サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序論 研究史と本書の立場
    • はじめに−「二人の君主」という問題−
    • 一、近世の王権をめぐって
    • 二、本書の立場
  • 第一部 新井白石の政治思想史的研究
    • はじめに−新井白石研究史の整理−
  • 第一章 新井白石の鬼神論再考
    • はじめに
    • 一、鬼神を「しる」
    • 二、生霊及び厲鬼への対処
    • 三、キリシタンの厲鬼と将軍継嗣問題
    • おわりに
  • 第二章 新井白石の王権論
    • 1、新井白石の国家構想−国王復号・武家勲階制の検討を通じて−
    • はじめに
    • 一、国王復号説について
    • 二、武家勲階制について
    • おわりに
    • 2、文武論をてがかりとした近世王権論研究
    • はじめに
    • 一、熊沢蕃山の王権論
    • 二、山県大弐の王権論
    • 三、新井白石の王権論
    • おわりに
  • 第三章 伊兵衛殺人事件考
    • はじめに
    • 一、伊兵衛事件に対する白石の見解
    • 二、父子天合・君臣義合観
    • 三、忠孝一致論との論理的相違
    • おわりに
  • 第二部 「正名」の転回史
  • 第一章 叫ばれる「正名」
    • はじめに−叫ばれる「正名」という思想空間−
    • 一、正名論・名分論・尊王論の予備的考察
    • 二、荻生徂徠と新井白石の「称謂」・「正名」
    • 三、中井竹山の正名論
    • 四、菱川秦嶺の批判
    • 「叫ばれる正名」における藤田幽谷『正名論』の位置−おわりにかえて−
  • 第二章 後期水戸学における思想的転回
    • はじめに−「正名」の転回−
    • 一、「自然」−言語的作為の否定として−
    • 二、「心」−活物的人心観−
    • おわりに
  • 第三章 頼山陽における政治なるもの
    • はじめに
    • 一、封建・郡県論の予備的考察
    • 二、政権の維持運営術
    • 三、名実乖離論
    • おわりに−十九世紀的思潮との関連から−
  • 結論