サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

国際的マネーフローの研究 世界金融危機をもたらした構造的課題

国際的マネーフローの研究 世界金融危機をもたらした構造的課題

  • 貝塚 啓明(編著)/ 財務省財務総合政策研究所(編著)
  • 第1章 過剰なマネーと国際金融危機
    • 1.はじめに
    • 2.国際的なマネーフローの変化:マネーの国際間移動の飛躍的拡大
    • 3.国際的なマネーフローに関する分析:2000年代の米国とアジアにおけるマネーフロー
    • 4.国際的な資金フローに関する今後の政策のあり方
    • 5.結びにかえて
  • 第1部 国際的なマネーフローの現状:過剰なマネーの動きとその変化
  • 第2章 過剰流動性とリスクマネー
    • 1.本報告が取り上げる論点
    • 2.「リスク・オフ」が国際金融市場を覆った2011年後半
    • 3.浮き彫りとなった米国一極集中の経済構造
    • 4.政治的混迷下にあった2011年後半の米国経済
    • 5.機能しない金融緩和
    • 6.ブーム・アンド・バーストと大統領選挙サイクル
    • 7.長期的投資家が生み出す高いボラティリティ
    • 8.バブルのテーマとしての「資源」
    • 9.潜在的リスクとしての中国
    • 10.日本がデフレから抜けられない理由
    • 11.おわりに
  • 第3章 国際的なマネーフローの構造変化
    • 1.過去20年間の国際的な資金フロー
    • 2.1990年以降の世界各国における対外資産・負債の動向
    • 3.資金運用主体の投資行動
    • 4.G20主要国における不均衡の分析
    • 5.主要地域における国際的な資金フローの状況
    • 6.おわりに
  • 第2部 国際的なマネーフローに関する分析:過剰なマネーの動きの背景
  • 第4章 対外不均衡と国際的なマネーフロー:グローバル・インバランス論を超えて
    • 1.はじめに
    • 2.世界の対外不均衡の変化
    • 3.グローバル・インバランスの理論的枠組み
    • 4.グローバル・インバランスの発生
    • 5.国際資金フローのダイナミズム
    • 6.おわりに
  • 第5章 対外インバランスと富の移転:日米における評価効果の非対称性
    • 1.はじめに
    • 2.国際投資ポジションと評価効果に関する日米比較
    • 3.対外収益率に関する考察
    • 4.日米における評価効果の非対称性
    • 5.おわりに
  • 第6章 アジアにおけるマネーフローと通貨選択
    • 1.はじめに
    • 2.アジア域内の資本フローの特徴
    • 3.日本企業の貿易建値通貨(インボイス通貨)選択
    • 4.円の産業別実効為替相場の動向
    • 5.おわりに
  • 第3部 国際的なマネーフローに関する政策のあり方
  • 第7章 世界金融危機後の金融規制:マクロ・プルーデンス政策の展望
    • 1.世界金融・経済危機とマクロ・プルーデンス政策
    • 2.マクロ・プルーデンスとは何か?
    • 3.マクロ・プルーデンス政策としての金融政策
    • 4.金融政策以外のマクロ・プルーデンス政策・規制
    • 5.マクロ・プルーデンス政策・規制にともなう政治経済学的困難
    • 6.まとめ
  • 第8章 「ユーロ」がもたらしたもの:資金のミスアロケーション促進
    • 1.はじめに
    • 2.金融危機後の国際的な資金フローの動向・見通しに関する考察
    • 3.金融セクターと金融市場の質の向上についての考察
    • 4.マクロ・プルーデンス規制と財政規律に関する考察
    • 5.国際通貨システムに関する考察
  • 第9章 通貨制の選択と経済安定
    • 1.はじめに
    • 2.単一通貨と欧州経済の安定
    • 3.欧州における合理化・構造改革促進の試み
    • 4.ユーロエリア内の非対称性
    • 5.通貨統合と経常収支
    • 6.硬直性と成長率,財政収支
    • 7.なぜガバナンス改革が必要なのか
    • 8.日本及びアジアに対する示唆