サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

校注風に紅葉

校注風に紅葉 (新典社校注叢書)

  • 大倉 比呂志(編)/ 鈴木 泰恵(編)
  • 巻一
    • 一 序文
    • 二 男主人公の家系
    • 三 男主人公の元服と女一宮(一品宮)との結婚
    • 四 男主人公の姉妹である姫君と春宮との結婚
    • 五 男主人公の北の方一品宮の懐妊
    • 六 男主人公を思慕する女たち
    • 七 一品宮、姫君を出産
    • 八 乞功奠、宮中での管絃の遊び
    • 九 宣耀殿女御、懐妊
    • 一〇 男主人公に対する太政大臣の梅見の宴への招待と北の方との関係
    • 一一 男主人公、一品宮に昨夜のことを報告、北の方との度重なる密会
    • 一二 梅壺女御の男主人公への恋慕
    • 一三 男主人公、梅壺女御たちを垣間見
    • 一四 男主人公と梅壺女御との歌の贈答
    • 一五 宣耀殿女御、皇子出産
    • 一六 登華殿女御のこと
    • 一七 男主人公と梅壺女御との密会
    • 一八 承香殿女御のこと
    • 一九 男主人公と承香殿女御との密会
    • 二〇 男主人公の一品宮に対する愛情
    • 二一 男主人公の憧れの的
    • 二二 宣耀殿女御、再度懐妊後、重態
    • 二三 男主人公、聖を招請するために、難波へ下向
    • 二四 男主人公と聖との対面
    • 二五 男主人公と故権中納言の遺児若君との対面
    • 二六 男主人公と遺児若君との同性愛
    • 二七 男主人公、遺児若君を伴って帰京
    • 二八 聖の効験により、宣耀殿女御、皇子を出産
    • 二九 聖、男主人公への忠告を残して、修行に出発
    • 三〇 弁の乳母の結婚騒動
    • 三一 遺児若君と宣耀殿女御との対面
    • 三二 男主人公、遺児若君を溺愛
  • 巻二
    • 一 男主人公の父関白への諫言
    • 二 太政大臣に関白の宣旨
    • 三 梅壺女御、立后
    • 四 承香殿女御の悲嘆
    • 五 遺児若君の元服と結婚
    • 六 新関白北の方への贈二品
    • 七 帝譲位・前関白復帰・宣耀殿女御立后
    • 八 男主人公の姫君の袴着
    • 九 前斎宮の男主人公への恋慕
    • 一〇 男主人公と遺児若君との女性談義
    • 一一 聖の再訪と男主人公への警告
    • 一二 男主人公、聖の警告を一品宮に報告
    • 一三 男主人公、承香殿女御の里邸で可憐な女を発見、逢瀬
    • 一四 男主人公の故式部卿宮の姫君への恋慕
    • 一五 男主人公、帰邸
    • 一六 式部卿宮の姫君、行方不明
    • 一七 男主人公、一品宮に釈明
    • 一八 故式部卿宮の姫君行方不明の真相
    • 一九 故式部卿宮の姫君、承香殿女御里邸から東山へ転居
    • 二〇 故式部卿宮の姫君、三輪へ移居
    • 二一 男主人公の承香殿女御訪問
    • 二二 男主人公、太政大臣北の方を訪問
    • 二三 男主人公、梅壺皇后を訪問
    • 二四 男主人公、加行の準備
    • 二五 男主人公の加行
    • 二六 男主人公、遺児若君に一品宮を与える
    • 二七 一品宮と遺児若君との関係続行
    • 二八 男主人公、桜花の植樹
    • 二九 一品宮の懐妊
    • 三〇 遺児若君の苦悩
    • 三一 一品宮の出産近づく
    • 三二 男主人公、姫君とともに合奏
    • 三三 一品宮の男主人公への恨み言
    • 三四 一品宮、若君出産
    • 三五 一品宮、急逝
    • 三七 中宮の弔問
    • 三八 男主人公、一品宮を肖像画と遺詠で回想
    • 三九 女房たちの悲嘆
    • 四〇 一品宮の供養
    • 四一 男主人公と故帥宮の姫君との出会い
    • 四二 男主人公の姫君の手習歌
    • 四三 男主人公、遺児若君に故帥宮の姫君の件を報告
    • 四四 男主人公、中宮を訪問
    • 四五 故帥宮の姫君の男主人公への思い
    • 四六 男主人公、朱雀院を訪問
    • 四七 男主人公、皇太后宮と対面
    • 四八 男主人公、官職を返上
    • 四九 遺児若君と故帥宮の姫君との関係
    • 五〇 男主人公、再度の加行
    • 五一 男主人公、故式部卿宮の姫君を回想
    • 五二 后宮、一品宮所生の若君を養子に
    • 五三 新年、父関白と遺児若君、男主人公を訪問
    • 五四 按察使大納言による故帥宮の姫君拉致と遺児若君の諦観