サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

酵素 科学と工学 改訂

酵素 科学と工学 改訂

  • 虎谷 哲夫(著)/ 北爪 智哉(著)/ 吉村 徹(著)/ 世良 貴史(著)/ 蒲池 利章(著)
  • 1章 序論
    • 1.1 酵素研究の歴史
    • 1.2 酵素研究の現状と夢
    • 1.3 バイオテクノロジーと酵素工学
  • 2章 酵素の構造
    • 2.1 タンパク質の構造
    • 2.2 酵素の立体構造
    • 2.3 酵素の活性部位
  • 3章 酵素の触媒機構
    • 3.1 遷移状態理論と触媒
    • 3.2 酵素触媒の原理
    • 3.3 酵素触媒の化学機構と寄せ集めの効果
    • 3.4 基質結合エネルギーの利用とkcat,Kmに関する考察
    • 3.5 同位体効果とトンネル効果に関する考察
    • 3.6 コファクターが関与しない酵素の触媒機構の例
  • 4章 コファクターと作用機構
    • 4.1 補酵素
    • 4.2 補欠分子族型の補酵素と作用機構
    • 4.3 基質型の補酵素と作用機構
    • 4.4 補酵素依存酵素の構造と機能の解析例
    • 4.5 金属イオン
    • 4.6 金属酵素の触媒機構の解析例
  • 5章 酵素の特性
    • 5.1 酵素の安定性
    • 5.2 酵素の特異性
    • 5.3 酵素活性の調節
  • 6章 酵素の反応速度論
    • 6.1 反応速度論とは
    • 6.2 酵素濃度と基質濃度
    • 6.3 Michaelis−Mentenの式
    • 6.4 酵素反応の時間経過
    • 6.5 VmaxとKmの測定方法
    • 6.6 基質による阻害と活性化
    • 6.7 2基質の酵素反応
    • 6.8 酵素反応の阻害様式
    • 6.9 阻害反応の解析
    • 6.10 反応温度
    • 6.11 反応pH
    • 6.12 酵素活性の表現方法
  • 7章 酵素の精製と分析
    • 7.1 酵素の抽出
    • 7.2 酵素の精製
    • 7.3 酵素の物理化学的分析
  • 8章 酵素の分子工学
    • 8.1 酵素の合理的再設計
    • 8.2 合理的再設計による基質および補酵素の特異性の変換
    • 8.3 合理的再設計による酵素特性の改変
    • 8.4 非天然アミノ酸の位置特異的導入
    • 8.5 進化分子工学
  • 9章 物質生産への応用
    • 9.1 機能性甘味料の生産
    • 9.2 酵素法によるアミノ酸の生産
    • 9.3 化学製品の製造
    • 9.4 生理活性物質の製造
  • 10章 酵素と医療
    • 10.1 生体防御と解毒酵素
    • 10.2 臨床と酵素
    • 10.3 酵素と医薬
  • 11章 酵素と環境
    • 11.1 難分解性物質の分解
    • 11.2 高分子物質の分解
    • 11.3 環境浄化
  • 12章 酵素以外の生体触媒
    • 12.1 リボザイム
    • 12.2 抗体触媒