サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 飛行機と技術
  • 第1章 最初の研究プログラム
    • 1 招請された科学者
    • 2 ブライアンの安定性理論
    • 3 NPLにおける風洞実験研究
    • 4 グラフの活用と効用
    • 5 理論家と設計家との仲介
    • 6 ドイツ空気力学への無関心
    • 7 米国研究者に注目されたベアストウ
    • 8 仲介者としてのベアストウ
  • 第2章 風洞実験は信頼できるか
    • 1 風洞実験の再検討
    • 2 風洞モデル実験の基礎を吟味する
    • 3 研究施設としての王立航空機工場
    • 4 モデル実験と飛行試験の不整合
    • 5 「審判」ピタヴェルの下での調査活動(検討の第一ラウンド)
    • 6 精密な縮尺モデルの作成
    • 7 「寸法効果」小委員会の活動(検討の第二ラウンド)
    • 8 フルスケール実験の構成
    • 9 圧力分布の測定と乖離箇所の特定
    • 10 検出された不整合と異なる対応
  • 第3章 新しい空気力学理論の誕生
    • 1 空気力学の基礎理論の模索
    • 2 プラントルの流体力学研究
    • 3 応用科学を奨励したゲッチンゲン大学
    • 4 エッフェルの実験結果との不一致
    • 5 レイノルズの実験
    • 6 ヴィーゼルスベルガーの球の実験
    • 7 イギリスの不連続流理論
    • 8 作り上げられた数学理論
    • 9 不連続流理論への批判
    • 10 ランチェスターの『空気力学』
    • 11 テイラーの第三の道
    • 12 プラントルの翼理論
  • 第4章 プラントル理論の受容
    • 1 ドイツにおける空気力学研究
    • 2 ドイツの戦時研究の調査
    • 3 グロワートによるプラントル理論の紹介
    • 4 解析的解法とグラフ的解法
    • 5 プロペラの理論と「回転流入ファクター」
    • 6 国際風洞比較試験
    • 7 プラントル補正の受容
    • 8 境界層概念の導入
  • 第5章 理想的な流線形ををもとめて
    • 1 ジョーンズと流線形機の追究
    • 2 「一九三〇年の飛行機」
    • 3 ジョーンズの研究提案
    • 4 ベアストウの批判
    • 5 着陸の問題
    • 6 高速機と長距離飛行機の登場
    • 7 流線形の重要性
    • 8 一九三五年の飛行機
    • 9 ジョーンズの理想性能
    • 10 干渉パネルの設置と研究活動
    • 11 カウリングの開発−英米の研究スタイル比較
    • 12 気流の可視化と干渉研究の終了
    • 13 境界層の研究
    • 14 技術予測、研究計画、研究機関の役割
    • 15 ジョーンズの研究計画の先進性と時代的限界
  • 第6章 一九三〇年代における境界層の探究
    • 1 表面摩擦への関心
    • 2 境界層研究の専門パネル
    • 3 新型風洞の必要性
    • 4 ドライデンの補正式乱流計測法
    • 5 イギリスにおける乱流測定法の開発
    • 6 境界層論集の編集
    • 7 プラントルの乱流研究
    • 8 テイラーの乱流研究
    • 9 ジョーンズによる技術的効用の発見
    • 10 空気力学小委員会での議論
    • 11 その後の流体運動パネルでの議論
    • 12 ジョーンズの飛行実験
    • 13 ジェーコブスの層流翼の発明
    • 14 層流翼開発の遅れたイギリス
  • 第7章 戦前日本の空気力学研究
    • 1 日本における航空研究の起源
    • 2 航空研究所の発展と空気力学研究
    • 3 友近晋のケンブリッジ滞在
    • 4 谷一郎の海外文献渉猟
    • 5 境界層の科学研究
    • 6 層流翼の設計
    • 7 層流翼を備えた試作機の開発
    • 8 境界層に関する戦時研究
    • 9 捕獲米軍機の調査−日米工作技術の格差
    • 10 層流翼の起源−戦後の六つの回想
    • 11 谷の層流翼の独創性と限界
  • 終章 国家的研究開発の内実をもとめて