サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

精神保健福祉士養成セミナー 新版 第7巻 精神保健福祉援助演習

精神保健福祉士養成セミナー 新版 第7巻 精神保健福祉援助演習

  • 新版精神保健福祉士養成セミナー編集委員会(編集)/ 荒田 寛(編集代表)/ 佐々木 敏明(編集代表)/ 田村 綾子(編集代表)/ 今井 博康(編集代表)/ 梶元 紗代(編集代表)
  • 〈基礎編〉
  • 序章 ソーシャルワーカーとしての精神保健福祉士の養成と演習の位置づけ
    • Ⅰ ソーシャルワーカーとしての精神保健福祉士
    • Ⅱ 精神保健福祉士の養成と演習の位置づけ
  • 第1章 精神保健福祉援助演習の目的
    • Ⅰ 演習の目的と意味
    • Ⅱ 演習の目標
    • Ⅲ 演習の展開方法
  • 第2章 専門職としての相談援助の基盤
    • Ⅰ 専門職の価値と倫理
    • Ⅱ 相談援助の対象−概念と範囲
    • Ⅲ 精神障害者の理解のあり方
    • Ⅳ 援助関係の形成
  • 第3章 精神保健福祉援助演習の方法
    • Ⅰ 基本的なコミュニケーション
    • Ⅱ 基本的面接技術
    • Ⅲ グループワークの活用
    • Ⅳ 情報の収集・整理・伝達
    • Ⅴ 課題の発見と分析
    • Ⅵ 記録のあり方
  • 第4章 基本的援助方法の理解
    • Ⅰ 個別援助技術(ケースワーク)
    • Ⅱ 集団援助技術(グループワーク)
    • Ⅲ 地域援助技術(コミュニティワーク)
    • Ⅳ チームアプローチ
    • Ⅴ ケアマネジメント
    • Ⅵ ソーシャルワークの援助方法の共通基盤
  • 付章 自己理解を深める−演習実践に備えて
    • Ⅰ 自己理解を深める
    • Ⅱ 自己理解を深めるための演習の進め方
    • Ⅲ 他者を理解する方法
    • Ⅳ 〈実践編〉の事例から自己理解を深める
    • Ⅴ 体験合宿の実践と演習教育
  • 〈実践編〉
  • 序章 事例を活用した演習の実践に向けて
    • Ⅰ 援助過程に沿った事例展開の実際について
    • Ⅱ 〈実践編〉第2・3章の各事例に共通する演習の概要および展開方法
    • Ⅲ 〈実践編〉第2・3章の各事例の展開方法
    • Ⅳ 練習事例:社会資源の活用と家族関係の調整
  • 第1章 援助過程に沿った事例展開の実際
    • Ⅰ インテーク・契約
    • Ⅱ アセスメント・プランニング
    • Ⅲ 支援の実施・振返り(モニタリング)
    • Ⅳ 支援評価・終結とアフターケア
  • 第2章 課題別事例展開の実際
    • Ⅰ 社会的排除(偏見・差別)
    • Ⅱ 退院支援・地域移行
    • Ⅲ 地域生活支援
    • Ⅳ ひきこもり・家族支援
    • Ⅴ 児童虐待
    • Ⅵ アルコール依存症の回復途上における支援
    • Ⅶ 認知症
    • Ⅷ 就労・雇用
    • Ⅸ ホームレス
    • Ⅹ 精神科デイケア
    • ⅩⅠ 危機状態にある精神障害者への支援
    • ⅩⅡ ピアサポート
  • 第3章 地域の基盤整備と地域生活支援活動の事例展開
    • Ⅰ アウトリーチ
    • Ⅱ ケアマネジメント
    • Ⅲ チームアプローチとネットワーキング
    • Ⅳ 社会資源の活用・調整・開発
    • Ⅴ−1 サービス評価
    • Ⅴ−2 地域福祉計画
  • 第4章 まとめ−実習を体験して
    • Ⅰ 「精神保健福祉援助演習〈基礎〉〈専門〉」を学んで
    • Ⅱ 「精神保健福祉援助実習」を体験して
    • Ⅲ おわりに