サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

現代質量分析学 基礎原理から応用研究まで

現代質量分析学 基礎原理から応用研究まで (DOJIN ACADEMIC SERIES)

  • 高山 光男(編)/ 早川 滋雄(編)/ 瀧浪 欣彦(編)/ 和田 芳直(編)
  • 〈第Ⅰ部 基礎編〉
  • 第1章 マススペクトロメトリーとは何か
    • 1.1 マススペクトロメトリーとは何か
    • 1.2 分析科学におけるMS
    • 1.3 MSの特徴
    • 1.4 MSの登場によって科学,生命科学はどう変貌したか
    • 1.5 新しいMS関連技術と質量分析学
  • 第2章 質量分析学の発展史
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 J.J.トムソン:MS学の祖
    • 2.3 真空放電
    • 2.4 陰極線の発見:MS学と現代物理学の起源
    • 2.5 陽極線の発見:MSへの方向付け
    • 2.6 MS学発展の原動力:化学分野からの要求と発見・発明の取り込み
    • 2.7 MS学の課題:イオン化の原理構築
  • 第3章 イオン化法1:質量分析の基礎となるイオン化法
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 電子イオン化法
    • 3.3 化学イオン化
    • 3.4 脱離イオン化
    • 3.5 高速原子衝撃法と二次イオン質量分析
  • 第4章 イオン化法2:ソフトイオン化法
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 高速原子衝撃法
    • 4.3 マトリックス支援レーザー脱離イオン化法
    • 4.4 エレクトロスプレーイオン化法
    • 4.5 表面支援レーザー脱離イオン化法
  • 第5章 イオン化法3:アンビエントイオン化法
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 試料のイオン化過程:“気化”と“イオン化反応”の組合せ
  • 第6章 質量分離装置
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 磁場型質量分析装置
    • 6.3 四重極質量分析計
    • 6.4 イオントラップ質量分析計
    • 6.5 飛行時間型質量分析計
    • 6.6 フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析計
    • 6.7 オービトラップ
    • 6.8 その他の質量分離法
  • 第7章 質量分析用検出器
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 写真乾板検出器
    • 7.3 電荷を測定する検出器
    • 7.4 二次電子増倍型検出器
    • 7.5 二次電子増倍型検出器のバリエーション
    • 7.6 イメージング検出器
    • 7.7 超伝導検出器(極低温検出器)
    • 7.8 おわりに
  • 第8章 同位体の科学
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 原子核と同位体
    • 8.3 同位体比変動の要因
    • 8.4 おわりに
  • 第9章 フラグメンテーション
    • 9.1 フラグメンテーションとは何か
    • 9.2 フラグメンテーションの基礎
    • 9.3 フラグメンテーションの化学
  • 第10章 ソフトイオン化とラジカル誘起フラグメンテーション
    • 10.1 はじめに
    • 10.2 ESIと結合した電子捕獲解離(ECD)と電子移動解離(ETD)
    • 10.3 MALDIと結合したインソース分解(ISD)
  • 第11章 イオンの計算化学
    • 11.1 はじめに
    • 11.2 イオン構造の安定性を評価する分子軌道法
    • 11.3 フラグメンテーション反応経路のポテンシャルエネルギー超曲面の計算:フラグメンテーション経路における安定イオンと遷移状態イオン
    • 11.4 統計理論によるフラグメンテーション反応の速度定数の計算:RRKM−QETの考え方
    • 11.5 計算プログラム
    • 11.6 その他のマススペクトルの理論計算
  • 第12章 イオン反応論
    • 12.1 イオン反応の熱力学
    • 12.2 衝突反応
  • 第13章 クロマトグラフィーとの結合
    • 13.1 ガスクロマトグラフィーと質量分析計の結合(GC/MS)
    • 13.2 GC/MSによる定性分析
    • 13.3 MS分析のためのGC分析条件の設定
    • 13.4 GC/MSによる定量分析
    • 13.5 よりよいデータを得るためのメンテナンス
    • 13.6 LC/MS
  • 第14章 イオンモビリティと質量分析法との結合
    • 14.1 イオンモビリティ測定とは
    • 14.2 運動方程式
    • 14.3 質量分析との結合
    • 14.4 応用例
    • 14.5 まとめ
  • 〈第Ⅱ部 データ解析と試料調製編〉
  • 第15章 スペクトルデータを得る方法
    • 15.1 試料の準備と前処理および装置の選択
    • 15.2 装置の準備,調整
    • 15.3 測定
    • 15.4 データ処理
  • 第16章 スペクトルデータの読み方
    • 16.1 マススペクトルとは
    • 16.2 質量と同位体について
