サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • はじめに
  • 第一章 琉球大学前史
    • 一 陸軍による軍政研究と軍政要員の育成
    • 二 海軍による沖縄研究と軍政要員の育成
    • 三 『民事ハンドブック』の沖縄人観
    • 四 「沖縄人は日本人ではない」という認識枠組み
    • 五 欧州の沖縄研究が米国に与えた影響
    • 六 民主化の旗手としてのマードック
    • 七 マードックの「知」の系譜
    • 八 自己確認の方法としての文化人類学
    • 九 オリエンタリズム的記述
    • 一〇 冷戦初期における米国の文化戦略
    • 一一 一九四五年から一九四七年までの対沖縄文化戦略
    • 一二 一九四八年から一九五一年までの対沖縄文化戦略
  • 第二章 琉球大学の設立
    • 一 琉球大学創設に関する三つのイニシャティブ
    • 二 琉球大学創設の政策的意図
    • 三 琉球大学の開学
    • 四 根拠法からの米軍政の政策意図分析
    • 五 ミシガン・ミッションの概略
    • 六 ミシガン州立大学の沖縄米軍政への危惧
    • 七 「軍学提携」の中身
    • 八 ミシガン州立大学を台頭させた学長の戦略
    • 九 冷戦を利用した大学
  • 第三章 反米闘争の拠点としての琉球大学
    • 一 「英語帝国主義」
    • 二 沖縄側の日本語「国語」論
    • 三 優遇される英語教育
    • 四 軍学協力による英語教育
    • 五 英語教育の成否
    • 六 反米「島ぐるみ闘争」と本土復帰運動の高まり
    • 七 「国文学科」不許可
    • 八 米国文化戦略への反発
    • 九 「第一次琉大事件」「第二次琉大事件」
    • 一〇 『守礼の光』『今日の琉球』ボイコット運動
    • 一一 ミシガン・ミッションが見た学生運動
    • 一二 琉大出身の戦後世代知識人による「反復帰論」
  • 第四章 「日米新時代」の琉球大学
    • 一 ケネディーの登場
    • 二 対沖縄政策の変化
    • 三 大学基盤の強化
    • 四 琉球大学・ミシガン州立大学の新協定
    • 五 国益を担う民間財団
    • 六 ミシガン・ミッションのうち切り
  • 第五章 復帰後の国立琉球大学
    • 一 「植民地大学」からの脱皮
    • 二 琉球大学の国立大学移管
    • 三 「大学設置基準体制」下の琉球大学
    • 四 キャンパス移転と首里城復元
  • おわりに

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る