サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

  • 1章 ガイダンス〜社会人生活への準備を始めよう〜
    • 1.1 有意義な学生時代のために
    • 1.2 “ミス”の重み
    • 1.3 問題が不明確なのは誰のせい?
    • 1.4 自分だけでできないのが技術
    • 1.5 本書の狙いと講義の進め方
  • 2章 技術者倫理の目的〜技術者に求められる倫理とは?〜
    • 2.1 何を“非倫理的”と感じるか?
    • 2.2 技術の最先端は試行錯誤
    • 2.3 技術者がしていること
  • 3章 よりよい試行錯誤〜実用的な専門知識とは?〜
    • 3.1 試行錯誤〜枚挙的帰納法
    • 3.2 枚挙的帰納法と集団思考
    • 3.3 技術者の専門能力
    • 3.4 技術的逸脱とその標準化
    • 3.5 優れた技術者の条件
  • 4章 科学・技術の中の知識〜その知識は本当に正しいか?〜
    • 4.1 技術の誤り〜事例
    • 4.2 推論の不確かさ
    • 4.3 知識の正しさと成立条件
    • 4.4 科学的知識の正しさと限界
  • 5章 技術知の戦略〜不確実さとの付き合い方〜
    • 5.1 科学の知と技術の知
    • 5.2 間違い最少の戦略
    • 5.3 漸進戦略〜実害最少の戦略(1)
    • 5.4 失敗・実害への対処〜実害最少の戦略(2)
  • 6章 組織における技術知と情報〜情報伝達の難しさ〜
    • 6.1 事故に繫がったミスの事例
    • 6.2 技術と情報
    • 6.3 組織的な技術活動
  • 7章 安全の理論〜危険なモノを扱う技術の方法論〜
    • 7.1 深層防護の失敗とスイスチーズ・モデル
    • 7.2 安全の理論
    • 7.3 リスクアセスメント
    • 7.4 安全への早期是正戦略
    • 7.5 安全の妥当性確認〜ハインリッヒの法則
  • 8章 事実と価値〜正しい判断の条件〜
    • 8.1 説得
    • 8.2 客観的評価を誤らせるもの
    • 8.3 独善の落とし穴
  • 9章 技術の専門職という立場〜技術者の生きる世界〜
    • 9.1 人間関係の中の技術者
    • 9.2 同業者への悪影響
  • 10章 誠実な仕事〜どこに価値の基準をおくべきか〜
    • 10.1 誠実性〜技術的良心に従う
    • 10.2 他者との関わり
    • 10.3 公衆優先原則
  • 11章 義務と同意・説明責任〜人工物環境を変える行為者の責任〜
    • 11.1 対人での倫理
    • 11.2 同意の効力
    • 11.3 説明責任
  • 12章 気持ちに寄り添う〜透明性の確保、安心、技術と法〜
    • 12.1 倫理性の諸テスト
    • 12.2 他者の立場になって評価する難しさ
    • 12.3 透明性
    • 12.4 倫理と法の関係
  • 13章 倫理問題の解決〜倫理問題の性質と構造〜
    • 13.1 争点
    • 13.2 倫理問題の構造
    • 13.3 倫理問題の解決
    • 13.4 倫理的行動の確実な実行
  • 14章 現代的な課題〜情報倫理・環境倫理・生命倫理〜
    • 14.1 高度科学技術社会の三つの問題領域
    • 14.2 高度情報化社会(デジタル・ネットワーク社会)の諸問題
    • 14.3 有限な地球にまつわる諸問題
    • 14.4 生命倫理
  • 15章 技術専門知の役割〜専門性の役割と限界の自覚〜
    • 15.1 真善美と美徳・役割責任
    • 15.2 専門家の二つの役割
    • 15.3 リスク社会と技術者の役割
    • 15.4 社会の中でのアクション
  • おわりに〜社会の中で生きていくこと
  • 〈資料集〉
    • 1.公益通報者保護法(抄)
    • 2.倫理綱領
    • 3.主要参考文献リスト