サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序論
  • 第一章 「はねてにはの事」を中心として
    • はじめに
    • 第一節 「疑ひ」の言葉と「はねてには」
    • 第二節 「疑ひ」の意をもたない表現と「はねてには」
    • 第三節 「治定」と「疑ひ」
    • 第四節 連歌論書における「らん」の捉え方
    • まとめ
  • 第二章 係助詞の捉え方(一)
    • はじめに
    • 第一節 「ぞ」の巻について
    • 第二節 「こそ」の巻について
    • 第三節 「ノベ」・「ツヅメ」・「ツメ」の三者の関係について
    • 第四節 「ぞかよ」から見る連歌論との交渉
    • まとめ
  • 第三章 係助詞の捉え方(二)
    • はじめに
    • 第一節 「や」の巻について
    • 第二節 単独の「や」に関する分類
    • 第三節 複合形の「や」に関する分類
    • 第四節 『大概抄』・連歌論・「姉小路式」における「や」の比較
    • 第五節 口合ひのや
    • まとめ
  • 第四章 係助詞の捉え方(三)
    • はじめに
    • 第一節 「か」の巻について
    • 第二節 「しか」の「し」は「過去のし」か
    • 第三節 「かは」の巻について
    • 第四節 「疑ひ」か「問ひ」か−「姉小路式」の「や」と「か」
    • 第五節 「こそ」・「ぞ」の記述と比較して−係結びの観点から
    • まとめ
  • 第五章 「姉小路式」及びその周辺に於ける「休めの類」
    • はじめに
    • 第一節 永山の「休めの類」を中心に
    • 第二節 「姉小路式」の「休めの類」をめぐって
    • 第三節 初期のテニヲハ秘伝書における「休めの類」と伝統歌学の関係
    • 第四節 テニヲハ研究書における「休めの類」の流れ
    • 第五節 「休めの類」と「魂入れべきてには」
    • むすび
  • 第六章 「姉小路式」における修辞表現について
    • はじめに
    • 第一節 省略に関する問題(第八巻)
    • 第二節 重出に関する問題(第十巻)
    • 第三節 相通に関する問題(第十一巻の後半とその他)
    • 第四節 「ことば」と「てにをは」
    • まとめ
  • 第七章 「姉小路式」における歌末への関心
    • はじめに
    • 第一節 「しをといふてには」(第七巻)
    • 第二節 「ころとまり」(第十二巻)
    • 第三節 「にて」・「して」・「みゆ」(第十三巻)
    • 第四節 「かなといふてには」(第十一巻の前半)
    • 第五節 「留まり」と「止め」との関係
    • まとめ
  • 第八章 「姉小路式」の証歌について
    • はじめに
    • 第一節 証歌の出典について
    • 第二節 和歌集別と歌人別の調査
    • まとめ
  • 第九章 テニヲハ研究書と連歌論書における語学的事項の交渉
    • はじめに
    • 第一節 初期のテニヲハ秘伝書に先行する連歌論書について
    • 第二節 なぜ連歌論とテニヲハ論が影響し合うようになったのか
    • 第三節 個々のテニヲハの交渉(連歌論書から初期のテニヲハ研究書へ)
    • 第四節 『抄之抄』以降の交渉の軌跡
    • 第五節 連歌論とテニヲハ論が影響し合う過程の一私案
    • まとめ
  • 付録一 手耳葉口伝 懐紙作法 全
  • 付録二 証歌の表記上のずれについて