サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

近代日本思想としての仏教史学

近代日本思想としての仏教史学

  • オリオン・クラウタウ(著)
    • 第一節 「仏教」概念に関する近年の研究動向
    • 第二節 近代日本、仏教学、オリエンタリズム−研究対象の設定に向けて
    • 第三節 「宗教史学」への眼差し
  • 第一部 国民国家と「仏教」をめぐる歴史叙述
  • 第一部緒言
  • 第一章 「日本仏教」以前
    • はじめに
    • 第一節 原坦山の生涯−近世的宗学と近代的仏教学のはざま
    • 第二節 原坦山の明治初期
    • 第三節 アカデミズム仏教学の誕生
    • おわりに
  • 第二章 「日本仏教」の誕生
    • はじめに
    • 第一節 初期の『日本仏教史』とその課題
    • 第二節 村上専精と「日本仏教史」
    • 第三節 村上専精による「日本仏教の特色」−戒律・哲学・信仰
    • 第四節 村上専精による「日本仏教の特色」−仏教と国家
    • おわりに
  • 第三章 大正期における日本仏教論の展開
    • はじめに
    • 第一節 高楠順次郎の生涯
    • 第二節 高楠順次郎をめぐる先行研究
    • 第三節 『仏教国民の理想』とその試み
    • 第四節 個人主義、家族主義、そして阿弥陀信仰
    • 第五節 高楠と家族主義−コンテキストによせて
    • おわりに
  • 第四章 十五年戦争期における日本仏教論とその構造
    • はじめに
    • 第一節 コンテキストによせて−『国体の本義』とその仏教論
    • 第二節 花山信勝にみる日本仏教の「本質」と「実践」
    • 第三節 家永三郎の「否定の論理」と日本仏教
    • 第四節 花山/家永の日本仏教論の構造
    • おわりに
  • 第一部結語
  • 第二部 僧風刷新と「仏教」をめぐる歴史叙述
  • 第二部緒言
  • 第一章 伝統的な語りにみる僧侶の自己批判
    • はじめに
    • 第一節 「排仏論」と「護法論」−カテゴリとその問題に寄せて
    • 第二節 近世僧侶による仏教批判をめぐって
    • 第三節 明治初期の宗教政策と僧侶の自己批判
    • 第四節 諸宗同徳会盟の成立とその基本問題
    • 第五節 諸宗同徳会盟と明治国家
    • 第六節 会盟参加者にみる仏教批判の意義
    • おわりに
  • 第二章 近代仏教(史)学の成立と近世僧侶の「堕落」
    • はじめに
    • 第一節 近代仏教(史)学事始と「僧侶の堕落」
    • 第二節 明治期の「日本仏教史」にみる近世仏教の位置づけ
    • 第三節 近世仏教の「衰微」と鎌倉新仏教の「隆盛」
    • 第四節 辻善之助の歴史叙述における廃仏毀釈の位置づけ
    • おわりに
  • 第三章 僧侶批判と「実証史学」
    • はじめに
    • 第一節 辻の近世仏教像
    • 第二節 「信仰の形式化」とその語り方
    • 第三節 辻仏教史学の政治性
    • おわりに
  • 第四章 近世仏教堕落論の批判と継承
    • はじめに
    • 第一節 「葬式仏教」と近世社会−圭室諦成をめぐって
    • 第二節 研究領域の確立−学術雑誌『近世仏教』とその周辺をめぐって
    • 第三節 近世仏教の近代的精神とその課題
    • 第四節 圭室文雄をめぐって
    • 第五節 近世仏教と地域社会
    • 第六節 「堕落論」の彼方−大桑斉と高埜利彦をめぐって
    • おわりに
  • 第二部結語