サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

目次

  • 序章 ソーシャルワーカーとその実践を支える「知」の形成
    • 1 ソーシャルワーク実践とソーシャルワーカー
    • 2 「気づき・発見の専門職」としてのソーシャルワーカー
    • 3 ソーシャルワーカーを支える「知」の構築に向けて
  • 第1部 実習教育の現場で語られるソーシャルワーカー像
  • 第1章 ケースメソッドを活用した教育実践
    • 1 「ソーシャルワーカー像」が浮かび上がる学びを
    • 2 ケースメソッドを活用したソーシャルワークの授業実践
    • 3 ケースメソッドによる授業で活用した資料
    • 4 ケースメソッドによる授業の効果測定と考察
    • 5 今後の課題と考察
  • 第2章 施設職員が伝える援助者像
    • 1 「援助者」の姿を伝えるということ
    • 2 利用者とのかかわりにおける姿勢を伝える
    • 3 利用者と家族の間にいる援助者の姿を伝える
    • 4 利用者の生活を支援するということを伝える
    • 5 援助を行う「人」を伝えるということ
  • 第3章 ソーシャルワーカーのアイデンティティ
    • 1 ソーシャルワーカー自身によって紡がれた「言葉」への着目
    • 2 実習指導者によって書かれたコメントの分析と考察
    • 3 「ソーシャルワーカー」を伝えるソーシャルワーク実習
  • 第2部 ソーシャルワーカーであり続けるために
  • 第4章 悩みを共有できる職場環境の重要性
    • 1 ソーシャルワーカーにとっての現任研修
    • 2 問題や課題を個人化させないチームワークづくり
    • 3 悩むことを支える現任研修と職場環境づくり
    • 4 職場の組織力と自身の可能性への信頼
  • 第5章 現任研修におけるケースメソッドの有効性
    • 1 「対話」が育むソーシャルワーカーの実践力
    • 2 ケースメソッドと現任研修
    • 3 現任研修におけるケースメソッドの意義と効果
    • 4 現任研修におけるケースメソッドの可能性
  • 第6章 ソーシャルワーカーである自分を語る
    • 1 自分らしいソーシャルワーカー像の構築を目指して
    • 2 定例カンファレンスの実際
    • 3 ソーシャルワーカーであり続けるために
  • 第3部 「かかわり続ける専門職」としてのソーシャルワーカー
  • 第7章 ソーシャルワーカーとジレンマ
    • 1 「ジレンマ」と「フラストレーション」
    • 2 根源的な価値のジレンマ
    • 3 適切な介入レベルというジレンマ
    • 4 居心地のよさと世間の厳しさ
    • 5 援助の組織で生じるジレンマ
    • 6 ジレンマに「ゆらぐ」ことの意味
  • 第8章 ジレンマとの共存
    • 1 ジレンマの「解消」ではなく「うまく付き合う」ための方法
    • 2 誠実なソーシャルワーカーであることの証
    • 3 専門職としての意思決定プロセス
    • 4 専門職の視点に固執することの弊害
    • 5 私たちの見方に含まれる偏り
    • 6 社会福祉専門職のジレンマの特徴
    • 7 多様な視点を生み出す方法
    • 8 合理化する作業の否定とソーシャルワーカーにとっての意義
    • 9 対人援助の際に生じるジレンマを乗り越えるために
  • 第9章 「状況との対話」を可能にする専門性と実践力
    • 1 ソーシャルワーカーに求められるもの
    • 2 現任ソーシャルワーカーへのグループインタビューの実施
    • 3 ソーシャルワーカーとしての自らの成長につながる実践経験
    • 4 実践のなかから育まれる専門性と実践力
    • 5 「状況との対話」を可能にする専門性と実践力
  • 第10章 アイデンティティを育む職場環境づくり
    • 1 「現場に身を置くこと」を通して形成される専門性と実践力
    • 2 「現場に身を置くこと」の意味
    • 3 ソーシャルワーカーになることを支える学び
    • 4 職場における「実践の意味」の共有
    • 5 ソーシャルワーカーの育ちを支える職員集団の形成
  • 終章 ソーシャルワーカーを支える「知」の集積
    • 1 その時代のソーシャルワーカーを「論じ続ける」こと
    • 2 ソーシャルワーカーの体験と実践をめぐる現実を知ること
    • 3 ソーシャルワーカーの「かかわり続ける」営みを支えること
    • 4 「ソーシャルワーカー論」の意義と課題