サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

基礎から学ぶ神経生物学

基礎から学ぶ神経生物学

  • 岡 良隆(著)
  • 第1章 生体情報システムを理解するための神経生物学
    • 1−1 神経生物学ことはじめ
    • 1−2 神経科学の歩み
  • 第2章 中枢神経系の成り立ち
    • 2−1 脳のかたち−動物の脳とヒトの脳
    • 2−2 ニューロンのかたち
    • 2−3 ニューロンを顕微鏡で見る
    • 2−4 ニューロンから神経回路へ
  • 第3章 神経細胞の電気信号
    • 3−1 細胞膜の物理化学的性質
    • 3−2 静止膜電位の生じる機構
    • 3−3 活動電位の生じる機構
    • 3−4 活動電位発生の理論的考察
    • 3−5 活動電位はどのようにして軸索を伝わるのか
  • 第4章 イオンチャネルの分子的実態
    • 4−1 分子生物学によるイオンチャネルタンパク質の構造解明
    • 4−2 構造生物学的研究によりわかってきたイオンチャネルタンパク質の高次構造
  • 第5章 神経伝達と神経修飾
    • 5−1 電気シナプスと化学シナプス
    • 5−2 化学シナプスにおける神経伝達
    • 5−3 活動電位のシナプス終末への到達からシナプス電位が生じるまで
    • 5−4 神経伝達物質の放出におけるCa2+の役割
    • 5−5 神経筋接合部における素量的伝達
    • 5−6 シナプス後膜電位と逆転電位
    • 5−7 神経伝達物質と神経修飾物質
    • 5−8 神経伝達物質の合成・貯蔵・放出と除去・分解
    • 5−9 イオノトロピック受容体とメタボトロピック受容体の構造と機能
  • 第6章 生体情報システムとして内分泌系と協調する神経系
    • 6−1 生体情報システムにおけるシグナル
    • 6−2 セカンドメッセンジャー
    • 6−3 核におけるシグナルと遺伝子活性調節
    • 6−4 神経系と内分泌系のインターフェースとしての神経内分泌系
  • 第7章 開口放出とエンドサイトーシス
    • 7−1 内分泌シグナルと神経シグナルに共通する重要な機構としての開口放出
    • 7−2 エンドサイトーシスの機構
    • 7−3 開口放出・エンドサイトーシス機構の研究法
  • 第8章 神経細胞,内分泌細胞におけるカルシウムイオンの動態
    • 8−1 カルシウムイオンと生体機能
    • 8−2 膜電位依存性カルシウムチャネル
    • 8−3 膜電位依存性カルシウムチャネル以外のカルシウム流入チャネル
    • 8−4 細胞内カルシウムストアからのカルシウム放出(カルシウム放出チャネル)
  • 第9章 記憶と学習
    • 9−1 アメフラシのえら引き込め反射と記憶の素過程
    • 9−2 脊椎動物の脳における記憶と学習のモデル
  • 第10章 行動と脳における性差と性行動の神経機構
    • 10−1 脳の性的2型とホルモンの影響
    • 10−2 ステロイドホルモンと雌雄の性行動の神経機構
  • 第11章 生体リズム
    • 11−1 生体のもつリズム−概日リズム,概月リズム,概年リズム−
    • 11−2 体内時計(概日時計)とその機構
    • 11−3 生体リズムとしての生殖内分泌調節機構(GnRHの神経生物学)