サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • はじめに
  • 序章 大学改革の限界
    • 第一節 「ユニバーサル化」と「グローバル化」
    • 第二節 揺らぐ大学の理念
    • 第三節 本書の目的と展開
  • 第一章 「ポスト・モダン」と古典
    • 第一節 「大きな物語」の失墜
    • 第二節 古典論の変遷
  • 第二章 解体する大学における古典
    • 第一節 ブルームにとっての「本当の争点」
    • 第二節 大学の誕生とその二度の解体
    • 第三節 グレート・ブックスが引き出すエロスと友情
  • 第三章 自閉する大学における古典
    • 第一節 ローティにとっての「大学」
    • 第二節 二つの大学批判とポストモダニズムの隘路
    • 第三節 偉大なる文芸作品が与えるインスピレーション
  • 第四章 対立する古典論
    • 第一節 接点としてのL・シュトラウス
    • 第二節 「近代性の危機」と古典論
    • 第三節 ブルームの新たな課題
    • 第四節 ローティの新たな戦略
  • 第五章 アイロニーとしての古典論
    • 第一節 歴史主義と反歴史主義の対立
    • 第二節 二つのアイロニー
    • 第三節 近代民主主義の病理と古典の意義
  • 終章 「ポスト・モダンの大学」の彼方
    • 第一節 新たな古典論に向けて
    • 第二節 古典を読む場としての「大学」
    • 第三節 「ポスト・モダンの大学」の条件
  • おわりに