サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

目次

和歌史のなかの万葉集

和歌史のなかの万葉集

  • 阪下 圭八(著)
  • 和歌史のなかの万葉集
    • 1 和歌と『万葉集』
    • 2 『万葉集』における歌謡
    • 3 山上憶良の問題
    • むすび
  • Ⅰ 初期万葉
  • 1 中弭の音すなり
    • 1 長歌と反歌
    • 2 時間構造
    • 3 「中弭の音」とは何か
    • 4 「鞆の音すなり」
  • 2 倭大后
    • はしがき
    • 1 女の挽歌
    • 2 悲歌の系譜
    • 3 「思ふ鳥立つ」
  • 3 岡本天皇の歌
    • 1 岡本天皇歌の問題点
    • 2 岡本天皇とはだれか
    • 3 相聞長歌の二つの流れ
    • 4 長歌の発想と源流
    • 5 抒情詩の誕生
    • 6 斉明女帝と歌
  • 4 わたつみの豊旗雲
    • はじめに
    • 1 未来の先取
    • 2 洋上の落日
    • 3 万葉の「月夜」
    • 4 「清明」諸訓
    • 5 「さやけかりこそ」
    • 6 初期万葉歌の主体
  • 5 吉野の鮎
    • 1 〈童謡〉の時代
    • 2 「朕、遂に天下を得むか」
    • 3 「天文・遁甲に能し」
  • 6 百伝ふ磐余の池に
  • 7 大来皇女の歌おぼえがき
  • Ⅱ 柿本人麻呂
  • 1 人麻呂挽歌の構造
    • はじめに
    • 1 「靡合ひし嬬の命の」
    • 2 死者の荒床
    • 3 「たたなづく柔膚」
    • 4 死の発見
  • 2 いさな取り海辺をさして
    • 1 ワタヅとニキタヅ
    • 2 恋物語の傾向
    • 3 海辺・浜辺・岸辺
    • 4 言葉の方向性
  • 3 柿本人麻呂・阿騎の野の歌
    • はじめに
    • 1 阿騎の野の旅宿り
    • 2 「かへり見すれば」
    • 3 二重構造
    • 4 夜と朝のはざま
    • 5 新たなる太陽
    • 6 狩と成年式
    • 7 「日の皇子」再生
  • 4 人麻呂・阿騎の野の歌の周辺
    • 1 問題提起
    • 2 批判と反省
    • 3 父子二代のゆかり
    • 4 祭式的想像力
  • 5 人麻呂的母斑
    • 1 春日山おして照らせる
    • 2 古代の月
    • 3 弓月が岳・痛足川
    • 4 神話的映像
    • 5 人麻呂的母斑
  • Ⅲ 山上憶良他
  • 1 初期の山上憶良
    • 1 異端の万葉歌人
    • 2 「浜松の木の手向草」
    • 3 有間皇子事件の影
    • 4 憶良文学の始発
    • 5 いざ子ども早く日本へ
  • 2 山上憶良における「子等」の問題
    • はしがき
    • 1 「子泣くらむ」
    • 2 万葉期の親子
    • 3 防人歌・父と子
    • 4 官人憶良の志向
  • 3 熊凝と志賀の白水郎
    • はしがき
    • 1 少年・熊凝
    • 2 新規の文芸様式
    • 3 神亀の遭難事件
    • 4 海洋生活者の心
  • 4 遣新羅使人と古歌
    • 1 遣新羅使人歌群
    • 2 万葉の「古歌」
    • 3 「古歌」の転用
    • 4 「ゆゆしき君」
    • 5 古挽歌一首
    • 6 誦詠の実否
    • 7 左注と題詞
    • 8 虚構的増補
  • 5 軽太子・軽大郎女の歌物語
    • はしがき
    • 1 允恭記と允恭紀
    • 2 「妹」そして「妻」
    • 3 禁忌侵犯と王位継承
    • 4 木梨之軽太子
  • Ⅳ 付論
  • 金井清一著『万葉詩史の論』を読んで
  • 上代文学概説
    • 1 範囲と環境
    • 2 「語り」と「うた」の始原
    • 3 記・紀の形成
    • 4 抒情詩の生誕