サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

中国近世の心学思想

中国近世の心学思想

  • 吉田 公平(著)
  • 心学について
    • 一 はじめに
    • 二 「心学」の用例
    • 三 和刻本『晦菴朱先生心学録』
    • 四 心学の復権
  • Ⅰ 心学の思惟構造
  • 新儒教徒の「唐宋」観
    • 一 はじめに
    • 二 新儒教徒の唐宋「断絶」観
    • 三 儒仏論争から朱陸論争へ
    • 四 陸象山の「異端」批判
    • 五 おわりに
  • 新儒教における正統と異端
    • 一 新儒教徒たちの中国思想史観
    • 二 朱熹の「正統−異端」論
    • 三 陸象山の「正統−異端」論
    • 四 王陽明の「正統−異端」論
    • 五 結びにかえて
  • 朱子学・陽明学における『大学』
    • 一 はじめに
    • 二 『大学』の発見
    • 三 朱熹の『大学』理解
    • 四 王陽明の『大学』理解
    • 五 おわりに
  • 韓愈の人間観
    • 一 はじめに
    • 二 韓愈の性三品説
    • 三 韓愈の「博愛=仁」説について
    • 四 北宋の三子論
  • 告子について
    • 一 はじめに
    • 二 朱熹の告子論
    • 三 陸・王の告子論
    • 四 むすびに
  • Ⅱ 朱子の立論とその展開
  • 朱子の『中庸章句』について
    • 一 はじめに
    • 二 『中庸章句』の構成
    • 三 「中庸章句」の首章について
    • 四 誠の哲学について
    • 五 おわりに
  • 『論語集注』の中の孔子
    • 一 はじめに
    • 二 『論語』の中の孔子
    • 三 『論語集注』の秘密
    • 四 成熟物語の波及
    • 五 王陽明の異議申し立て
    • 六 おわりに
  • 宋本『朱子文集』について
    • 一 はじめに
    • 二 通行本『朱子文集』について
    • 三 宋本『朱子文集』について
    • 四 宋本『朱子文集』と通行本『朱子文集』との対照表
  • 呉康斎論
    • 一 思想形成の履歴
    • 二 修養論=学問論
    • 三 陳白沙・胡敬斎・王陽明との比較
    • 四 呉康斎の評価
  • 胡敬斎の思想
    • 一 朱子学者胡敬斎の修養論
    • 二 陳白沙心学との比較
    • 三 王陽明心学との比較
    • 四 心学者胡敬斎
  • Ⅲ 王陽明とその門流
  • 王陽明の遺文遺言について
    • 一 『王文成公全書』の構成
    • 二 王陽明の遺言
    • 三 王陽明の遺文
  • 王陽明の『朱子晩年定論』について
    • 一 はじめに
    • 二 『朱子晩年定論』の編纂
    • 三 王陽明の「朱子晩年定論序」
    • 四 『朱子晩年定論』の朱子
    • 五 羅欽順との応酬
    • 六 『朱子晩年定論』における朱子の悔悟
    • 七 おわりに
  • 王陽明の贈物
    • 一 はじめに
    • 二 「満街のひとは皆な聖人である」
    • 三 万物一体論
    • 四 万人聖人説の日本における余韻
    • 五 おわりに
  • 徐愛と伝習録
    • 一 徐愛録『伝習録』
    • 二 王門の顔回
    • 三 『横山遺集』
    • 四 伝習録序
    • 五 結びに代えて
  • 銭緒山の「伝習読録」編纂について
    • 一 はしがき
    • 二 三輪執斎・佐藤一斎の見解
    • 三 第一次・第二次伝習続録
    • 四 第三次「伝習続録」
    • 五 『遺言録』と第四次「伝習続録」
    • 六 銭緒山の編集態度
    • 七 『遺言録』と各種版本所収増録
  • 銭緒山の『王文成公全書』所収「文録続編」の編纂について
    • 一 はじめに
    • 二 『王文成公全書』編纂以前の刊行書
    • 三 『文録』の編集方針
    • 四 『文録続編』の編纂
    • 五 銭緒山と王龍渓
    • 六 おわりに
  • 季彭山の『説理会編』について
    • 一 はじめに
    • 二 『説理会編』の中の王陽明
    • 三 『説理会編』の構成
    • 四 『説理会編』の主張
    • 五 季彭山の本領
  • 明儒胡廬山論
    • 一 模索する胡廬山
    • 二 朱子・王陽明・胡廬山の博約説
    • 三 胡廬山の「覚即性」説
    • 四 胡廬山の心性論
    • 五 胡廬山心学の特色
  • 李見羅の思想
    • 一 李見羅の位置
    • 二 心性論形成の経緯
    • 三 李見羅の心性論
    • 四 「止修」学の本旨
    • 五 李見羅の性学の特色
    • 六 李見羅の評価
  • Ⅳ 西学との出合い
  • 利瑪竇の『天主実義』について
    • 一 はじめに
    • 二 天主聖教実録・畸人十篇と天主実義
    • 三 天主と天・上帝
    • 四 『天主実義』の綱要
    • 五 『天主実義』の中西問答
    • 六 おわりに
  • 四庫館臣の中体西用論
    • 一 はじめに
    • 二 耶蘇会士が果たした歴史的役割
    • 三 「四庫館臣の中体西用論」報告書
    • 四 清朝考証学者の「大道」無関心
    • 五 幕末維新期の仏教者と『四庫全書総目提要』
    • 六 おわりに