サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 1.統計量と視覚化
    • 1.1 統計量を計算する目的
    • 1.2 統計量と視覚化の手順
    • 1.3 応用展開「箱ヒゲ図とヒストグラム」
    • 1.4 別の視点「トレンドを検討するための視覚化」
  • 2.X管理図
    • 2.1 解析用管理図の目的
    • 2.2 解析用管理図の作成手順
    • 2.3 応用展開「正しい管理状態」
  • 3.ヒストグラムと規格値
    • 3.1 規格値付きヒストグラムの目的
    • 3.2 規格値付きヒストグラムの作成の手順
    • 3.3 応用展開「品質特性の分析」
  • 4.工程能力指数
    • 4.1 工程能力指数Cpの改良指数Cpk導入の目的
    • 4.2 Cpkによる工程評価の手順
    • 4.3 応用展開「Cpmの導入」
  • 5.同時分布
    • 5.1 標準化の目的
    • 5.2 標準化の手順
    • 5.3 応用展開「散布図による視覚化」
  • 6.相関分析
    • 6.1 相関係数を求める目的
    • 6.2 相関係数を求める手順
    • 6.3 応用展開「散布図の活用」
  • 7.回帰分析と層別
    • 7.1 回帰分析の目的
    • 7.2 回帰分析の手順
    • 7.3 応用展開「層別因子の活用」
  • 8.回帰診断
    • 8.1 回帰診断の目的
    • 8.2 回帰診断の手順
    • 8.3 応用展開「回帰モデルの改善」
  • 9.分散分析
    • 9.1 分散分析の目的
    • 9.2 分散分析の手順
    • 9.3 応用展開「事後分析のすすめと注意」
  • 10.累積法
    • 10.1 累積法の目的
    • 10.2 累積法の手順
    • 10.3 応用展開「自由度の補正と要因効果図の活用」
  • 11.バート表と対応分析
    • 11.1 対応分析の目的
    • 11.2 対応分析の手順
    • 11.3 応用展開「独立−非独立の変化」
  • 12.層別因子の性質
    • 12.1 層別因子の目的
    • 12.2 第3の変数導入の手順
    • 12.3 応用展開「第3の変数Cの役割」
  • 13.群間変動と群内変動
    • 13.1 変動分解の目的
    • 13.2 変動分解の手順
    • 13.3 応用展開「実験誤差の適切な選び方」
  • 14.主成分分析の固有値と固有ベクトル
    • 14.1 主成分分析の目的
    • 14.2 主成分分析の手順
    • 14.3 応用展開「因子負荷量の解釈」
  • 15.マハラノビスの距離と外れ値
    • 15.1 マハラノビスの距離を求める目的
    • 15.2 マハラノビスの距離の計算手順
    • 15.3 応用展開「主成分得点と外れ値」
  • 16.原因の判別
    • 16.1 判別分析の目的
    • 16.2 判別分析の手順
    • 16.3 応用展開「変数の回転とスコア」
  • 17.二元配置実験の効果
    • 17.1 二元配置実験の目的
    • 17.2 二元配置実験の手順
    • 17.3 応用展開「要因効果図の活用」
  • 18.重回帰分析と変数選択
    • 18.1 変数選択の目的
    • 18.2 変数選択の手順
    • 18.3 応用展開「主成分回帰モデルの活用」
  • 19.直接効果と間接効果
    • 19.1 因果探索のすすめ
    • 19.2 段階的な重回帰分析の手順
    • 19.3 応用展開「GMとSEMによる構造探索」
  • 20.直交表を用いた実験計画
    • 20.1 直交表を用いる目的
    • 20.2 直交表を用いた実験計画の手順
    • 20.3 応用展開「割り付けの工夫,D−最適化計画の導入」
  • 21.静特性のSN比
    • 21.1 静特性のSN比を使う目的
    • 21.2 静特性のSN比の計算手順
    • 21.3 応用展開「グラフィカルな事前分析」
  • 22.動特性のSN比
    • 22.1 動特性のSN比を使う目的
    • 22.2 動特性のSN比の計算手順
    • 22.3 応用展開「グラフィカルな事前分析とSN比の分解」
  • 23.不良の識別モデル
    • 23.1 多変量管理図とMT法の目的
    • 23.2 多変量管理図の手順
    • 23.3 応用展開「MT法と主成分分析による不良の識別」

数学 ランキング

数学のランキングをご紹介します一覧を見る