サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

多国籍企業と新興国市場

多国籍企業と新興国市場

  • 大石 芳裕(監修)/ 桑名 義晴(監修)/ 田端 昌平(監修)/ 安室 憲一(監修)/ 多国籍企業学会(著)
  • 序章 多国籍企業と新興国市場
    • 1.新しい現実
    • 2.第2次グローバリゼーションの時代
    • 3.成熟市場,新興国市場,BOP市場
    • 4.製品アーキテクチャと産業立地
    • 5.リバース・イノベーションの脅威
  • 第1部 新多国籍企業論
  • 第1章 多国籍企業の史的検討
    • 1.史的研究の役割
    • 2.多国籍企業の軌跡
    • 3.多国籍企業の可能性
  • 第2章 海外直接投資と新興国の発展・新興国企業の成長
    • 1.2つの歴史的転期−「南北間格差の縮小」と発展途上国企業の急成長−
    • 2.先進国多国籍企業の役割
    • 3.新興国経済の発展と発展途上国企業の急成長
    • 4.新興国の発展・新興国企業の成長が与えるインパクト
  • 第3章 新興国系多国籍企業の市場参入戦略モデル
    • 1.新興国系多国籍企業の競争力強化と世界市場参入方式の展開
    • 2.アジア新興国からの対外直接投資の決定因
    • 3.先発系と新興国系多国籍企業の堤携ビジネスのシフト
    • 4.新興国系多国籍企業のM&A戦略モデル
    • 5.結論
  • 第4章 新多国籍企業論
    • 1.理論の性格と新理論の視座
    • 2.ハイマーの「グローバル・ヴィレッジ」
    • 3.キンドルバーガーの「愛憎の相克」
    • 4.バーノンの「追いつめられる国家主権」
    • 5.「南北モデル」の解消と理論問題
    • 6.若干の理論問題
  • 第2部 新興国市場開拓戦略とマネジメント
  • 第5章 多国籍企業のビジネス・プラットフォームと新興国市場開拓
    • 1.多国籍企業のビジネス・プラットフォームと戦略的フレキシビリティ
    • 2.日系多国籍企業の戦略的課題とソリューションの模索
    • 3.むすび
  • 第6章 新興国市場への製品戦略
    • 1.新興国グッドイナフ市場の重要性
    • 2.競争優位の形成とイノベーション戦略のあり方
    • 3.イノベーション戦略の実施体制
    • 4.むすび−日本企業への示唆−
  • 第7章 新興国市場開拓と組織・人材マネジメント
    • 1.新興国市場開拓と組織・人材マネジメントの課題
    • 2.新興国市場開拓のための組織の構築
    • 3.新興国市場開拓のための人材マネジメント
    • 4.日系多国籍企業の組織・人材マネジメントの問題点と課題
  • 第8章 戦略的CSRと新興国市場
    • 1.CSR問題の背景
    • 2.戦略的CSRとは
    • 3.グローバリゼーションと新興国市場
    • 4.BOPビジネスの実際展開
  • 第3部 多国籍企業とBRICs
  • 第9章 ブラジル進出日系企業における人的資源管理
    • 1.ブラジルにおける日系人と日系人社会を巡る状況
    • 2.日系企業の人的資源管理に関する先行研究のレビュー
    • 3.サンパウロ大学の日系人学生に対するアンケート調査報告
    • 4.アンケート調査からの含意−日本企業の課題も含めて−
  • 第10章 ロシア市場進出戦略
    • 1.新興国市場進出戦略
    • 2.ロシアの自動車市場
    • 3.参入プロセス
    • 4.ロシアの不完全なインフラに対する対応
    • 5.ロシア市場への現代とトヨタのアプローチの比較
  • 第11章 インドにおける日系海外子会社の自立的成長
    • 1.新興国ビジネスにおける海外子会社の自立化の重要性
    • 2.海外子会社の自立化に関するバーキンショウの議論
    • 3.親会社新田ゼラチンとインド子会社NGIL
    • 4.NGILの自立的成長過程
    • 5.NGILの弁証法的発展過程
  • 第12章 中国への市場参入と三層構造のネットワーク
    • 1.市場参入のアプローチと研究の課題
    • 2.製造販売型企業による中国市場への参入戦略
    • 3.新興小売サービス型企業による中国市場への参入戦略
    • 4.三層構造という擬似的内部組織化の原理と意義
    • 5.多国籍企業と新興国企業との共生を求めて
  • 第4部 多国籍企業とBOPビジネス
  • 第13章 BOPビジネスの座標軸
    • 1.BOP研究と価値判断
    • 2.BOPビジネスのコンセプト
    • 3.非営利と営利BOPビジネスの認識の違い
    • 4.BOPと「持続可能なデザイン」
    • 5.知的財産権とBOPビジネス
    • 6.むすび−ソシオダイナミック・アプローチの必要性−
  • 第14章 BOPビジネスの可能性
    • 1.BOPとは,そして,なぜBOPビジネスなのか
    • 2.社会経済的価値観の変化
    • 3.制度的革新とリスクや取引コストの低減
    • 4.「次なる市場」としての期待
    • 5.BOPビジネスを可能にしている要素とケース
    • 6.日系多国籍企業の問題点
  • 第15章 連携による開発途上国への参入
    • 1.BOPビジネスからの可能性
    • 2.BOPの考え方とアプローチ
    • 3.日本の取組みの現状と連携による展開
    • 4.開発途上国でのビジネス(グラミンの合弁事業)
    • 5.多国籍企業の開発途上国での事業
    • 6.バングラディシュの事例−グラミン雪国まいたけ−
    • 7.今後の開発途上国への参入のあり方
  • 第16章 多国籍企業のBOP戦略とソーシャル・ビジネスの分析視角
    • 1.従来のBOP論の主張点と問題点
    • 2.インフォーマル・セクターとインフォーマル・エコノミー
    • 3.所得別人口構成とインフォーマル・エンプロイメント
    • 4.フォーマル・セクターの就業構造と家族支配型企業集団
    • 5.まとめ
  • 第17章 日系企業におけるBOPビジネスの現状と課題
    • 1.貧困問題と地球環境問題からBOPビジネスへ
    • 2.国連や欧米先進国の動き
    • 3.日本の動き
    • 4.日本企業の課題
  • 〈特別付録〉多国籍企業学会の研究課題・成果の回顧と展望
    • 1.多国籍企業研究会の設立
    • 2.多国籍企業研究会での研究内容の推移
    • 3.多国籍企業研究の対象と方向
  • 〈付表〉多国籍企業研究会東西合同研究会・多国籍企業学会全国大会での報告内容