サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

萬葉集の羈旅と文芸

萬葉集の羈旅と文芸

  • 三田 誠司(著)
  • 序章 萬葉集における旅
    • 一 「羈旅」と「旅」
    • 二 『萬葉集』における旅の様相
    • 三 羈旅歌の内容
    • 四 本書の構成
  • 第一章 初期萬葉歌と旅
    • 一 初期萬葉における有間皇子歌の位置
    • 二 「松が枝」を結ぶこと
    • 三 「ま幸くあらば」
    • 四 「また帰り見む」
    • 五 「椎の葉に盛る」
  • 第二章 柿本人麻呂と羈旅
    • 一 「家」をうたうこと
    • 二 『萬葉集』の「海人」
    • 三 「旅行く我れを」
    • 四 羈旅歌八首の意義
  • 第三章 別離の文芸
    • 一 相聞の中の旅
    • 二 第一群の「山」
    • 三 「我が振る袖を妹見つらむか」
    • 四 第二群の「山」
    • 五 二群の構造
  • 補論一 依羅娘子の歌と「石見相聞歌」
    • 一 依羅娘子の歌の問題点
    • 二 「な思ひ」と「な恋ひ」
    • 三 依羅娘子の歌の特質
    • 四 「石見相聞歌」の享受と依羅娘子の歌
  • 第四章 旅と女性
    • 一 旅を志向する女性
    • 二 「標結へ我が背」
    • 三 追いかける女性像
    • 四 女性と「家」
  • 第五章 旅中の死
    • 一 類型と特殊性
    • 二 「寝せる君かも」
    • 三 「妻知らば来も問はましを」
    • 四 作中の主体
  • 補論二 「行路死人歌」について
    • 一 いわゆる「行路死人歌」の存在
    • 二 「家」「名」を問う表現
    • 三 行路死人歌における「鎮魂」
  • 第六章 柿本人麻呂の臨死時自傷歌
    • 一 人麻呂の死と虚構
    • 二 人麻呂自傷歌の生い立ち
    • 三 妻依羅娘子の歌
    • 四 「行路死」という主題
  • 第七章 のゆくえ
    • 一 石中死人歌以後
    • 二 足柄坂死人歌の特徴
    • 三 行路死人歌の二つの流れ
    • 四 行路死人歌の終焉
  • 第八章 羈旅歌の配列
    • 一 叙景と抒情
    • 二 東国の歌一六首
    • 三 「羈旅作」中の相聞的要素
    • 四 巻七「羈旅作」の達成
  • 終章 羈旅の信仰と萬葉歌の表現
    • 一 柿本人麻呂と「旅」
    • 二 「旅の歌」研究における課題