サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

目次

  • 序章 画像処理と本書の使い方
    • 0・1 画像処理とは
    • 0・2 本書を用いた学習法
  • 第1章 Visual C++.NETの起動と画像の読み込みと保存
    • 1・1 課題1の位置づけおよび目的
    • 1・2 解説および解決法
    • 1・3 具体的に作成するプログラム例
    • 1・4 読み込んだ画像に別名を付けて保存するプログラムの作成
    • 1・5 具体的に作成するプログラム例
    • 1・6 演習問題
  • 第2章 カラー画像のモノトーン化
    • 2・1 課題2の位置づけおよび目的
    • 2・2 解説および解決法
    • 2・3 具体的に作成するプログラム例
    • 2・4 演習問題
  • 第3章 モノトーン画像の二値化
    • 3・1 課題3の位置づけおよび目的
    • 3・2 解説および解決法
    • 3・3 具体的に作成するプログラム例
    • 3・4 演習問題
  • 第4章 二値画像のラベリング
    • 4・1 課題4の位置づけおよび目的
    • 4・2 解説および解決法
    • 4・3 具体的に作成するプログラム例
    • 4・4 演習問題
  • 第5章 二値画像の輪郭および輪郭線抽出
    • 5・1 課題5の位置づけおよび目的
    • 5・2 解説および解決法
    • 5・3 具体的に作成するプログラム例
    • 5・4 演習問題
  • 第6章 輪郭線図形の特徴点抽出
    • 6・1 課題6の位置づけおよび目的
    • 6・2 解説および解決法
    • 6・3 具体的に作成するプログラム例
    • 6・4 演習問題
  • 第7章 二値画像の細線化
    • 7・1 課題7の位置づけおよび目的
    • 7・2 解説および解決法
    • 7・3 具体的に作成するプログラム例
    • 7・4 演習問題
  • 第8章 二値領域の特徴量と線図形認識
    • 8・1 課題8の位置づけおよび目的
    • 8・2 解説および解決法
    • 8・3 具体的に作成するプログラム例
    • 8・4 ハフ変換によって直線を抽出するプログラム
    • 8・5 具体的に作成するハフ変換プログラム
    • 8・6 演習問題
  • 第9章 濃淡画像のディジタルフィルタ
    • 9・1 課題9の位置づけおよび目的
    • 9・2 解説および解決法
    • 9・3 ラプラシアンフィルタ用プログラムの作成
    • 9・4 具体的なラプラシアンフィルタ用プログラムの例
    • 9・5 ソーベルフィルタ用プログラムの作成
    • 9・6 具体的なソーベルフィルタプログラムの例
    • 9・7 演習問題
  • 第10章 差分画像の作成と対象物抽出
    • 10・1 課題10の位置づけおよび目的
    • 10・2 解説および解決法
    • 10・3 具体的に作成するプログラム例
    • 10・4 演習問題
  • 第11章 指定点の色抽出とRGB→HSV変換
    • 11・1 課題11の位置づけおよび目的
    • 11・2 解説および解決法
    • 11・3 具体的に作成するプログラム例
    • 11・4 演習問題
  • 第12章 色による領域分割
    • 12・1 課題12の位置づけおよび目的
    • 12・2 解説および解決法
    • 12・3 具体的に作成するプログラム例
    • 12・4 演習問題
  • 第13章 画像の切り出しとパターンマッチング
    • 13・1 課題13の位置づけおよび目的
    • 13・2 解説および解決法
    • 13・3 テンプレート切り出しプログラムの例
    • 13・4 テンプレートマッチング
    • 13・5 テンプレートマッチングプログラムの例
    • 13・6 演習問題
  • 第14章 画像処理プログラムの組み合わせと拡張
    • 14・1 課題14の位置づけおよび目的
    • 14・2 解法およびプログラム例
  • 付録1 Visual C++.NETの概要とその操作法
    • 付1・1 概要
    • 付1・2 ウィンドウの構造および操作法
    • 付1・3 スケルトン
    • 付1・4 プログラムファイルの種類
    • 付1・5 プログラムの作成とコンパイル
    • 付1・6 プログラムの実行
    • 付1・7 メニューバーと処理項目の関連付け
    • 付1・8 独自のサブルーチンの作成
    • 付1・9 サブルーチンの接続
    • 付1・10 システムの持つメンバー関数の組み込み
    • 付1・11 デバッグ
    • 付1・12 プログラム作成上の注意事項
  • 付録2 Visual C++.NET言語のファイルおよびコマンド
    • 付2・1 Visual C++.NETの画像処理プログラムで利用するファイル
    • 付2・2 本書で使用する基礎的コマンド
    • 付2・3 演算子
  • 付録3 Visual C++.NETの主要なデバッグ法
    • 付3・1 プログラム作成時での便利な機能
    • 付3・2 デバッグの手順
    • 付3・3 デバッグ中のプログラムの修正
  • 付録4 Visual C++.NETを用いた画像処理プログラムの作成法
    • 付4・1 システムの起動(スケルトンの作成)とウィンドウの表示
    • 付4・2 画像ファイルを読み込み,表示する
    • 付4・3 共通変数の定義
    • 付4・4 処理画像に名前を付けて保存する
    • 付4・5 メニューバーへ処理項目を追加する
    • 付4・6 メニューバーの下のプルダウンメニューに画像処理項目を追加する
    • 付4・7 処理の実行
    • 付4・8 独自のサブルーチン(メニューバーに処理項目を登録しない処理ルーチン)を作成する
    • 付4・9 文字を画面上に出力する
    • 付4・10 作成途中のサブルーチン中に,独自で既に作成したサブルーチンを組み込む
    • 付4・11 複数のサブルーチンの接続により,1つのプログラムを作成する
    • 付4・12 プログラム本体に,システムが持つメンバー関数を組み込む