏重
    • 8.3 教室コミュニケーションとことばの学びの過程
    • 8.4 分析使用データ
    • 8.5 教材,授業活動が育む生徒の会話力
    • 8.6 考察
    • 8.7 まとめ
  • 第9章 観察対象教師とALTのティームティーチングにおける関係性の構築
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 先行研究と研究課題
    • 9.3 研究方法
    • 9.4 分析結果
    • 9.5 まとめ:観察対象教師とALTが共有しているもの
  • 終章 まとめと今後の課題
    • 1 本研究のまとめ
    • 2 本研究の意義
    • 3 本研究の課題