サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

不動産私法の現代的課題

不動産私法の現代的課題

  • 松田 佳久(著)
  • 第1章 居住用建物賃貸借契約における敷引特約と更新料条項
    • 第1節 最高裁の敷引特約有効判決と更新料条項有効判決
    • 1.はじめに
    • 2.最高裁の敷引特約有効判決と更新料条項有効判決
    • 第2節 更新料の法的性質
    • 1.はじめに
    • 2.四つの大阪高裁判決
    • 3.アンケート結果に見る更新料条項の実態
    • 4.更新料の法的性質
    • 5.消費者契約法10条判断
    • 6.おわりに
    • 第3節 更新料のその他の法的諸問題
    • 1.更新料条項と法定更新との関係
    • 2.更新料不払いと契約解除との関係
    • 第4節 敷引金の法的性質
    • 1.はじめに
    • 2.敷引金の法的性質
    • 第5節 敷引特約:その他の法的諸問題
    • 1.中途解約時における償却
    • 2.賃借人の責に帰すべからざる事由により賃借家屋が焼失した場合の敷引特約の効力
    • 3.最高裁平成17年判決(居住用)と敷引金との関係
    • 第6節 敷引特約,更新料条項判決に見る消費者契約法10条判断
    • 1.はじめに
    • 2.消費者契約法10条により敷引特約の効力を判断した裁判例
    • 3.消費者・事業者間格差の判断構造
    • 4.更新後契約と消費者契約法の適用
    • 5.消費者契約法10条と公序良俗規範との関係
    • 6.中心条項該当性判断
    • 7.個別交渉条項への適用
    • 8.消費者契約法10条前段判断における任意規定
    • 9.比較される任意規定
    • 10.後段と前段のどちらを重視するか
    • 11.一部無効と全部無効
    • 12.個別的事情の判断
    • 13.後段要件における信義則の意味
    • 14.民法改正と消費者契約法10条
  • 第2章 金融機関の説明義務
    • 1.はじめに
    • 2.最高裁平成15年判決と同平成18年判決の内容
    • 3.最高裁平成18年判決における価格保証と特段の事情スキームとの関連
    • 4.契約一体性を重視した判断スキーム
    • 5.特段の事情スキームと契約一体性を重視した判断スキームとの関係
  • 第3章 土地定着物の建物への従属性の検討
    • 1.はじめに
    • 2.判例の基本的考え方および判例が提示する基準
    • 3.学説の状況
    • 4.区分基準の検討
    • 5.おわりに
  • 第4章 建物所有権の再考察
    • 1.はじめに
    • 2.建物賃借人の敷地使用権の内容
    • 3.置き去りにされた建物所有権
    • 4.敷地使用権能が建物所有権の一部であることを示す事象
    • 5.建物所有権を構成する敷地使用権能
    • 6.今後の展開