サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

民事訴訟法演習教材

民事訴訟法演習教材

  • 松村 和徳(編著)/ 小田 敬美(著)/ 伊東 俊明(著)
  • 第1章 審理過程論・その1
    • 1 訴訟資料の収集に関する原則
    • 2 弁論主義の三つの内容
    • 3 弁論主義の根拠と機能
    • 4 弁論主義の適用範囲
    • 5 釈明
    • 第1章 演習問題
  • 第2章 審理過程論・その2
    • 1 自白の意義
    • 2 自白の成立要件
    • 3 自白の効果
    • 4 自白の撤回
    • 5 間接事実の自白
    • 6 権利自白
    • 7 自白の撤回と時機に後れた攻撃防御方法の却下
    • 第2章 演習問題
  • 第3章 審理過程論・その3
    • 1 総論
    • 2 証明責任の分配
    • 3 文書の真正と二段の推定
    • 4 違法収集証拠と唯一の証拠方法
    • 5 証言拒絶権
    • 6 文書提出義務
    • 第3章 演習問題
  • 第4章 判決効論・その1
    • 1 既判力概念
    • 2 既判力の作用
    • 3 既判力の範囲
    • 第4章 演習問題
  • 第5章 判決効論・その2
    • 1 判決効(既判力)の主観的範囲
    • 2 判決の「反射効(反射的効果)」をめぐる議論
    • 3 法人格否認の法理
    • 第5章 演習問題
  • 第6章 訴訟対象論・その1
    • 1 訴訟物理論
    • 2 二重起訴禁止の原則
    • 3 一部請求論
    • 第6章 演習問題
  • 第7章 訴訟対象論・その2
    • 1 審判範囲の特定と処分権主義
    • 2 申立事項と一部認容判決
    • 3 債務不存在確認請求訴訟
    • 4 一時金賠償請求訴訟と定期金損害賠償
    • 5 境界確定の訴えの当事者適格
    • 第7章 演習問題
  • 第8章 訴訟対象論・その3
    • 1 総論
    • 2 給付の訴えの利益
    • 3 確認の利益
    • 4 形成の利益
    • 第8章 演習問題
  • 第9章 当事者論・その1
    • 1 当事者の確定
    • 2 法人格のない団体の当事者能力−当事者能力と当事者適格の交錯−
    • 3 和解における訴訟代理権の範囲
    • 4 実体法上の表見法理の適用可能性
    • 第9章 演習問題
  • 第10章 当事者論・その2
    • 1 当事者適格の意義
    • 2 当事者適格の判断基準
    • 3 第三者の訴訟担当
    • 第10章 演習問題
  • 第11章 訴訟参加論・その1
    • 1 補助参加の意義・手続
    • 2 補助参加人の地位・権限
    • 3 補助参加の利益
    • 4 補助参加人に対する判決の効力
    • 5 訴訟告知
    • 第11章 演習問題
  • 第12章 訴訟参加論・その2
    • 1 独立当事者参加の意義
    • 2 独立当事者参加の要件と手続
    • 3 独立当事者参加と上訴
    • 第12章 演習問題
  • 第13章 共同訴訟論
    • 1 多数当事者訴訟の特質
    • 2 戦後民訴法学における多数当事者訴訟理論の進展
    • 3 共同訴訟
    • 第13章 演習問題
  • 第14章 上訴論
    • 1 控訴の意義・効果
    • 2 控訴の利益
    • 3 附帯控訴
    • 4 控訴審の構造
    • 5 不利益変更禁止の原則
    • 6 控訴審の終局判決
    • 第14章 演習問題
  • 第15章 訴訟アクセス論
    • 1 裁判権の内在的制約−宗教団体の内部紛争と民事審判権の限界
    • 2 訴権の濫用
    • 3 送達の瑕疵と再審
    • 第15章 演習問題