サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

基礎から学ぶ遺伝子工学

基礎から学ぶ遺伝子工学

  • 田村 隆明(著)
  • 概説 遺伝子工学
    • 1.遺伝子工学とは
    • 2.最初の遺伝子工学実験とその意義
    • 3.遺伝子工学を発展させたエポック
    • 4.遺伝子工学の現状と将来
  • 第Ⅰ部 遺伝子・DNAの基礎
  • 1章 遺伝子工学で使われる生物
    • 1.遺伝子工学で生物を用いる目的
    • 2.原核生物と真核生物
    • 3.ゲノムと遺伝子
    • 4.大腸菌
    • 5.遺伝子工学に登場する真核生物
    • 章末問題
  • 2章 DNAの構造と複製
    • 1.DNAの構造
    • 2.DNAの構造変化
    • 3.DNAの複製
    • 4.DNAのメチル化
    • 章末問題
  • 3章 遺伝子の発現
    • 1.RNA
    • 2.転写機構
    • 3.原核生物の転写制御
    • 4.真核生物の転写制御
    • 5.アミノ酸,ペプチド,タンパク質
    • 6.翻訳
    • 7.真核細胞で翻訳されたポリペプチドの運命
    • 章末問題
  • 第Ⅱ部 基本の酵素からクローニングまで
  • 4章 制限酵素,メチラーゼ,リガーゼ
    • 1.細菌がもつ自己防衛手段:制限と修飾
    • 2.遺伝子工学における制限酵素発見の意義
    • 3.制限酵素の種類
    • 4.Ⅱ型制限酵素のDNA認識配列と切断末端
    • 5.DNAメチラーゼと制限酵素の切断特性
    • 6.ホーミングエンドヌクレアーゼ
    • 7.粘着末端を利用したDNAの連結
    • 章末問題
  • 5章 核酸の合成,分解,修飾酵素
    • 1.DNA合成酵素
    • 2.核酸分解酵素
    • 3.DNAの平滑末端化
    • 4.末端リン酸基の脱着
    • 5.組換えDNAからのRNA調製
    • 章末問題
  • 6章 プラスミド,ファージ,トランスポゾン
    • A.プラスミド
    • 1.プラスミドの基本的な特徴
    • 2.大腸菌のプラスミド
    • 3.その他のプラスミド
    • B.大腸菌のファージ
    • 4.ファージの種類と増殖
    • 5.λファージ
    • 6.一本鎖ファージ:M13
    • C.トランスポゾン
    • 7.概要
    • 8.DNAトランスポゾン
    • 9.レトロトランスポゾン
    • 章末問題
  • 7章 ベクター
    • A.ベクターの基本
    • 1.遺伝子組換え実験におけるベクター
    • 2.選択マーカー
    • 3.ベクターの能力にかかわる機能性配列
    • B.原核生物のベクター
    • 4.主な選択マーカー
    • 5.DNA導入・増幅用の大腸菌プラスミドベクター
    • 6.遺伝子発現用の大腸菌プラスミドベクター
    • 7.大腸菌以外の細菌用プラスミドベクター
    • 8.大腸菌用ファージベクター
    • 9.混成プラスミドベクター
    • 10.巨大DNAクローニング用ベクター
    • C.真核生物のベクターとマーカー
    • 11.真核細胞中での発現制御系
    • 12.真核細胞で利用されるマーカー
    • 13.酵母・真菌のベクター
    • 14.動物細胞用ウイルスベクター
    • 章末問題
  • 8章 タンパク質産生制御系
    • 1.発現ベクター
    • 2.大腸菌でタンパク質をつくる場合のポイント
    • 3.融合タンパク質の作製
    • 4.T7 RNAポリメラーゼによる発現系
    • 5.真核生物でのタンパク質発現
    • 6.遺伝子工学で使われるタンパク質分解酵素
    • 章末問題
  • 9章 組換えDNAの作製と細胞への導入
    • A.組換えDNAの作製
    • 1.伝統的なサブクローニング
    • 2.新しい組換えDNA構築法
    • B.DNA構築に関連する技術
    • 3.オリゴヌクレオチド
    • 4.部位特異的変異DNAの作製
    • 5.cDNAの合成
    • C.細胞へのDNA導入
    • 6.DNA導入の一般的方法
    • 7.原核生物(大腸菌)へのDNA導入
    • 8.動物細胞へのDNA導入
    • 9.植物細胞:TiプラスミドDNAに基づく方法
    • 章末問題
  • 10章 DNAクローニング
    • A.伝統的なクローニング法
    • 1.伝統的なDNAクローニングの概要
    • 2.DNAライブラリー:クローニングの材料
    • 3.ゲノミックライブラリーの作製
    • B.cDNAクローニング
    • 4.cDNAライブラリーの作製
    • 5.cDNAクローンの選択
    • C.現在のクローニング事情
    • 6.ゲノム情報とPCRを活用したクローニング
    • 章末問題
  • 第Ⅲ部 核酸の抽出・増幅・シークエンシング
  • 11章 核酸の取り扱いと分離
    • 1.核酸の物理化学的性質
    • 2.DNAの調製
    • 3.RNAの扱い
    • 4.核酸の濃縮
    • 5.ゲル電気泳動による核酸の分離
    • 6.超遠心分離機による核酸の分離
    • 章末問題
  • 12章 塩基配列の検出と解読
    • 1.核酸のハイブリダイゼーション
    • 2.プローブの作製:DNAの標識
    • 3.ハイブリダイゼーションによる核酸の検出法
    • 4.ジデオキシ法によるシークエンシング
    • 5.DNAシークエンサー
    • 6.バイオインフォマティクスを用いた塩基配列情報解析
    • 章末問題
  • 13章 PCRとその応用
    • 1.PCRの原理
    • 2.材料と反応条件
    • 3.遺伝子工学におけるPCRの目的
    • 4.定量PCR
    • 章末問題
  • 14章 遺伝子発現と遺伝子産物の解析
    • 1.遺伝子の発現状態の解析
    • 2.細胞を使った遺伝子の機能解析
    • 3.試験管内反応による遺伝情報の発現
    • 4.情報高分子間の相互作用解析
    • 章末問題
  • 第Ⅳ部 遺伝子工学の応用
  • 15章 遺伝子工学関連技術と医療における利用
    • 1.タンパク質工学
    • 2.RNA工学
    • 3.細胞,組織,個体発生を操作する技術
    • 4.ゲノム工学
    • 5.遺伝子治療
    • 6.ゲノム解析とテーラーメード医療
    • 7.遺伝子工学と創薬
    • 章末問題
  • 16章 遺伝子操作の安全性と倫理
    • A.遺伝子組換え実験での安全確保
    • 1.遺伝子組換え実験の自己規制
    • 2.カルタヘナ法の成立
    • 3.遺伝子組換え生物の使用と実験の種類
    • 4.実験の種類と拡散防止措置
    • 5.留意すること
    • B.遺伝子工学関連領域に関する倫理と安全性
    • 6.遺伝子組換え食品の安全性
    • 7.遺伝子情報や個人試料の管理と利用
    • 8.ヒトを対象にする操作
    • 章末問題

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む