サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

明治期露西亜文学翻訳論攷

明治期露西亜文学翻訳論攷

  • 加藤 百合(著)
  • 第一章 高須治助
    • 日本初訳のロシア文学
    • 東洋型情史への換骨奪胎
    • 撫松と漢文小説の盛行
    • 東京外国語学校露語科
    • 明治日本の英語主義
  • 第二章 二葉亭四迷
    • 二葉亭の新しさ
    • 明治二〇年代の「文章規範」
    • 句読点・文章符号の解釈
    • 「意訳」−日本の文藝としての彫琢
    • 旧訳「あひゞき」、「めぐりあひ」の文体
    • 『浮雲』第三篇の文体
    • 改訳「あひゞき」、「めぐりあひ」の文体
    • 「言文一致体」の自立性
  • 第三章 森鷗外
    • 「翻訳家」鷗外
    • 翻訳と処女作「舞姫」
    • 幻想小説の構成
    • 原典への無頓着
    • 鷗外の小説観とロシア文学翻訳
    • 『現代の英雄』部分訳「ぬけうり」
    • 立場表明としての翻訳
    • 重訳者の自負
  • 第四章 内田魯庵
    • 「重訳」宣言
    • 二葉亭との出会いと協同
    • 『罪と罰』の英訳テキスト
    • 『罪と罰』「卷之一」
    • 魯庵訳『罪と罰』の影響−北村透谷
    • 同時代批評「前卷批評」
    • 協同訳『罪と罰』「卷之二」
    • 協同訳『復活』
    • 続く重訳の時代
    • 協同訳の可能性
  • 第五章 尾崎紅葉
    • 紅葉と外国文学
    • 紅葉の文体実験
    • 夏葉と紅葉
    • 『散文詩』翻訳
    • チェーホフ翻訳紹介
    • 『アンナ カレーニナ』と『鐘樓守』
    • 紅葉没後のチェーホフ翻訳
    • 訳の競合
    • 紅葉翻訳工房
    • 資料・『十千萬堂日録』ほかの紅葉の日記から
  • 第六章 昇曙夢
    • ロシア文学「翻訳の時代」
    • ロシア文学者の登場
    • 『六人集』と『毒の園』
    • 自然主義の行方
    • 翻訳家としての功績
    • 民族史研究者としての昇曙夢
    • 『露國及露國民』
    • 明治文学と大正文学をつなぐもの
  • 第七章 誰が翻訳したか
    • アンドレーエフの流行
    • 上田敏、森鷗外の翻訳「クサカ」ほか−自然主義への反措定
    • 昇曙夢の翻訳「深淵」、「霧」ほか−世紀末文学への共鳴
    • 社会主義者達の翻訳「七刑囚」ほか−閉塞状況への抵抗文学
    • 創られる作家像
  • 終章