サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

目次

子どもと法

子どもと法

  • 棚村 政行(著)
  • 第1章 現代社会と子どもの人権
    • 〈1〉ますます増加する児童虐待
    • 〈2〉学校といじめ・自殺
    • 〈3〉子どもとメディア・情報化
    • 〈4〉重大な少年犯罪・非行
    • 〈5〉守られているか子どもの権利
  • 第2章 子どもの人権の歴史
    • 1 世界的な人権思想の変遷と子どもの権利
    • 〈1〉近代人権想想と子どもの権利
    • 〈2〉子どもの権利思想の発展と社会的現実の乖離
    • 〈3〉新教育運動と子どもの権利論への展開
    • 〈4〉世界人権宣言と子どもの権利宣言
    • 2 日本における子ども観と子どもの権利思想の展開
    • 〈1〉戦前における子ども観と子どもの権利
    • 〈2〉社会労働運動と子どもの権利
    • 〈3〉明治・大正期における子どもの権利
    • 〈4〉戦後における子どもの権利論
  • 第3章 児童の権利に関する条約
    • 1 児童の権利に関する条約の成立過程とその特色
    • 〈1〉子どもの権利の国際的潮流とその歴史
    • 〈2〉児童の権利に関する条約の審議過程
    • 〈3〉児童の権利に関する条約の特色
    • 2 児童の権利に関する条約の具体的内容と条文の趣旨
    • 〈1〉条約における前文の位置づけ
    • 〈2〉第一部の構成と内容
    • 3 国連児童の権利委員会の総括所見と国内法や条約実施体制
    • 〈1〉国連児童の権利委員会第54回会期最終見解(2010年6月)
    • 〈2〉子どもの権利基本法の制定や独立した監視機関・データの収集
    • 〈3〉子どもの最善の利益・資源配分・差別の禁止
    • 〈4〉生命・生存・発達の権利と子どもの自殺・子の意見表明権
    • 〈5〉体罰・児童虐待・障がいのある子・外国人や難民の子・少年司法・性的搾取
    • 〈6〉おわりに
  • 第4章 親の離婚と子ども
    • 1 離婚の動向と離婚の方法
    • 〈1〉日本の離婚の実情と特色
    • 〈2〉有責配偶者からの離婚請求
    • 〈3〉民法改正要綱
    • 〈4〉親の離婚と子どもの存在
    • 2 離婚後の子の親権・監護をめぐる紛争
    • 〈1〉子の監護をめぐる紛争の増加
    • 〈2〉離婚後の単独親権の原則
    • 〈3〉親権・監護権の分離分属
    • 3 子どもとの面会交流
    • 〈1〉面会交流の意義と法的構成
    • 〈2〉面会交流と子の福祉
    • 〈3〉面会交流の権利性
    • 〈4〉DVや虐待と面会交流
    • 〈5〉面会交流と強制執行
    • 4 子の奪い合いの解決手段
    • 5 人身保護手続
    • 6 子の引渡請求の判断基準
    • 〈1〉親権者・監護権者優先の原則
    • 〈2〉母親優先の原則
    • 〈3〉監護養育の継続性
    • 〈4〉子の意思と心情
    • 〈5〉拘束の不当性
    • 7 子の養育費の支払い
    • 〈1〉子の養育費請求の方法
    • 〈2〉養育費の算定方法
    • 〈3〉養育費の履行確保
  • 第5章 子の国際的奪い去りとハーグ条約
    • 〈1〉国境を越えた子の連れ去りと日本での議論
    • 〈2〉国際的な子の連れ去りの社会的背景
    • 〈3〉子の連れ去りに関するハーグ国際条約の内容と特色
    • 〈4〉ハーグ条約の主要締約国での運用状況
    • 〈5〉国内法の現状と課題
    • 〈6〉ハーグ条約の批准後の課題
    • 〈7〉おわりに
  • 第6章 児童虐待と子どもの保護
    • 1 児童虐待の実情
    • 〈1〉児童虐待の実情
    • 〈2〉最近の深刻な虐待事件
    • 2 児童虐待防止法制の展開
    • 〈1〉児童相談所長による親権喪失審判の申立
    • 〈2〉代理によるミュンヒハウゼン症候群と施設入所への承認
    • 〈3〉海外での児童虐待防止の取り組み
    • 〈4〉児童虐待防止対策と法制上の課題
  • 第7章 子どもの学習権と教育環境
