サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

教育工学とシステム開発

教育工学とシステム開発 (教育工学選書)

  • 日本教育工学会(監修)/ 矢野 米雄(編著)/ 平嶋 宗(編著)
  • 序章 教育工学におけるシステム開発の位置づけ
    • 1 「教育工学におけるシステム」の分類
    • 2 道具と教育・学習
    • 3 情報工学的意義
    • 4 システム開発の歴史と学習観
    • 5 まとめ
  • 第Ⅰ部 モデルドリブンなシステム開発
  • 第1章 モデルドリブンなシステム開発とは
  • 第2章 学習・教授知識の組織化とシステム開発
    • 2.1 学習・教授知識を「知っている」システムの構築に向けて
    • 2.2 学習・教授知識の組織化のためのオントロジー構築
    • 2.3 OMNIBUSに基づく授業設計支援
    • 2.4 SMARTIESによる学習指導案の洗練支援
    • 2.5 教師の意図の自動解釈と授業設計支援システムFIMA−Light
    • 2.6 OMNIBUSに基づく教育支援の総括と今後の展望
  • 第3章 問題メタデータとシステム開発
    • 3.1 算数の文章題に対するメタデータ
    • 3.2 問題演習支援
    • 3.3 問題メタデータの可能性
  • 第4章 誤りの可視化モデルとシステム開発
    • 4.1 誤りの可視化とは何か
    • 4.2 誤りからの学習
    • 4.3 Error based Simulationによる誤りの可視化
    • 4.4 授業実践におけるEBSの効果
  • 第5章 Webベースの学習活動のモデル化とシステム開発
    • 5.1 学習リソースとしてのWeb
    • 5.2 Webにおける学習活動モデル
    • 5.3 学習支援のデザイン
    • 5.4 自己調整活動のScaffolding
    • 5.5 学習スキル向上支援
    • 5.6 システム事例
    • 5.7 今後への期待
  • 第6章 創造性のモデルとシステム開発
    • 6.1 教育と創造性研究
    • 6.2 創造的活動に関する認知モデル
    • 6.3 作問
    • 6.4 システムの設計原則
    • 6.5 開発事例
  • 第7章 マイクロワールドに基づくシステム開発
    • 7.1 マイクロワールドとは
    • 7.2 発見学習サイクルの支援機能
    • 7.3 学習目標に合致した対象世界モデル
    • 7.4 マイクロワールドにおけるユーザインタフェース
  • 第8章 学習課題系列モデルに基づくシステム開発
    • 8.1 教授方略の定量化と系列化法の分類
    • 8.2 系列化法と系列化法に基づくシステム開発の実例
    • 8.3 学習課題系列化手法の展望
  • 第9章 第Ⅰ部まとめ
    • 9.1 学習・教授知識の組織化とシステム開発(第2章)
    • 9.2 問題メタデータとシステム開発(第3章)
    • 9.3 誤りの可視化モデルとシステム開発(第4章)
    • 9.4 Webベースの学習活動のモデル化とシステム開発(第5章)
    • 9.5 創造性のモデルとシステム開発(第6章)
    • 9.6 マイクロワールドに基づくシステム開発(第7章)
    • 9.7 学習課題系列モデルに基づくシステム開発(第8章)
  • 第Ⅱ部 技術ドリブンなシステム開発
  • 第1章 技術ドリブンなシステム開発とは
  • 第2章 モバイル・ユビキタス技術を用いたシステム開発
    • 2.1 背景
    • 2.2 ユビキタス学習環境
    • 2.3 ユビキタス・モバイル学習環境を実現する技術
    • 2.4 CSULの研究事例
    • 2.5 まとめ
  • 第3章 コラボレーション支援技術を用いたシステム開発
    • 3.1 協調学習とコラボレーション技術
    • 3.2 協調学習におけるアウェアネス支援技術
    • 3.3 「場の共有」意識を提供するアウェアネス・インタフェース
    • 3.4 学習形態とコラボレーション技術
  • 第4章 WEB2.0技術を用いたシステム開発
    • 4.1 WEB技術を用いた教育・学習支援
    • 4.2 WEB環境を構成する要素技術
    • 4.3 周辺技術の統合
    • 4.4 クラウド時代のWEB技術
    • 4.5 WEB技術援用学習環境の今後
  • 第5章 データマイニング技術を用いたシステム開発
    • 5.1 さまざまなデータマイニング手法
    • 5.2 相関ルール
    • 5.3 決定木
    • 5.4 サポートベクターマシン
    • 5.5 ナイーブベイズ
    • 5.6 ベイジアン・ネットワーク
    • 5.7 クラスタリング
    • 5.8 外れ値/異常値検出
    • 5.9 情報論的アプローチ
    • 5.10 テキストマイニング
  • 第6章 VR/ARを用いたシステム開発
    • 6.1 VR/ARについて
    • 6.2 学校教育でのVRシステムと制約
    • 6.3 VR/ARと学習支援システム
    • 6.4 システム開発例
  • 第7章 技術標準化とシステム開発
    • 7.1 技術標準化とeラーニング
    • 7.2 技術標準化とは
    • 7.3 eラーニングにおける技術標準規格
    • 7.4 ICT標準化の意義からみた教育工学における技術標準化の今後
  • 第8章 第Ⅱ部まとめ
    • 8.1 モバイル・ユビキタス技術を用いたシステム開発(第2章)
    • 8.2 コラボレーション支援技術を用いたシステム開発(第3章)
    • 8.3 WEB2.0技術を用いたシステム開発(第4章)
    • 8.4 データマイニング技術を用いたシステム開発(第5章)
    • 8.5 VR/ARを用いたシステム開発(第6章)
    • 8.6 技術標準化とシステム開発(第7章)

学習指導・生活指導 ランキング

学習指導・生活指導のランキングをご紹介します一覧を見る