    • 16.3 マススペクトルの横軸と縦軸の読み方
    • 16.4 イオン化法とマススペクトルの特徴
    • 16.5 EIマススペクトルの解析の実例
    • 16.6 MS/MSスペクトル
  • 第17章 クロマトグラフィー/質量分析のための試料調製法
    • 17.1 GC/MS分析のための前処理法
    • 17.2 気体試料の試料調製
    • 17.3 液体試料の試料調製
    • 17.4 固体試料の試料調製
    • 17.5 GC/MS分析のための誘導体化
    • 17.6 LC/MS
  • 〈第Ⅲ部 応用編〉
  • 第18章 オミクス計測科学
    • 18.1 オミクスとは
    • 18.2 プロテオミクス
    • 18.3 メタボロミクス
    • 18.4 そのほかのオーム,オミクス
  • 第19章 プロテオミクス
    • 19.1 プロテオーム研究の目標
    • 19.2 プロテオーム解析に用いる質量分析装置
    • 19.3 タンパク質の同定
    • 19.4 定量的デファレンシャルディスプレイ分析
    • 19.5 ターゲットプロテオミクス
    • 19.6 イメージング質量分析
    • 19.7 ソフトウェアとデータベース
    • 19.8 プロテオーム解析における質量分析の将来
  • 第20章 メタボロミクス
    • 20.1 はじめに
    • 20.2 メタボロミクスの測定手法
    • 20.3 CE−MSによるメタボローム測定法
    • 20.4 生命科学への応用
    • 20.5 おわりに
  • 第21章 リピドミクス
    • 21.1 はじめに
    • 21.2 ソフトイオン化質量分析法の適用により脂質研究がどのように変わったか
    • 21.3 脂質のイオン化とフラグメントの特徴
    • 21.4 リピドミクスにおいて用いられている各種の分析法
    • 21.5 メタボローム解析のためのデータベースと解析ツールの重要性
    • 21.6 リピドミクスの適用例
    • 21.7 リピドミクスにおける今後期待される新しい技術
    • 21.8 メタボローム研究における今後の課題
  • 第22章 グライコミクス
    • 22.1 はじめに
    • 22.2 グライコミクスとMS
    • 22.3 遊離糖鎖
    • 22.4 糖ペプチド
    • 22.5 糖タンパク質
    • 22.6 その他の糖:グリコサミノグリカンとO−GlcNAc
  • 第23章 イメージング
    • 23.1 はじめに
    • 23.2 試料の作製
    • 23.3 マトリックスの選択
    • 23.4 マトリックス塗布
    • 23.5 データ取得と解析
    • 23.6 測定の実測
    • 23.7 おわりに
  • 第24章 先天代謝異常症
    • 24.1 はじめに
    • 24.2 代謝過程と異常症の同定
    • 24.3 有機酸代謝異常症
    • 24.4 脂肪酸酸化異常症
    • 24.5 タンデムマス・スクリーニング
    • 24.6 糖代謝異常症での課題
    • 24.7 内科的治療の対象となった胆汁酸代謝異常症
  • 第25章 微生物
    • 25.1 はじめに
    • 25.2 微生物分析全般
    • 25.3 脂質
    • 25.4 タンパク質(リボソームタンパク質)
    • 25.5 DNA,RNA,PCR(Polymerase Chain Reaction)産物の分析
    • 25.6 展望
  • 第26章 生体超分子
    • 26.1 はじめに
    • 26.2 生体超分子の質量測定の意義
    • 26.3 生体超分子の観測の手法
    • 26.4 生体超分子の相対的な安定性の解析
    • 26.5 生体超分子のコンホメーション解析
    • 26.6 おわりに
  • 第27章 有機金属錯体系超分子
    • 27.1 はじめに
    • 27.2 装置・測定・解析
    • 27.3 自己組織化超分子
    • 27.4 超分子ポリマー
  • 第28章 薬物動態
    • 28.1 はじめに
    • 28.2 LC/MS/MSを用いた代謝物などの構造解析
    • 28.3 LC/MS/MSを用いた薬物および代謝物の微量定量解析
    • 28.4 おわりに
  • 第29章 工業材料
    • 29.1 工業材料の質量分析
    • 29.2 MALDI−MSによる工業材料の解析
  • 第30章 表面分析
    • 30.1 二次イオン質量分析法の原理
    • 30.2 一次イオン源
    • 30.3 ダイナミックSIMS
    • 30.4 スタティックSIMS
    • 30.5 SIMSデータ解析法
  • 第31章 宇宙地球科学における同位体
    • 31.1 はじめに
    • 31.2 プレソーラー粒子のもつ同位体異常
    • 31.3 酸素同位体温度計と隕石の酸素同位体比
    • 31.4 年代測定と同位体の定量
    • 31.5 地球の進化史
    • 31.6 地球内部の同位体的不均質
    • 31.7 宇宙線生成核種を用いた年代測定
  • 第32章 データベースMassBank
    • 32.1 はじめに
    • 32.2 MassBankを必要とする背景:生物科学における質量分析の普及
    • 32.3 マススペクトルのデータベースMassBank
    • 32.4 持続可能なMSDBに向けて
    • 32.5 日本質量分析学会とMassBank
    • 32.6 おわりに