サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

基礎化学工学

基礎化学工学

  • 須藤 雅夫(編著/ほか著)
  • 第1章 序論
    • 1.1 エンジニアとエンジニアリング
    • 1.2 化学工学の学問体系
    • 第1章演習問題
  • 第2章 数値計算法の基礎
    • 2.1 方程式の解1−はさみうち法−
    • 2.2 方程式の解2−ニュートン法−
    • 2.3 線形多元連立方程式の解1−ガウス・ジョルダンの消去法−
    • 2.4 線形多元連立方程式の解2−ガウス・ザイデル法−
    • 2.5 近似曲線
    • 2.6 誤差
    • 第2章演習問題
  • 第3章 数値計算法の応用
    • 3.1 数値積分1−中点公式−
    • 3.2 数値積分2−台形公式−
    • 3.3 数値積分3−シンプソン法−
    • 3.4 常微分方程式の解1−微分方程式と解−
    • 3.5 常微分方程式の解2−オイラー法−
    • 3.6 常微分方程式の解3−ルンゲ・クッタ法−
    • 第3章演習問題
  • 第4章 単位と次元
    • 4.1 SI単位系
    • 4.2 単位表示のきまり
    • 4.3 単位換算
    • 4.4 式の単位換算
    • 4.5 次元解析
    • 第4章演習問題
  • 第5章 プロセス変数
    • 5.1 質量,体積と密度
    • 5.2 流量と流速
    • 5.3 化学組成
    • 5.4 圧力
    • 5.5 圧力の測定
    • 5.6 温度
    • 第5章演習問題
  • 第6章 気体の状態方程式
    • 6.1 理想気体と実在気体
    • 6.2 相図と臨界点
    • 6.3 ファンデルワールスの状態方程式
    • 6.4 ビリアルの状態方程式
    • 6.5 RK,SRKの状態方程式
    • 6.6 圧縮係数を用いた状態方程式
    • 第6章演習問題
  • 第7章 物質収支の基礎
    • 7.1 物質収支の一般式
    • 7.2 単一装置に対する物質収支
    • 7.3 複数の装置に対する物質収支
    • 7.4 バッチプロセスに対する物質収支
    • 7.5 リサイクルのあるプロセスに対する物質収支
    • 7.6 バイパスのあるプロセスに対する物質収支
    • 第7章演習問題
  • 第8章 複雑なプロセスに対する物質収支
    • 8.1 化学反応における限定物質
    • 8.2 成分収支
    • 8.3 元素収支
    • 8.4 燃焼反応の物質収支
    • 8.5 合成反応の物質収支
    • 8.6 非定常プロセスに対する物質収支
    • 第8章演習問題
  • 第9章 エネルギーの基礎
    • 9.1 エネルギーの定義
    • 9.2 エネルギーの種類
    • 9.3 エネルギーの単位
    • 9.4 熱力学第一法則
    • 9.5 運動エネルギーと位置エネルギー
    • 9.6 エネルギーと動力
    • 第9章演習問題
  • 第10章 エネルギー収支
    • 10.1 閉鎖系のエネルギー収支
    • 10.2 開放系の定常状態におけるエネルギー収支
    • 10.3 熱力学データ
    • 10.4 エネルギー収支
    • 10.5 機械的エネルギー収支
    • 10.6 非定常状態のエネルギー収支
    • 第10章演習問題
  • 第11章 反応を伴わないエネルギー収支
    • 11.1 エネルギー収支計算の手順
    • 11.2 定温条件下における圧力変化
    • 11.3 熱容量
    • 11.4 相変化
    • 11.5 溶解,混合
    • 11.6 熱交換器
    • 第11章演習問題
  • 第12章 反応系のエネルギー収支
    • 12.1 反応熱(ΔHr)
    • 12.2 化学量論による反応熱のとらえ方
    • 12.3 反応プロセスのエネルギー収支
    • 第12章演習問題
  • 第13章 化学プロセスの基礎
    • 13.1 化学プロセスの特徴
    • 13.2 化学プロセスを表現するためのフロー図
    • 13.3 ブロックフロー図
    • 13.4 プロセスフロー図
    • 13.5 配管計装図
    • 13.6 熱交換による省エネルギー
    • 13.7 熱交換量最大化
    • 第13章演習問題
  • 第14章 化学プロセスの計算
    • 14.1 自由度
    • 14.2 リサイクルがない場合の解法
    • 14.3 リサイクルがない場合の物質収支
    • 14.4 リサイクルがない場合の物質収支とエネルギー収支の連立
    • 14.5 リサイクルがある場合の解法
    • 14.6 リサイクルがある場合の物質収支
    • 14.7 リサイクルがある場合の物質収支とエネルギー収支の連立
    • 14.8 リサイクルにおけるパージ
    • 第14章演習問題
  • 付録
    • 表A.1−A.7 単位換算表
    • 表B.1 化合物の熱物性
    • 表B.2 化合物の定圧熱容量式
    • 表B.3 水の飽和蒸気圧
    • 表B.4 飽和蒸気の熱物性(温度表)
    • 表B.5 飽和蒸気の熱物性(圧力表)
    • 表B.6 加熱蒸気の熱物性