サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

遺伝子工学の原理

遺伝子工学の原理

  • 藤原 伸介(編著)/ 松田 祐介(ほか共著)
  • 1章 生体成分の基礎知識
    • 1−1 核酸を構成する糖
    • 1−2 ヌクレオチドの構造
    • 1−3 アミノ酸
    • 1−4 膜脂質(生体成分の構造と物性)
    • 1−5 その他の低分子物質
  • 2章 基本単位操作の原理
    • 2−1 電気泳動
    • 2−2 DNAの加工技術の原理
    • 2−3 各種ハイブリダイゼーション技術
    • 2−4 生命科学実験におけるクロマトグラフィー技術
  • 3章 微生物の遺伝子操作技術
    • 3−1 細菌を利用する遺伝子操作技術
    • 3−2 真核微生物(酵母)の遺伝子操作
  • 4章 植物の遺伝子操作技術
    • 4−1 カルスとプロトプラストの利用
    • 4−2 遺伝子の導入
  • 5章 動物細胞と多能性幹細胞の利用
    • 5−1 細胞工学的操作
    • 5−2 多能性幹細胞の樹立とその特性
    • 5−3 ノックアウトマウスの作製
  • 6章 遺伝子発現の網羅的解析技術
    • 6−1 転写動態の解析(トランスクリプトーム解析)
    • 6−2 タンパク質発現動態の解析(プロテオーム解析)
  • 7章 遺伝子発現を解析する技術
    • 7−1 遺伝子発現の解析
    • 7−2 タンパク質・遺伝子相互作用
    • 7−3 タンパク質−タンパク質相互作用
    • 7−4 標識技術を利用した細胞内での分子観察法
  • 8章 遺伝子のノックダウン技術
    • 8−1 RNAi法,アンチセンス法,MO法
    • 8−2 tsデグロン法
  • 9章 遺伝子産物の高発現
    • 9−1 微生物を利用する方法
    • 9−2 昆虫の培養細胞を利用する方法
    • 9−3 in vitro無細胞発現法