サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

現代人のための統合科学 ビッグバンから生物多様性まで

現代人のための統合科学 ビッグバンから生物多様性まで

  • 小笠原 正明(編著)/ 新井 一郎(編著)/ 澤村 京一(編著)/ 杉田 倫明(編著)/ 守橋 健二(編著)
  • はじめに−現代人にとって必須の科学的素養とは何か?−
  • 第1章 科学とは何か?
    • 1.1 科学とは何か?−その現代的理解にむけて
    • 1.2 科学とは何か?−その歴史的理解に向けて
  • 第2章 エネルギーは宇宙を巡る
    • 2.1 エネルギーとは
    • 2.2 宇宙の構成
    • 2.3 エネルギーの循環
  • 第3章 形を変えるエネルギー
    • 3.1 エネルギーと仕事
    • 3.2 いろいろなエネルギー
    • 3.3 エネルギーの変換
  • 第4章 使えるエネルギーと使えないエネルギー
    • 4.1 エントロピーとは
    • 4.2 エントロピーの増大則
    • 4.3 エネルギーの利用とエントロピー
    • 4.4 生命とエントロピー
  • 第5章 量子と光エネルギー−発光ダイオードはなぜ省エネルギー効果が高いのか−
    • 5.1 光ダイオードと原子
    • 5.2 原子から分子・固体へ
    • 5.3 発光ダイオードのしくみ:n型とp型をくっつける
  • 第6章 ビッグバン宇宙
    • 6.1 アインシュタイン革命−相対論的宇宙論の誕生−
    • 6.2 ハッブル革命−宇宙膨張の発見−
    • 6.3 インフレーション宇宙モデル
  • 第7章 太陽系と惑星の運命
    • 7.1 星とガス
    • 7.2 星と惑星の誕生
    • 7.3 惑星の動きと万有引力の法則
    • 7.4 太陽系と惑星の運命
    • 7.5 太陽系外の惑星
  • 第8章 銀河と暗黒物質
    • 8.1 銀河
    • 8.2 ブラックホールの原理と種類
    • 8.3 巨大質量ブラックホールを探す
  • 第9章 固体地球の物質循環とプレートテクトニクス
    • 9.1 プレートテクトニクス誕生までの過程
    • 9.2 火山島の配列と移動
    • 9.3 プレートテクトニクスで説明できる現象
  • 第10章 地層と古生物−生物の大量絶滅−
    • 10.1 生命の誕生とその進化
    • 10.2 生物の大量絶滅
  • 第11章 気候変動と地球温暖化問題
    • 11.1 地球大気の大循環
    • 11.2 地球環境問題
    • 11.3 オゾンホールの問題
    • 11.4 モントリオール議定書
    • 11.5 地球温暖化問題
    • 11.6 京都議定書
    • 11.7 21世紀の地球環境問題
  • 第12章 オゾンの化学とオゾンホール
    • 12.1 酸素の同素体−オゾン
    • 12.2 生物を紫外線から守るオゾン層
    • 12.3 オゾン生成と消滅のチャップマン・サイクル
  • 第13章 大気の化学と地球温暖化
    • 13.1 空気の組成と不純物
    • 13.2 空気を汚染する化学反応
    • 13.3 大気と温度
    • 13.4 地球温暖化に影響を与える分子構造
    • 13.5 分子の振動と温室効果
    • 13.6 地球環境とカーボンサイクル
  • 第14章 水の惑星「地球」の水循環と水収支
    • 14.1 水循環
    • 14.2 水収支
    • 14.3 水収支と水循環をどのように明らかにするのか
    • 14.4 水循環と地球システム
  • 第15章 水の分子論
    • 15.1 水の構造と極性
    • 15.2 分子極性と液体の沸点
    • 15.3 氷の構造
  • 第16章 化学エネルギーと持続可能な社会
    • 16.1 反応熱と結合エネルギー
    • 16.2 エネルギー源としての石油
    • 16.3 水素燃料電池
    • 16.4 反応のエントロピーと自由エネルギー
    • 16.5 それでも宇宙のエントロピーは増大する
  • 第17章 生物の基本単位−細胞のつくりとはたらき−
    • 17.1 生命とはなんだろう?
    • 17.2 いのちをつなぐ装置「細胞」
    • 17.3 3種類の細胞
    • 17.4 地球史と細胞の進化
    • 17.5 宇宙人は存在するか?
    • 17.6 細胞小器官(オルガネラ)
    • 17.7 注目をあつめている細胞科学
  • 第18章 生命活動とエネルギー
    • 18.1 物質代謝とエネルギー代謝
    • 18.2 光合成
    • 18.3 化学エネルギーを利用して有機物を生産する
  • 第19章 生物におけるつくりとはたらきの維持
    • 19.1 さまざまな器官系
    • 19.2 内部環境の恒常性(ホメオスタシス)
    • 19.3 器官系の進化と体制
  • 第20章 細胞・個体・集団のレベルで見た生物の遺伝
    • 20.1 血液型とは?
    • 20.2 血液型の遺伝
    • 20.3 遺伝子の解明
    • 20.4 個体の遺伝と集団の遺伝
  • 第21章 遺伝を担う分子
    • 21.1 遺伝の主役DNAとはどんな物質か
    • 21.2 DNAがコピーをつくる仕組み
    • 21.3 遺伝子が個体の性質を決める仕組み
    • 21.4 遺伝子からゲノムへ
    • 21.5 ゲノムを知る
    • 21.6 ゲノム解析と社会
  • 第22章 進化とは?−そのいくつかの側面−
    • 22.1 「できること」と「できないこと」:血筋の制約のなかで
    • 22.2 「進化途上」での条件
    • 22.3 人類は「万物の霊長」か?
    • 22.4 「生物の多様性を生み出す原理」:「進化」とは
  • 第23章 生物と地球環境の変化
    • 23.1 大気の二酸化炭素濃度と生物活動
    • 23.2 海洋の生物と物質循環
    • 23.3 海洋における有機物の鉛直的輸送と炭素の隔離
    • 23.4 もう一つの二酸化炭素問題−海洋酸性化
  • あとがき−大学のカリキュラムに統合科学を−

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る