サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • はじめに
  • 第1章 代理母をめぐる問題
    • 1 代理出産とは
    • 言葉の定義/妊娠から出産まで/生殖補助医療の種類/代理出産の種類−サロゲートマザー型とホストマザー型/母は二人? それとも三人?/第三者の精子を用いた場合−六つの類型
    • 2 生殖補助医療技術の進歩
    • さまざまな医療技術の活用/先進諸国における少子化傾向との関係/日本の少子化問題/深刻な問題の発生−三つの事例
    • 3 グローバル化する生殖ビジネス
    • 生殖ビジネスの拡大/インドの代理出産ビジネス/本書の基本的な視点
  • 第2章 諸国の代理出産事情
    • 1 代理出産を禁止している国、認めている国
    • 生殖補助医療を法制化する傾向/代理出産をめぐる規制の状況
    • 2 諸外国の状況
    • (1)代理出産を禁止している国
    • スイス/ドイツ/フランス/二〇一一年生命倫理法の改正
    • (2)代理出産を条件付きで認めている国
    • イギリス/オーストラリア/韓国
    • (3)アメリカ−州ごとの規制
    • 代理母契約を有効としている諸州/代理母契約を無効または禁止としている諸州/ベビーM事件/ジョンソン事件
    • 3 日本の現状
    • 日本の規制論議/日本産科婦人科学会の会告(指針)/代理出産を禁止する立場からの報告書/代理出産を認める方向での主張/厚生労働省による「意識調査」の結果/代理出産を禁止する理由
  • 第3章 生殖に関する権利を考える−人権論の視点から
    • 1 近代の人権と女性の権利
    • 近代法の本質と主体/オランプ・ドゥ・グージュ「女性の権利宣言」/メアリ・ウルストンクラフト「女性の権利の擁護」/エリザベス・スタントン「女性の所信宣言」/自由民権運動と女性参政権/日本国憲法下の男女平等
    • 2 現代における「新しい人権」とは
    • 近代的人権と現代的人権/「新しい人権」の登場/国際人権条約等の展開/生殖に関連する規定/日本国憲法第一三条と学説
    • 3 リプロダクティヴ・ライツの定義
    • 国際人口・開発会議における定義/リプロダクティヴ・ヘルスとの関係/リプロダクティヴ・ライツの主体と内容/日本の条例における諸規定
    • 4 「産まない権利」と「産む権利」
    • 「産まない権利」−人工妊娠中絶と自己決定権/アメリカにおける判例理論の展開/フランスの人工妊娠中絶法をめぐる議論/ドイツの違憲判決と胎児保護義務/日本の議論と課題/「産む権利」とは/アメリカでの議論/積極的生殖の権利をめぐる議論
    • 5 代理出産と女性の権利をめぐる課題
    • 新しい視点からの検討/今後の検討課題
  • 第4章 生殖補助医療のあり方をめぐって
    • 1 日本学術会議ではどんな議論がされたか
    • 日本学術会議とは/「生殖補助医療の在り方検討委員会」の設置/議論の雰囲気と目標/従来の議論の整理/委員会での議論/「出自を知る権利」/第三者の卵子提供
    • 2 医学的・生物学的な側面から考える
    • 医学的側面からの検討/妊産婦の死亡率とリスク/妊娠中のリスク/胎児・子に及ぼす影響/依頼女性についての医学的な条件(医学的適応)/代理母の年齢制限について/医療現場の混乱など/障害のある場合など/生物学の立場からみた問題
    • 3 倫理的・社会的側面から考える
    • 自己決定は可能なのか/三つの問題点
    • 4 生まれる子の権利や利益について
    • フランスの議論−「生まれない権利」?/「子の福祉」とは
  • 第5章 法律上の問題点
    • 1 法的規制の必要性
    • 法律などで定める必要はあるか/医療者による自主規制/行政倫理指針による規制/法律による規制は許されるのか/生殖補助医療と法規制の方法/刑罰によらない法規制/代理出産を違法とすることの効果
    • 2 刑法上の処罰問題
    • 代理出産を処罰すべき場合−営利目的の代理出産の処罰/依頼者も処罰するのか
    • 3 民法上の親子関係はどうなるか
    • 子の法的地位を確定する必要/代理出産禁止との関係/最高裁二〇〇七(平成一九)年三月二三日決定/法律上の親子関係の意義−実子と養子/代理出産で生まれた子の法的地位/生まれた子の親の決め方−「分娩者=母ルール」とは/「分娩者=母ルール」の長所と課題/生まれた子と依頼夫婦との間の養子縁組
    • 4 外国で生まれた子の問題
    • 親子関係はどうなるのか/東京高等裁判所の判断/最高裁判所の判断/養子にするための条件/子の国籍問題
  • 第6章 代理出産をどう考えるのか
    • 1 日本学術会議報告書の最終結論
    • 代理出産の原則禁止と「試行的実施」/「試行的実施」とは/禁止と試行の関係/部分的許容と「試行的実施」の違い/「試行的実施」の条件/「試行的実施」についての制度設計/報告書の最終結論
    • 2 提言が示したこと
    • 日本学術会議の一〇の提言/提言に対する反応
    • 3 私たちの未来にむけて
    • 国際的な人権保障の拡がり/人権制約論の再検討/科学の進歩、国際化にみあう議論の必要性
  • おわりに−迷路から脱するために
  • 用語解説
  • 主要参考文献