サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏のうた

声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏のうた

  • 岩越 豊雄(編著)/ 鴨下 潤(絵)
  • この本の使い方
  • 短歌とは
  • 俳句とは
  • 卯の花の(与謝蕪村)
  • 春過ぎて夏来たるらし(持統天皇)
  • あらたふと(松尾芭蕉)
  • やはらかに柳あおめる(石川啄木)
  • 田一枚(松尾芭蕉)
  • 道のべに清水ながるる(西行法師)
  • 五月雨を(松尾芭蕉)
  • 広き野をながれゆけども(昭和天皇)
  • 大仏の(小林一茶)
  • 鎌倉や御仏なれど(与謝野晶子)
  • 草の葉を(松尾芭蕉)
  • ものおもへば沢の蛍も(和泉式部)
  • 美しや(小林一茶)
  • 彦星の妻迎へ舟(山上憶良)
  • 朝顔に(加賀千代)
  • たのしみは朝(橘曙覧)
  • 雑草に(篠田悌二郎)
  • 向日葵は金の油を(前田夕暮)
  • 閑かさや(松尾芭蕉)
  • 夕づく日さすや(藤原忠良)

国語・日本語 ランキング

国語・日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む