    • 〈1〉教科書検定と教科書裁判・学習権
    • 〈2〉教育権の所在と教育権の主体の法的根拠
    • 〈3〉教育環境
    • 〈4〉障がいのある子どもの学習権
    • 〈5〉マイノリティの教育権
    • 〈6〉国旗国歌斉唱の職務命令と思想・良心の自由
    • 〈7〉総括
  • 第8章 学校事故・いじめ等と子どもの保護
    • 1 学校事故とその責任法理
    • 〈1〉学校事故の態様と類型
    • 〈2〉学校事故の実情と特色
    • 〈3〉学校事故救済法理の課題と理念
    • 〈4〉学校事故と債務不履行責任・不法行為責任
    • 〈5〉教育活動中の事故と教師の過失
    • 〈6〉学校施設事故と賠償責任
    • 2 体罰・いじめ等
    • 〈1〉学校生活と体罰・暴力・いじめ等の実態
    • 〈2〉体罰の禁止とその趣旨
    • 〈3〉いじめの特色と構造
    • 〈4〉いじめと加害生徒および保護者の責任
    • 〈5〉いじめと教職員および学校設置者の責任
  • 第9章 性的搾取と子どもの保護
    • 1 子どもの人身取引と性的搾取への対応
    • 〈1〉世界の子どもの人身取引の現状と国際的な取り組み
    • 〈2〉アジアの児童買春の状況と日本の取組み
    • 2 日本における人身取引と児童買春・児童ポルノ規制
    • 〈1〉子どもの犯罪被害の実情
    • 〈2〉児童買春・児童ポルノ禁止法制定と改正の経緯
    • 〈3〉児童買春・児童ポルノ禁止法や人身売買罪の適用と今後の検討課題
  • 第10章 少年犯罪・非行と子どもの立ち直り
    • 1 少年法の理念と改正少年法
    • 〈1〉少年法の理念と目的
    • 〈2〉少年法の一部改正
    • 2 少年事件の背景と現代の人間関係
    • 〈1〉神戸の事件と長崎の事件との共通点
    • 〈2〉現代社会の構造的問題性
    • 〈3〉重大な少年事件の加害者や家族関係の特徴
    • 〈4〉改正少年法の実際的効果と今後の対策
  • 第11章 子どものための養子・里親制度
    • 1 養子制度の展開と問題点
    • 〈1〉養子制度の発展と養子法の理念
    • 〈2〉普通養子縁組の構造と問題点
    • 〈3〉特別養子制度の特色と課題
    • 〈4〉養子制度の改正に向けた課題
    • 2 里親制度の現状と問題点
    • 〈1〉里親制度の沿革と概要
    • 〈2〉里親委託の仕組み
    • 〈3〉里親制度の問題点
  • 第12章 メディアと子どもの人権
    • 1 メディアと子どもの保護
    • 〈1〉メディアと子どもの関わり
    • 〈2〉メディアが子どもたちに及ぼす影響
    • 〈3〉子どもの保護とメディアの表現の自由・報道への規制
    • 〈4〉メディアによる有害情報への対策
    • 2 高度情報化と子どもの人権
  • 第13章 生殖補助医療と子どもの権利
    • 〈1〉はじめに
    • 〈2〉生殖補助医療の現状と課題
    • 〈3〉死後懐胎子と死後認知の可否
    • 〈4〉代理懐胎と公序
    • 〈5〉AIDと子の出自を知る権利
    • 〈6〉おわりに
  • 第14章 「子ども・若者ビジョン」と青少年施策
    • 1 これまでの国による青少年施策・取り組み
    • 〈1〉2003・2006年「青少年育成施策大綱」
    • 〈2〉2004年少子化社会対策大綱,2010年「子ども・子育てビジョン」
    • 〈3〉2007年ワーク・ライフ・バランス憲章と行動指針
    • 〈4〉2009年「青少年インターネット利用環境整備法」と「基本計画」
    • 〈5〉2010年「いのちを守る自殺対策緊急プラン」
    • 2 子ども・若者育成支援推進法と子ども・若者ビジョン
    • 〈1〉2009年「子ども・若者育成支援推進法」
    • 〈2〉2010年「子ども・若者ビジョン」
    • 3 大人社会への反省と今後の課題
    • 〈1〉男女平等・男女共同参画の実現やワーク・ライフ・バランスの推進
    • 〈2〉子ども・若者・生命・家族の絆を大切にする社会へ
    • 〈3〉「子ども・若者政策」の形成・実現
    • 〈4〉震災・津波・原発事故で被災した子ども・若者のケアと支援