サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

東京裁判−捕虜関係資料 影印 第2巻

東京裁判−捕虜関係資料 影印 第2巻

  • 内海 愛子(編集・解説)/ 宇田川 幸大(編集・解説)/ カプリオ マーク(編集・解説)
  • 一 捕虜政策に関する資料
    • 資料1 武藤章中将ノ訊問調書(武藤章尋問書俘虜取扱について)
    • 資料2 書類二七八二(鈴木九万(外務省在敵国居留民関係事務室長)宣誓供述書米国政府の抗議の取扱について)
    • 資料3 條三普通第二二号(文書(17−1−29)東郷外相→瑞西公使Geneva俘虜取扱に関する条約(昭和4年)遵守)
    • 資料4 條三普通第四六号(文書(17−2−13)東郷外相→瑞西公使一般抑留者の取扱について)
    • 資料5 〈無題〉(文書(17−2−20)瑞西公使→東郷俘虜取扱に関する米国の問合、食料、衣類について)
    • 資料6 條三普通第七一号(文書(17−3−2)東郷→瑞西公使俘虜取扱に関する米国の問合、食料、衣類について回答)
    • 資料7 〈無題〉(文書(17−1−3)Argentine公使→東郷俘虜取扱条約遵守に関する英国の問合)
    • 資料8 〈無題〉(文書(17−1−5)Argentine公使→東郷俘虜取扱に関する問合、食料、衣類に関して)
    • 資料9 〈無題〉(文書(17−1−29)東郷→Argentine公使前二項に対する回答)
    • 資料10 東部地区内ニ於ケル連合軍飛行機搭乗員ノ取扱ニ関スル調書 其ノ一(日本中央諮問委員会報告書東部軍による連合軍飛行機搭乗員に対する虐待致死)
    • 資料11 中部地区ニ於ケル連合軍飛行機搭乗員取扱ニ関スル調書其ノ一(俘虜に関する日本人調査委員会記録中部軍による連合軍飛行機搭乗員に対する処刑)
    • 資料12 中部地区ニ於ケル連合軍飛行機搭乗員取扱ニ関スル調書其ノ二(俘虜に関する日本人調査委員会記録捕虜飛行機搭乗員の処刑(憲兵司令官による布告))
    • 資料13 西部地区ニ於ケル連合軍飛行機搭乗員取扱ニ関スル調書其ノ一(俘虜に関する日本人調査委員会記録西部軍による連合軍空軍職員の処刑)
    • 資料14 昭和十七年一月二十九日付 東郷外務大臣発在京亜爾然丁国代理大使宛書翰(文書(17−1−29)東郷→Argentine代理大使)
    • 資料15 〈無題〉(政府声明(17−1−29)捕虜取扱)
    • 資料16 ジュネーブ条約ヲ適用セズトノ一九四二年五月六日ノ陸軍省議記録提出ノ件(陸軍省議事録、捕虜取扱に関して)
    • 資料17 第一五四七 A号(東条陸相訓示(17−5−30、於善通寺師団)捕虜取扱)
    • 資料18 俘虜タル将校及準士官ノ労務ニ関スル件(俘虜管理部長通牒(17−6−3)俘虜たる将校および准士官の労務)
    • 資料19 新任俘虜収容所長ニ與フ陸軍大臣訓示(陸相訓示(17−6−25、新任俘虜収容所長に対する)俘虜就労)
    • 資料20 新任俘虜収容所長ニ與フル陸軍大臣訓示(陸相訓示(17−7−7、新任俘虜収容所長に対する)俘虜就労)
    • 資料21 俘虜情報局第五号俘虜月報抜萃、俘虜情報局七月号俘虜月報抜萃(俘虜情報局第五号俘虜月報、抜萃)
    • 資料22 議事綜覧 第八十一編第八巻(木村陸軍次官議会演説(18−2−17)俘虜処罰法改正)
    • 資料23 東軍職第四一号 俘虜就労ニ関スル件(文書(17−10−2)辰巳東部軍参謀長→東条陸相俘虜就労)
    • 資料24 秘電報訳(電(17−9−1)台湾軍司令官→陸相俘虜の移動)
    • 資料25 東軍職第四七号 俘虜就労状況ニ関スル件報告(文書(17−10−21)東部軍司令官→陸軍省俘虜就労状況)
    • 資料26 満洲工作機械株式会社ヲ航空緊急整備ノタメ利用致度件照会(文書(17−8−22)次官→関東軍参謀長電(17−9−9)関東軍参謀長→次官俘虜就労)
    • 資料27 外事月報 昭和十七年九月分(外事月報(内務省警保局外事課)17−9月分俘虜使役の状況)
    • 資料28 労力不足の対策として俘虜を使用せんとする計画(特高月報(17−8)労力不足の対策として俘虜を使用せんとする計画)
    • 資料29 朝鮮ニ俘虜収容ノ件(電(18−3−4)朝鮮軍参謀長→陸相俘虜就労)
    • 資料30 台湾軍及朝鮮軍ニ俘虜引渡ノ件(電(17−5−16)陸軍省→南方軍総司令官俘虜就労のための移動)
    • 資料31 朝参密第二〇二九号 「英人俘虜収容ニ伴フ一般民衆ノ反響」提出ノ件(文書(17−10−13)朝鮮軍参謀長→次官英人俘虜収容の反響)
    • 資料32 朝参密第一七八七号 朝鮮俘虜収容所ニ関スル諸規定ノ件報告(文書(17−9−1)朝鮮軍司令宮→本省朝鮮俘虜収容所諸規定)
