サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

テキスト電気回路

テキスト電気回路

  • 庄 善之(著)
  • 第1章 電気回路の基本
    • 1.1 電気回路
    • 1.2 電圧,電流,抵抗
    • 1.3 オームの法則
    • 1.4 電力
    • 1.5 合成抵抗
    • 1.6 分圧の定理
    • 1.7 分流の定理
  • 第2章 キルヒホッフの法則
    • 2.1 キルヒホッフの電流則(第一法則)
    • 2.2 キルヒホッフの電圧則(第二法則)
    • 2.3 閉回路,開回路および枝
    • 2.4 キルヒホッフの法則を用いた回路解析(枝電流法)
  • 第3章 閉路方程式を用いた回路解析
    • 3.1 閉路方程式を用いた回路解析
  • 第4章 等価電圧源,等価電流源
    • 4.1 電圧源(現実に存在する電源)
    • 4.2 等価電圧源
    • 4.3 電流源(現実に存在する電源)
    • 4.4 等価電流源
    • 4.5 等価電圧源と等価電流源の変換方法
    • 4.6 等価電圧源の最大供給電力の条件
  • 第5章 正弦波交流回路
    • 5.1 直流と正弦波交流
    • 5.2 正弦波交流の時間tに対する電圧v(t)の変化
    • 5.3 正弦波交流の時間と位相の変化
    • 5.4 正弦波交流の初期位相
    • 5.5 正弦波交流の実効値と平均値
    • 5.6 交流の電源と各種回路素子
    • 5.7 単一の回路素子に交流電圧を印加した場合に流れる電流
    • 5.8 複数の回路素子で構成されている交流回路を流れる電流
    • 5.9 抵抗およびリアクタンスの周波数特性
  • 第6章 複素数を用いた交流回路解析
    • 6.1 複素数を用いた電圧,電流,インピーダンスの表記法
    • 6.2 交流電圧を印加した各種回路素子を流れる電流の複素数表示
    • 6.3 複素インピーダンス
    • 6.4 複素インピーダンスの合成
    • 6.5 抵抗−コイル−コンデンサ(RLC)直列共振回路
    • 6.6 複素アドミッタンス
    • 6.7 複素アドミッタンスを用いたオームの法則
    • 6.8 複素アドミッタンスの合成
  • 第7章 フェーザ軌跡
    • 7.1 フェーザ図
    • 7.2 フェーザ軌跡
  • 第8章 交流電力
    • 8.1 抵抗で消費される瞬時電力
    • 8.2 コイルで発生する瞬時電力
    • 8.3 コンデンサで発生する瞬時電力
    • 8.4 負荷Zで発生する瞬時電力
    • 8.5 複素数を用いた電力の計算
    • 8.6 複素電力
    • 8.7 交流電源の最大供給電力条件
  • 第9章 相互誘導回路
    • 9.1 自己インダクタンス
    • 9.2 相互誘導回路と相互インダクタンス
    • 9.3 抵抗を含む相互誘導回路
    • 9.4 相互誘導回路の等価回路
    • 9.5 密結合変成器
    • 9.6 理想変成器
    • 9.7 理想変成器のインピーダンス変換
  • 第10章 三相交流回路
    • 10.1 単相交流と三相交流回路
    • 10.2 対称三相電圧および対称三相負荷
    • 10.3 Y−Y平衡三相交流回路
    • 10.4 Y−Y平衡三相交流での線間電圧と相電圧の関係
    • 10.5 平衡三相交流で消費される電力
    • 10.6 Δ−Δ平衡三相交流
    • 10.7 Δ−Δ平衡三相交流での線電流と相電流の関係
    • 10.8 対称三相電圧源のY→Δ,Δ→Y変換
    • 10.9 三相負荷のY→Δ,Δ→Y変換
    • 10.10 対称三相負荷のY→Δ,Δ→Y変換
    • 10.11 不平衡三相交流
    • 10.12 三相交流回路の電圧と電流のまとめ
  • 第11章 一般線形回路
    • 11.1 テブナンの定理
    • 11.2 ノートンの定理
    • 11.3 ミルマンの定理
    • 11.4 重ね合わせの定理
    • 11.5 ブリッジ回路
    • 11.6 補償の定理
  • 第12章 二端子対回路
    • 12.1 二端子回路と二端子対回路
    • 12.2 Zパラメータ
    • 12.3 Zパラメータの直列接続
    • 12.4 Yパラメータ
    • 12.5 Yパラメータの並列接続
    • 12.6 Fパラメータ
    • 12.7 Fパラメータの縦続接続
    • 12.8 入力端子および出力端子から見たインピーダンス
    • 12.9 影像インピーダンス
    • 12.10 伝達定数
  • 第13章 分布定数回路
    • 13.1 集中定数回路
    • 13.2 分布定数回路
    • 13.3 伝送線路の分布定数回路モデル
    • 13.4 分布定数回路の電圧と電流の変化
    • 13.5 距離による電圧,電流の変化
    • 13.6 無限長線路での特性インピーダンスおよび伝搬定数
  • 第14章 過渡現象解析
    • 14.1 時間による電圧,電流の変化
    • 14.2 RC直列回路の過渡現象解析
    • 14.3 RL回路の過渡現象解析