サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

  • 第1章 研究の課題と方法
    • 1 はじめに
    • 2 人間関係と接続詞
    • 3 研究の目的
    • 4 「テクスト構成的機能」と「対人関係的機能」の定義
    • 5 研究の背景
    • 6 研究の方法
    • 7 本書の構成
  • 第2章 先行研究:接続詞の機能
    • 1 はじめに
    • 2 意味論的用法と語用論的用法
    • 3 接続詞の基本的な機能
    • 4 接続詞の結束性
    • 5 接続詞の主観性
    • 6 接続詞の指示機能
    • 7 先行研究のまとめと本研究の視点
  • 第3章 基礎調査:接続詞の使用傾向
    • 1 はじめに
    • 2 話しことばを分析対象とする意義
    • 3 コミュニケーションと人間関係
    • 4 資料の選定
    • 5 調査の方法
    • 6 調査の結果
    • 7 調査結果のまとめと第4章への示唆
  • 第4章 人間関係と「だから」の運用ルール
    • 1 はじめに
    • 2 「だから」を解明するための3つの観点
    • 3 「だから」の分布と機能
    • 4 「だから」の照応と機能
    • 5 「だから」の主観化
  • 第5章 結論
    • 1 各章のまとめ
    • 2 「だから」の機能体系
    • 3 「だから」の運用ルール
    • 4 本研究の展望
    • 5 応用編〈1〉学習者のための語用論的知識−「から」と「ので」の使い分け
    • 6 応用編〈2〉母語話者のための語用論的知識−「しかし」と「でも」の使い分け