    • 資科33 陸報第一三七四号 検閲注意事項整理改訂ノ件(陸軍省報道部長(18−12−20)俘虜の報道に関する検閲注意事項)
    • 資料34 情勢ノ推移ニ応スル俘虜処理要領(陸軍次官通牒(20−3−17)情勢の推移に応ずる俘虜処理要領)
    • 資料35 東條英機ノ訊問抜萃(東条尋問書(21−3−25)捕虜取扱、特にBataan死の行進及び泰緬鉄道)
    • 資料36 一九四六年三月二十六日 東條英機ノ訊問抜萃(東条尋問書(21−3−26)捕虜取扱に関する抗議に対する処置)
    • 資料37 東條英機訊問抜萃(東条訊問書(21−3−27)捕虜の取扱、特にBataan死の行進、戦陣訓)
    • 資料38 一九四六年三月二十八日東條英機訊問抜萃(東条尋問書(21−3−28)捕虜の取扱、俘虜情報局、強制労働)
    • 資料39 一九四六年三月二十九日東條英機訊問抜萃(東条尋問書(21−3−29)捕虜の取扱、特にDoolittle飛行士処刑)
    • 資料40 軍事秘密電報訳(電(18−9−3)泰俘虜収容所→俘虜情報局長官八月捕虜状況)
    • 資料41 供述書(石田栄熊(陸軍少将、泰緬鉄道建設隊指揮官)宣誓供述書泰緬鉄道建設と捕虜使用)
    • 資料42 支那派遣軍軍令第四号(支那派遣軍々令(17−8−13)敵航空機搭乗員処罰に関する軍律)
    • 資料43 陸密第二一九〇号 空襲ノ敵航空機搭乗員取扱ニ関スル件通牒(通牒(17−2−28)陸軍次官→内外地各軍参謀長空襲の敵航空機搭楽員取扱)
    • 資料44 大本営陸軍部参密第三八三号第一 空襲ノ敵航空機搭乗員取扱ニ関スル件通牒(通牒(17−7−28)田辺参謀次長→後宮支那派遣軍総参謀長空襲の敵航空機搭乗員取扱)
    • 資料45 東海軍管区内に於ける連合軍捕獲飛行機搭乗員に対する軍律会識に関する調書(東海軍管区における連合国捕獲飛行機搭乗員に対する軍律会議調書(20−7−11))
    • 資料46 中部軍管区内に於ける連合軍捕獲飛行機搭乗員に対する軍律会議に関する調書(中部軍管区における連合国捕獲飛行機搭乗員に対する軍律会議調書(20−7−18))
    • 資料47 陸密第一四三七号(陸密電第五七一五号)軍律被告事件ニ関スル件(通牒(20−8−15)陸軍次官→各軍参謀長軍律違反被告事件処断見合せ)
    • 資料48 認識第五七七六号 陸密電信一四八四号 俘虜ノ釈放ニ関スル件(通牒(20−8−23)陸軍次官→各軍管区参謀長捕虜釈放)
    • 資料49 自昭和一六、一二、八 至昭和二〇、八、一五間陸軍軍法会議処刑俘虜一覧表(陸軍々法会議処刑俘虜一覧表)
    • 資料50 〈無題〉(資料証明(法廷証拠2003〜2015))
    • 資料51 暗号電報翻訳文(文書(17−6−5)俘虜管理局長→台湾軍参謀長俘虜就労)
    • 資料52 俘情発電第一六五号(文書(17−4−2)俘虜情報局長→台湾軍参謀長俘虜就労)
    • 資料53 台電第八五四号(電(17−4−2)台湾軍参諜長→俘虜情報局長俘虜就労)
    • 資料54 台電第八五二号(電(17−4−2)台湾軍参謀長→香港総督部参謀長俘虜就労)
    • 資料55 香督参電第一四六号(電(17−4−4)香港総督部参謀長→台湾軍参謀長俘虜就労)
    • 資料56 〈無題、件名は「暗電」〉(電(17−4−7)台湾軍参謀長→俘虜情報局長官俘虜就労)
    • 資料57 暗号電報翻訳文(電(17−4−30)俘虜管理部長→台湾軍参謀長俘虜就労)
    • 資料58 陸亜密第一四五六号 俘虜処理ニ関スル件通牒(電(17−5−11)陸軍省副官→台湾軍参謀長俘虜処理要領)
    • 資料59 俘虜収容所電第九号(電(20−8−20)東京俘虜収容所長→台湾軍参謀長俘虜虐待者の転属その他の処理)
    • 資料60 俘虜取扱ニ関スル件通牒(通牒(20−3−17)陸軍次官→台湾軍参謀長情勢の推移に応ずる俘虜処理要領)
    • 資料61 陸亜普第二八一号(通牒(20−3−16)陸軍省副官→台湾軍参謀長俘虜就労)
    • 資料62 〈無題〉(台湾俘虜収容所本部日誌(昭和19年))
    • 資料63 居普通第四五九号(文書(18−6−19)鈴木九万公使(外務省在敵国居留民関係事務室)→俘虜情報局長官俘虜取扱に関する米国政府申出)
    • 資料64 俘情第九号ノ三九(文書(18−6−23)俘虜情報局長官→鈴木九万公使俘虜取扱に関する米国政府申出拒否)
    • 資料65 書類第二四〇七号A 第四五〇一号(Bailey(米国務省俘虜課)宣誓供述書俘虜取扱に対する抗議の記録)
    • 資料66 書類番号 一五〇九−C(政府報告(20−11−27)泰緬鉄道建設における捕虜使用)
    • 資料67 主題、タイ、ビルマ鉄道建設ニ於ケル俘虜使用ノ件(文書(20−12−19)東京中央連絡事務局→連合国最高司令官司令部タイ、ビルマ鉄道建設における俘虜使用の件)