サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

童貞の教室(よりみちパン!セ)

童貞の教室 (よりみちパン!セ)

  • 松江 哲明(著)/ 古泉 智浩(マンガ)
  • マンガ:僕は告白されるのを待っている
  • はじめに
  • 1時間目:視聴覚室にて 少年よ。童貞とは「矛盾」という名の生き物である。
    • 自分の中にある相反する気持ちは、どちらか一方でも切り捨ててはいけない。相容れない気持ちの向こう側にあるものこそが、真に「気持ちイイ」のだと知れ。
    • それは、カミングアウトからはじまった
    • 童貞にとりつかれたボク
    • ハダカの仕事が、汚いだって!?
    • おせっかいのワケ
    • 「お尻からマシュマロ」
    • イブの夜のホームラン
    • 天の神様、教えてください
    • 迷惑、かけてもいいよ。と監督は言った
    • 2号、登場
    • 自分の道を突き進むための「ヨロイ」
    • ビューティフル・ドリーマー
    • 矛盾するふたつのぶつかり合い
  • 2時間目:ホームルームにて 少年よ。童貞の前途に「ふつう」という道はない。
    • 世の中は言うだろう。「ふつう」であれ、と。しかし、本当は誰もが気づいている。「ふつう」とは時として、その人が心の底から望む「何か」と、相反してしまうものであることを。さあ、「ふつう」を捨てて、身も心も定まらない不安感に恍惚とせよ!−でもいったい、どうやって?
    • 世の中では十七.四歳なんだって!?
    • 「ふつうの日本人」になった家族
    • 僕だけ食べられないキムチ
    • 「アッパーポン」からニューシネマへ
    • 物語地獄。昼下がりのテロリズム
    • 団地と彼女、そして公衆電話
    • 知らないあいだに打ち明けていた
    • 世界は、自分がいなくても成り立っている
    • 高まる評判、ふくらむコンプレックス
  • 3時間目:図書室にて 少年よ。無心と謙虚さをもって「その時」を記録せよ。
    • 「ボーイ・ミーツ・ガール」という言葉がある。男子が女子に出会うという物語。出会いの先にある「その時」を迎えたとき、女子が本当に男子にもたらしてくれるものとは何か。
    • ドリカムなのに、バッテンだった
    • コンプレックスの真ん中にあるもの
    • たった一人の「誰か」
    • 「人の味」のキス、知らんぷりした「痛み」
    • そして、夜が明ける
    • 喪失という名の「はじまり」
  • 4時間目:ふたたび、ホームルームにて 僕から、あの頃の「君」へ。