サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 本書の課題および構成と方法論的視点
    • 1.企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility:CSR)とソシオマネジメント
    • 2.ソシオマネジメントの概念とその実現可能性
    • 3.「CSR推進」と「企業不祥事続発」の同時並行・両立現象
    • 4.本書の基本的課題および構成と方法論的視点
  • 第Ⅰ部 社会的責任の経営学的追究
  • 第1章 CSRの矛盾構造
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.「CSR推進」と「企業不祥事続発」の同時並行・両立現象
    • 3.「企業論=企業(の機能・役割)とは何か」における認識の二面性
    • 4.CSR成立および企業不祥事発生の根拠と矛盾構造
    • 5.結び
  • 第2章 CSRの歴史的発展と矛盾の発現諸相
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.CSRの史的展開概観と矛盾の発現諸相
    • 3.資本主義の独占段階以前と以後
    • 4.CSR史における矛盾の発現・展開諸相
    • 5.CSRの前進的展開を促す基本要因
    • 6.結び
  • 第3章 戦略的CSR(論)の本質的性格
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.日本における戦略的CSR(論)の概要
    • 3.欧米における戦略的CSR論概観
    • 4.CSR論における「手段説」と戦略的CSR論の位置
    • 5.戦略的CSR(論)の背景と「社会順応」アプローチ
    • 6.結び
  • 第4章 企業の社会的責任と収益性
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.社会的責任と収益性との関係に関する調査研究の概況
    • 3.諸調査事例に見る社会的責任と収益性との関係
    • 4.「環境経営」における収益性関連効果
    • 5.分析・評価視点の問題点と課題
    • 6.結び
  • 第Ⅱ部 社会的責任の会計学的追究
  • 第5章 環境管理会計システムの基本的フレームワーク
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.会計的実践および会計学的領域における問題意識と対応状況
    • 3.環境管理システムの構造と管理会計的アプローチの基本的フレームワーク
    • 4.結び
  • 第6章 環境管理会計の基本的諸機能領域
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.環境管理会計の基本的機能領域概観
    • 3.環境関連投資分析
    • 4.環境関連コスト・マネジメント
    • 5.環境関連での製品収益性評価
    • 6.マテリアルフローコスト会計の意義および可能性と限界
    • 7.結び
  • 第7章 米国非営利ヘルスケア複合体におけるマネジメントと管理会計
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.CHWSCの概要とミッションおよび経営戦略としての複合化の意味
    • 3.非営利医療事業体の地域貢献活動
    • 4.非営利医療事業経営における管理会計的資料の紹介と検討
    • 5.結び
  • 第8章 非営利医療事業体の経営戦略とマネジメント・システム
    • 1.本章の課題と主要論点
    • 2.伯鳳会グループの概況と歴史的経過
    • 3.経営理念の確立と経営戦略の策定
    • 4.マネジメント・システムと職員参加型経営
    • 5.結び
  • 終章 総括と今後の研究課題
    • 1.基本的認識
    • 2.歴史的認識に基づく現代的視点
    • 3.「矛盾」の意味と企業におけるその現象形態(現実的現れ)の多様性
    • 4.ソシオマネジメントにおける主体的要因・要素・条件の意味と意義
    • 5.ソシオマネジメントにおける客観的要因・要素・条件の意味と意義
    • 6.「企業レベルのマネジメント」と「企業が関わるマネジメント」のありよう
    • 7.経営・会計学的追究とマクロ的視点の重要性