サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 序論 明恵研究の課題と本研究の目的
    • 一 中世仏教研究の展開と本研究の視角
    • 二 明恵研究の現状と本書の課題
  • 第一部 明恵思想の教理的枠組み
  • 第一章 文覚・上覚と明恵
    • はじめに−問題の所在−
    • 一 文覚・上覚と明恵との交渉
    • 二 『行状』記事の問題点
    • まとめ
    • 〈補論〉文覚の没年について
  • 第二章 景雅・聖詮の華厳学と明恵
    • はじめに
    • 一 明恵の華厳学習学
    • 二 景雅・聖詮の華厳学
    • 三 明恵との対比
    • まとめ
  • 第三章 貞慶と明恵−その思想的交流をめぐって−
    • はじめに
    • 一 交流の軌跡
    • 二 思想的交渉
    • 三 『夢記』の中の貞慶像
    • 四 往生観をめぐる相違
    • まとめ
  • 第四章 明恵の密教思想
    • はじめに
    • 一 密教者・明恵の形成
    • 二 明恵の密教
    • まとめ−明恵に於ける「密教」の位置−
  • 第五章 明恵の教判説
    • はじめに
    • 一 教判論の資料
    • 二 法相宗の位置づけ
    • 三 法華経と天台宗
    • 四 顕教(華厳宗)と密教
    • まとめ
  • 第二部 明恵に於ける諸実践とその基本理念
  • 序章
  • 第一章 初期の教学的・実践的関心
  • 第二章 『華厳唯心義』の『大乗起信論』解釈
    • はじめに
    • 一 『唯心義』に於ける真如の解釈
    • 二 『唯心義』の「邪執」批判
    • 三 明恵の如来思慕との関連
    • 四 他著作との関係
    • まとめ
    • 〈補論〉
  • 第三章 『摧邪輪』の思想
    • はじめに−『摧邪輪』の概要−
    • 一 菩提心と真如−袴谷説を手がかりとして−
    • 二 『摧邪輪』に於ける「以聖道門譬群賊過失」
    • 三 『摧邪輪荘厳記』について
    • まとめ−『摧邪輪』以後の展開−
  • 第四章 明恵に於ける宗密の受容
    • はじめに−問題の所在−
    • 一 明恵の宗密への関心
    • 二 『持経講式』に於ける『円覚経』理解
    • 三 『円覚経』と法身説法
    • まとめ
  • 第五章 仏光観の意義
    • 一 『円覚経』の観法
    • 二 仏光観
    • まとめ
  • 第三部 明恵の戒律観
  • 第一章 明恵に於ける不婬戒の問題
    • はじめに
    • 一 「打ちさまし打ちさまし」−明恵にとっての婬欲と不婬戒−
    • 二 「世間の欲相に非ず」−仏光観・五秘密と戒律−
    • 三 「人みな婬酒を断ち候」−高山寺教団と戒律−
    • 四 魔道と戒律
    • まとめ
  • 第二章 修法から授戒への移行
    • はじめに
    • 一 「験者」としての明恵
    • 二 九条家と明恵
    • 三 験者から戒師への転換
    • 四 戒師への転換の意義とその背景
    • まとめ
  • 第三章 『栂尾説戒日記』について
    • はじめに
    • 一 説戒の具体相
    • 二 本書の思想内容
    • 三 思想内容の検討
    • まとめ
  • 第四部 明恵『夢記』とその周辺
  • 第一章 明恵の羅漢信仰
    • はじめに
    • 一 建久十年四月十八日付『夢記』の概要
    • 二 明恵の羅漢信仰の展開
    • まとめ
  • 第二章 明恵と善妙説話
    • はじめに−問題の所在−
    • 一 夢の内容
    • 二 善妙説話の内容
    • 三 『華厳縁起』に於ける善妙説話
    • まとめ−明恵の善妙理解−
  • 第三章 『渓嵐拾葉集』に於ける明恵説話
    • はじめに
    • 一 『渓嵐集』所収の明恵説話
    • 二 『渓嵐集』の情報源
    • 三 考察
    • まとめ
  • 第五部 明恵以後の展開
  • 第一章 日本華厳宗に於ける明恵の位置づけ
    • はじめに−問題の所在−
    • 一 凝然の「新しさ」
    • 二 明恵の位置づけ
    • まとめ−今後の展望−
  • 第二章 高山寺教学の展開−喜海の華厳学をめぐって−
    • はじめに−喜海の位置づけと『起信論本疏聴集記』−
    • 一 『起信論』理解の特色
    • 二 教判論と他宗観
    • まとめ
  • 結論