サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

らくらく生物統計学

らくらく生物統計学

  • 丸山 明(編/共著)/ 遠藤 大二(共著)/ 松田 浩敬(共著)/ 深澤 史樹(共著)/ 加藤 好江(共著)/ 上野 岳史(共著)/ 桟敷 孝浩(共著)/ 小糸 健太郎(共著)/ 佐藤 敏雄(共著)
  • 第1章 統計データの整理1
    • 1.1 統計調査の方法と特性
    • 1.2 統計データの視覚的表現の目的と種類
    • 1.3 度数分布とヒストグラム
  • 第2章 統計データの整理2(散布図、クロス集計表)
    • 2.1 2つの変数間の相関関係を表す散布図
    • 2.2 クロス集計表
  • 第3章 標本分布の値の中心を示す特性値
    • 3.1 データの中心を示す特性値
    • 3.2 シグマ記号(Σ)
    • 3.3 平均からの偏差
    • 3.4 平均の計算
  • 第4章 標本分布の値のばらつきを示す特性値
    • 4.1 分散(variance)
    • 4.2 標準偏差(standard deviation)
    • 4.3 変動係数(coefficient of variation)
    • 4.4 データの標準化
    • 4.5 分散の変形
    • 4.6 分散の計算
  • 第5章 確率分布(離散型)
    • 5.1 確率
    • 5.2 確率分布
  • 第6章 二項分布
    • 6.1 二項定理
    • 6.2 二項分布
  • 第7章 離散型確率変数の期待値と分散
    • 7.1 離散型確率変数の期待値と分散
    • 7.2 二項分布の期待値と分散
    • 7.3 ポアソン分布
    • 7.4 補論
  • 第8章 連続型確率変数の分布と、その期待値と分散
    • 8.1 連続型確率変数
    • 8.2 一様分布
    • 8.3 正規分布
  • 第9章 標本平均の分布
    • 9.1 標本平均の分布
    • 9.2 大数の法則と中心極限定理
    • 9.3 t分布
    • 9.4 補論
  • 第10章 標本分散の分布
    • 10.1 カイ2乗分布
    • 10.2 F分布
    • 10.3 補論
  • 第11章 点推定と推定量の望ましい性質
    • 11.1 統計的推測とは何か
    • 11.2 推定とは何か
    • 11.3 点推定と推定量の特性
  • 第12章 母平均の区間推定(1):正規分布
    • 12.1 点推定と区間推定の違い
    • 12.2 比率の場合の区間推定
    • 12.3 信頼区間の持つ性質
  • 第13章 母平均の区間推定(2):t分布
    • 13.1 t分布の活用
    • 13.2 t分布の有意水準について
    • 13.3 t分布による信頼区間
    • 13.4 補論:母標準偏差の区間推定
  • 第14章 母平均の区間推定(3):標本数の求め方
    • 14.1 母平均μを推定するために必要な標本数
    • 14.2 誤差の大きさと標本数
  • 第15章 仮説検定の基本的な考え方
    • 15.1 仮説検定の手順
    • 15.2 両側検定と片側検定
    • 15.3 補論:第1種の誤りと第2種の誤り
  • 第16章 平均値に関する仮説検定(1)
    • 16.1 母分散がわかっている場合
    • 16.2 母分散が不明で標本の大きさが小さい場合
    • 16.3 母分散が不明で標本の大きさが大きい場合
  • 第17章 平均値に関する仮説検定(2):母平均の差の検定
    • 17.1 確率変数X、Yを同じ標本から得た場合(対応がある場合)
    • 17.2 確率変数X、Yが独立で母分散が等しいと仮定される場合
    • 17.3 確率変数X、Yが独立で母分散が異なると仮定される場合
  • 第18章 分散に関する仮説検定
    • 18.1 母分散の検定
    • 18.2 分散比の検定
  • 第19章 度数についての検定
    • 19.1 適合度検定
    • 19.2 独立性の検定
  • 第20章 比率についての検定
    • 20.1 母比率の検定
    • 20.2 母比率の差の検定
  • 第21章 ノンパラメトリック検定による2群間の比較
    • 21.1 データに関連がある場合(符号検定)
    • 21.2 データに関連がない2群の差の検定(マン・ホイットニーの検定)
  • 第22章 その他の検定方法と区間推定
    • 22.1 異常値の除去に関する検定(グラブス・スミルノフの棄却検定法)
    • 22.2 ポアソン分布を用いた区間推定
  • 第23章 分散分析法と多重比較検定法
    • 23.1 実験計画法(method of experimental design)
    • 23.2 一元配置法による分散分析(analysis of variance:ANOVA)
    • 23.3 分散分析後の検定(2標本における母平均の差の検定)
  • 第24章 2次元データの特徴を示す特性値
    • 24.1 2変数データ
    • 24.2 相関係数
    • 24.3 相関係数と散布図
    • 24.4 相関係数に関する注意
    • 24.5 相関係数の計算
    • 24.6 相関係数の検定
    • 24.7 補論:相関係数の式の展開
  • 第25章 回帰分析の基本
    • 25.1 回帰分析の理論
    • 25.2 最小2乗法によるパラメータの推定
    • 25.3 回帰直線の当てはまりの指標
  • 第26章 回帰分析における係数の検定
    • 26.1 â、bの分布
    • 26.2 パラメータの仮説検定