サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

刑法学への誘い 全訂版

刑法学への誘い 全訂版

  • 松村 格(著)
  • 第1話 刑法とは何か
    • 1.刑法の意義
    • 2.普通刑法と特別刑法
    • 3.行政刑法
    • 4.システム思考
    • 5.法もシステム
    • 6.公法・私法・社会法
    • 7.法と法律
    • 8.回路システム
    • 9.社会科学(法学)と自然科学
    • 10.観念論と機能論
  • 第2話 刑法(学)システム
    • 1.刑法と民法
    • 2.刑法と民法の相違
    • 3.刑法と隣接領域
    • 4.刑法(実体法)と刑事訴訟法(手続法)
    • 5.刑法学と犯罪学
    • 6.刑法(学)と判例
    • 7.刑法(学)と隣接領域の回路システム
    • 8.刑法(学)と刑事法制史学
  • 第3話 刑法の使命と機能
    • 1.人権保障
    • 2.法益保護
    • 3.秩序維持
    • 4.規律機能
    • 5.法と社会科学の漸進的発展
  • 第4話 罪刑法定主義・責任主義・謙抑主義
    • 1.罪刑専断主義から罪刑法定主義へ
    • 2.罪刑法定主義の内容
    • 3.心理強制説と一般予防
    • 4.積極的責任主義と消極的責任主義
    • 5.客観的責任主義と主観的責任主義
    • 6.客観的責任の残滓
    • 7.結果無価値論と行為無価値論
    • 8.可罰的違法性
    • 9.謙抑主義
    • 10.刑法の非犯罪化・脱倫理化
    • 11.事物論理的構造
  • 第5話 学派の相違
    • 1.近代学派の草分け
    • 2.近代学派の特色
    • 3.主観主義刑法理論と客観主義刑法理論
    • 4.構成要件と行為類型
    • 5.ビンディングの刑法理論
    • 6.ベーリングの刑法理論
    • 7.M.E.マイヤーの刑法理論
    • 8.メツガーの刑法理論
    • 9.ヴェルツェルの刑法理論
    • 10.故意と過失
    • 11.構成要件は有責類型か
  • 第6話 刑法総論と刑法各論
    • 1.刑法総論と刑法各論
    • 2.刑法各論1
    • 3.刑法各論2
    • 4.刑法各論3
    • 5.刑法解釈学
    • 6.罪数論
    • 7.刑罰論
    • 8.死刑存廃論
    • 9.刑罰の種類
    • 10.犯罪論の内容
    • 11.刑法の効力
  • 第7話 犯罪とは何か
    • 1.犯罪の意義
    • 2.犯罪成立要件の判断
    • 3.違法性阻却事由
    • 4.形式的違法性と実質的違法性
    • 5.緊急避難とは?
    • 6.正当防衛とその諸問題
    • 7.責任論とその諸問題
    • 8.評価規範と意思決定規範
  • 第8話 犯罪行為のいろいろ
    • 1.行為論の有用性
    • 2.行為論のいろいろ
    • 3.システム理論的思考
    • 4.法人の犯罪主体性
    • 5.故意の種類
    • 6.過失の種類と本質
    • 7.作為犯と不作為犯
    • 8.身分と身分犯
    • 9.犯罪行為の態様
    • 10.主観的違法要素
    • 11.因果関係
    • 12.条件説と判例
  • 第9話 決意から犯罪の完成まで
    • 1.責任の前提条件
    • 2.実行の着手
    • 3.既遂と未遂
    • 4.実行の着手時点
    • 5.中止未遂の要件と意義
    • 6.不能未遂の態様と成立要件
    • 7.構成要件的錯誤
    • 8.違法性の錯誤
  • 第10話 共犯システム
    • 1.必要的共犯
    • 2.任意的共犯
    • 3.共犯のシステム理論的理解
    • 4.共犯の従属性と独立性
    • 5.共犯の処罰根拠
    • 6.要素従属性
    • 7.罪名従属性
    • 8.共犯と協働
    • 9.正犯概念
    • 10.正犯性の指標
  • 第11話 共犯あれこれ
    • 1.間接正犯の態様
    • 2.共同正犯について
    • 3.片面的共犯と過失の共同正犯
    • 4.承継的共同正犯
    • 5.予備罪の共犯
    • 6.共犯の中止犯
    • 7.共犯からの離脱
    • 8.共犯の錯誤
    • 9.教唆と幇助
    • 10.共犯と身分
    • 11.共犯と身分に関する態様
  • 第12話 日常生活に身近な犯罪
    • ・総説
    • 1.人の生命に対する罪
    • 2.人の身体に対する罪
    • 3.胎児の生命に対する罪
    • 4.人の生命・身体を危険にさらす罪
    • 5.自由を侵す罪
    • 6.秘密を侵す罪
    • 7.人の名誉・信用・業務に対する罪
    • 8.財産を侵す罪
    • 9.火災・水害・往来事故の罪
  • 第13話 社会生活上迷惑な犯罪
    • ・総説
    • 1.社会的平穏を害する罪
    • 2.偽造・変造の罪
    • 3.公衆の健康を害する罪
    • 4.風俗を害する罪
  • 第14話 国家の法益を害する犯罪
    • ・総説
    • 1.国家の存続に対する罪
    • 2.国家の作用に対する罪
    • 3.国権の拘禁作用に対する罪
    • 4.刑事審判作用に対する罪
    • 5.虚偽告訴の罪
    • 6.国家の作用の適正性に対する罪
    • 7.国交に関する罪